【LGBTの本】レズビアンがオススメする17冊【目的別】

lgbt 本

LGBTに関する本が読みたいんだけど、良い本ないかなぁ?

そんな思いで、このページを開いてくださった、あなた!

ありがとうございます。

maLuco

こんにちは、本好きのレズビアン、maLucoです。

さて、「LGBTに関する本」を読みたい、という方の中には、

・LGBTの基本を、知りたい
・日本のLGBT事情(法律やパートナーシップなど)について、詳しく知りたい
・LGBTの小説を読みたい

などなど、さまざまな目的があると思います。

ということで、このページでは、目的ごとに、オススメ本をご紹介!

【LGBTの本】LGBTの基本を学べる、オススメ2冊

百合のリアル/牧村 朝子

百合のリアル

LGBTに関して、基本的なことから知りたい、そういう人に一番オススメしたい本。

この本読めば、LGBTについて網羅的に知ることができるます。

しかも、「1人の先生と、4人の若者の対話」が、この本のメインなので、すごく読みやすい。

さらに、各章の冒頭には、漫画もあるので、本が苦手な人でも、手に取りやすい!

入門編として読める本ですが、牧村さんの言ってることって、何というか「本質」ついているので、表面だけをなぞるような感じで終わらないんですよね。。

超オススメです。

レビューページは、こちら↓
レズビアン 本 【レズビアンの本】牧村朝子さんの『百合のリアル』は読みやすいし、中身も濃い!

ボクの彼氏はどこにいる?/石川 大我

LGBT本 ボクの彼氏はどこにいる

この本を読めば、一人のゲイ(石川大我さん)のストーリーを通して、LGBTについて、知ることができます。

LGBTはどういった葛藤と闘って、どうやって乗り越えていくのか、、、深い部分が見えてきます。

自叙伝というカタチで読みやすいので、小説形式の方が好きって人は、オススメ。

レビューページは、こちら↓
ボクの彼氏はどこにいる 『ボクの彼氏はどこにいる?』は、すべてのセクシャルマイノリティに響く一冊

【LGBTの本】LGBTの「用語」を学べる、オススメ1冊

13歳から知っておきたいLGBT+/アシュリー・マーデル

ジェンダーに関する用語について、めちゃくちゃ詳しく学べます。

LGBT当事者でも、知らない用語がいっぱい出てくる。

いわゆるカテゴリーに関して学べる本。

でもそう言うと、窮屈なイメージ持つかもしれませんが、逆にいろんな用語を知ることで、「自分は何者であってもイイんだな」って風に思えてきます。

自分を解き放てる感覚、味わえます。

自分自身と、改めて向き合いたい方は、この本オススメ!

レビューページは、こちら↓
LGBT 用語 LGBTの用語を、一番わかりやすく教えてくれる本【13歳から知っておきたいLGBT+】

【LGBTの本】日本のLGBT事情(法律やパートナーシップなど)について学べる、オススメ3冊

同性婚ー私たち弁護士夫夫です/南 和行

この本読めば、日本の同性カップルが直面している問題を、詳しく知ることができます。

当事者も、当事者以外でも、勉強になるハズ。

わりと薄い本なので、意外とサラッと読めます。

レビューページは、こちら↓
同性カップル 悩み 同性カップルの悩み、法律相談が一番多いのは『相続』の問題【同性婚、私たち弁護士夫夫です】

ふたりで安心して最後まで暮らすための本/永易 至文

ふたりで安心して最後まで暮らすための本

同性カップルが直面している問題に対して、具体的にどう対処すればいいか、詳しく書かれている本。

行政書士の「永易 至文さん」が書かれています。

ライフプランニングのコツや、老後の話など、参考になります。

こういう本を、同性カップルは一冊は手元に置いておくべし。

レビューページは、こちら↓
同性カップル 将来 将来を考える同性カップルは、読んでおくべし【ふたりで安心して最後まで暮らすための本】

同性愛と異性愛/風間 孝、河口 和也

同性愛と異性愛

日本における「同性愛」の歴史を、紐解くことができます。

エイズの問題や、府中青年の家での事件など、深掘りできます。

日本にもこういう時代があったんだな…って、驚くかも。

レビューページは、こちら↓
同性愛 異性愛 【同性愛と異性愛】日本における同性愛の歴史などが、ギュッと詰まった本

【LGBTの本】LGBTの「世界史」について学べる、オススメ3冊

同性愛は「病気」なの?/牧村 朝子

同性愛は「病気」なの

こちら、1冊目でも紹介した牧村 朝子さんの本。

「百合のリアル」は入門編という感じで、こちらは応用編というイメージかな。

世界における、「同性愛」の歴史が学べます。

同性愛って言葉が誕生した背景とか、なんで病気として扱われていたかとか、同性愛者はどういった診断を受けてきたか、、などなど。

牧村さんの文章って、本当読みやすいので、この本も凄くオススメ。

レビューページは、こちら↓
同性愛 病気 同性愛は「病気」なの?と悩んでる人がいたら、手に取ってほしい本

クィア・サイエンス/サイモン・ルベイ

クィア・サイエンス

こちらは、上で紹介した「同性愛は「病気」なの?」を、さらに深掘りしたい人に、ピッタリの本。

ただ、ちょっと難しい感じなので、普段あんまり本読まない人には、オススメしません!

