【にじいろのしあわせ】優しくみえて、実はパンチの効いた絵本

にじいろのしあわせ

にじいろのしあわせ〜マーロン・ブンドのあるいちにち〜」という絵本、ご存知ですか?

この絵本は、2018年3月にアメリカで発売された『Marlon Bundo』を、翻訳した絵本。

アメリカでは、発売から8か月で、なんと80万部を超えているベストセラーなんです!

maLuco

そんな売れてるなんて、絶対面白いやつじゃん…!

ということで早速、Amazonでポチッと買ってみました。

絵本「にじいろのしあわせ」の内容

まず、「にじいろのしあわせ」がどんなストーリーの絵本かというと、

Amazonに掲載されている内容紹介文は、こちら↓

みんなとちがうって、いけないことなの?

アメリカ副大統領に飼われているうさぎのマーロンくんは、すてきな彼氏と結婚したいと思いました。

でも偉そうなカメムシに反対されて…。

この紹介文から分かるように、ストーリー自体は、わりとシンプル

ページ数も、34ページしかありません。

でもだからこそ、

恋愛って自由だよね
みんな違って、みんないいよね

こういったメッセージが、ダイレクトに響いてきます。

「にじいろのしあわせ」が売れた理由

にじいろのしあわせ 絵本

さて、ではなぜ、この絵本は爆発的に売れたのか?

実は、この絵本、風刺作品なんです。

元ネタになる、絵本が存在してるんです。

それが、こちら↓

にじいろのしあわせ 元ネタになった本

こちらの絵本は、アメリカ副大統領のマイク・ペンスさんが、実際に飼っているウサギ「マーロンくん」をモデルした絵本。

内容としては、ウサギの視点から、副大統領の日常を描いているものらしいんです。

マイク・ペンスさんの奥さんが、イラストを描いていて、娘さんが文章を描いています。

ご存知かもしれませんが、マイク・ペンスさんは、同性婚やLGBT施策に反対している人です。

そこで、政治風刺で有名なコメディアン、ジョン・オリバーさんが、思いつきます。

この絵本を風刺した、絵本を作ろうと!

彼が毎週出演している、人気番組「Last Week Tonight」のスタッフと、共同でプロジェクトを立ち上げたそうです。

面白いのが、元ネタの絵本の、発売日の前日に、「にじいろのしあわせ」を発売したところ。

強いですよね笑

こういった背景があるからこそ、この絵本は爆発的に売れたんでしょう。

「にじいろのしあわせ」は、間接的だからこそ、より伝わる

にじいろのしあわせ 風刺

権威に対して、ただ異議を唱えるだけでなく、絵本のパロディという形での異議の表現。

ハイセンス。パンチ効いてます。

しかも、わざわざ絵本を作るって大変だと思うんですよね、、、行動力が凄い。

ということで、そういった背景を知っていると2倍楽しめちゃう、こちらの絵本。

ぜひ一度、読んでみてくださいね!