【レズビアンの本】牧村朝子さんの『百合のリアル』は読みやすいし、中身も濃い!

レズビアン 本

「レズビアン」に関する本が、読みたい

そんなあなたに、間違いなくオススメできるのが、牧村朝子さんの「百合のリアル」という一冊。

ものスゴく読みやすくて、しかも、内容がめちゃくちゃ濃い。

レズビアン関連の本の中でも、ダントツで読む価値ある本です。

レズビアンの本「百合のリアル」は、読書が苦手な人でも読みやすい

百合のリアル 読みやすい

この本が読みやすい理由の1つは、ズバリ、設定

話の舞台は、とある恋愛セミナー。

登場人物は、まず、レズビアンの先生。

そして、生徒は、

・ノンケ男子
・ノンケ女子
・ちょっと強めキャラのレズビアン
・純粋無垢な感じのレズビアン

って感じで、バラエティに富んでます。

みんな個性的なキャラクターなのが面白くて、ついついページが進んじゃいます。

さらに、各章ごとに、ポップな漫画がある!

これも、「百合のリアル」が読みやすい理由の1つ。

読書に慣れてない人でも、かなり読みやすい本になってます。

レズビアンの本「百合のリアル」は、あなたの価値観を変えるかも

自分は、なんでレズビアンなんだろう?

もし、あなたがネガティブに自分のセクシャリティを捉えていたら、まさにこの本を読むべき。

価値観、変わるかもしれません。

百合のリアルでは、「カテゴライズ」というものに深く触れています。

そもそも、なんで人は物事をカテゴライズするんだろう?

なんで、モノに名前をつけるんだろう?

こういったことを、ゆっくり考える機会を与えてくれます。

ちょっと難しい話ですが、「アイデンティティ」というものとセットで丁寧に説明してくれるので、めちゃくちゃ分かりやすい。

牧村さん、ホント説明がうまい。

そして、当たり前だって思ってたことが、当たり前じゃないって気付くことができます。

目の前の、世界がグワって広がっていく感覚。

これを、味わえます。

レズビアンの本「百合のリアル」は、法律との向き合い方も考えさせてくれる

百合のリアル 内容

さらに、法律の話も、分かりやすく書かれています。

例えば、「同性同士で結婚出来なくて困ること」というのが、まとめてあったり。

それに対して、どう向き合って行けばいいのかとか。

・今ある法律と、上手く折り合いつけてやっていくのか。
・法律変えようって、自分も動くのか。
・もしくは、どっちも選んで生きてくのか。

改めて、自分のスタンスを考える機会にもなります。

レズビアンの本「百合のリアル」では、興味深い知識がたくさん得られる

百合のリアル 牧村朝子

さらにさらに、百合のリアルには、レズビアン(同性愛)に関する、知識がいーっぱい載ってます。

例えば、

・世界のセクシャルマイノリティの歴史

・動物界での同性愛

・性的指向の驚くべき多様性

・同性愛が少子化に影響を及ぼさない根拠

・日本で同性婚が認められないの最大の理由

・同性愛者の割合

などなど、

実はちゃんと知らなかった…ってことも、多いハズ。

もはや「百合のリアル」は、レズビアンならマストで読んでおきたい本

牧村さんは、言います。

「レズビアンうんぬんじゃないのよ!一番大事なこと、それはね、あなたがあなたらしく生きることよ!」

読んだらきっと、見える景色が変わってくる。

まだ読んだことない人は、ぜひ読んでみてくださいね!