レズビアンの歴史/リリアン・フェダマン

レズビアンの歴史

今回紹介してる中で、一番分厚い本。
(5,000円くらいします…笑)

積ん読してる状態なので、まだ内容詳しく書けないのですが、こんなドンピシャなタイトルの本、面白いに決まってます。。

読み終わったら、またレビュー書きます。

amazon→レズビアンの歴史/リリアン・フェダマン

【LGBTの本】LGBTの「カミングアウト」について学べる、オススメ1冊

カミングアウト・レターズ/砂川 秀樹

カミングアウトレターズ

この本では、全部で、9件のカミングアウトレターを読めます。

正直、めっちゃいいです。

私は、この本に背中押されて、親へのカミングアウトができました。

これから、家族とかにカミングアウトするつもりって人は、ぜひ読んでみてください。

必ず勇気もらえます。

レビューページは、こちら↓
カミングアウト レターズ 「カミングアウト・レターズ」という本が、教えてくれる事。

【LGBTの本】同性パートナーと「子供」を育てたい人が読みたい、1冊

ふたりママの家で/パトリシア・ポラッコ

ふたりママの家で

タイトル通り、レズビアンカップルとその子供達のお話。絵本です。

いずれパートナーと子供持ちたいって人は、読んでおくとイイと思う。

あと逆に、

同性カップルが子供育てるってどうなん?

って思ってる人にも、読んで欲しい。考え方が変わる可能性ある。

レビューページは、こちら↓
ふたりママの家で 【ふたりママの家で】同性カップルの人生観を変える絵本【レビュー】

【LGBTの本】子供に、LGBTの「教育」として読ませたい、1冊

にじいろのしあわせ/マーロン・ブンド、ジル・トウィス、EGケラー

にじいろのしあわせ

この絵本は、出版された背景を知ってこそ味わい深くなる本なのですが、

単純に、子供に「あなたはあなたでいいんだよ」っていうメッセージを伝えたい、親にもオススメです。

レビューページは、こちら↓
にじいろのしあわせ 【にじいろのしあわせ】優しいイラストの裏に、秘密が隠された絵本

【LGBTの本】胸に刺さるLGBT漫画なら、この1冊

羣青/中村珍

羣青

一言で言えば、

大人のレズビアンの恋愛漫画。

んーでも、恋愛漫画って枠は超えてるかも…とにかく激しく、突き刺さってきます。

漫画は、絵のテイストで好き嫌い分かれると思いますが、、

私は、この漫画、大好き。

レビューページは、こちら↓
レズビアン 漫画 【レズビアン漫画】 胸に突き刺さるコミック「羣青」を、オススメする理由

【LGBTの本】胸に刺さるLGBT小説なら、この2冊

ナチュラル・ウーマン/松浦 理英子

ナチュラルウーマン

私は、レズビアン小説といえば、この本ってイメージなのですが、どうなんだろう?

面白いです。何か一冊、LGBT小説読みたいって人は、コレ。

ジゴロ/中山可穂

ジゴロ

レズビアンの短編小説集。

さっくり楽しめて、イイ。

Kindle→ジゴロ/中山可穂

【LGBTの本】のほほんとできる本なら、この1冊

まんがで綴る百合な日々/ネギたぬ

レズビアンカップルの恋愛や、同棲生活を、四コマ漫画で描いた本。

のほほんできます。

レビューページは、こちら↓
まんがで綴る百合な日々 レズビアン漫画 同性カップルの漫画なら、まずはこの1冊「まんがで綴る百合な日々」

【LGBTの本】新宿二丁目の歴史について、深く学べる1冊

新宿二丁目の文化人類学: ゲイ・コミュニティから都市をまなざす/砂川秀樹

「新宿二丁目というゲイタウンが、どうやって作られていったか」などなど、あんまり他の本では知ることのできな情報が詰まってます。

二丁目好きは読んでみたら、楽しめるハズ。

LGBTの本、オススメ17冊まとめ

以上、17冊、ご紹介してきましたが、目的にあった本は見つかりましたでしょうか?

ちょっとでも気になる本があったら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

また良いLGBT本と出会ったら、追加していきます!