「ふたりママの家で」という絵本が、かるく衝撃だった話

ふたりママの家で

最近話題になっている、「ふたりママの家で」という絵本を、読みました。

この絵本では、ザックリ言うと、「レズビアンカップルが、子供3人と一緒に過ごす日常」が、描かれています。

絵本?子供が読むものでしょ?

って思う方もいるかもしれませんが、この絵本は、大人が読んでも十分楽しめる内容!

特に、レズビアンの皆さん。

人生観、変わるかもしれません…。

ということで、この絵本を読んで、一人のレズビアンとして感じたことを、ご紹介します!

「ふたりママの家で」は、クラウドファンディングによって翻訳出版された絵本

レズビアンカップル 絵本

まず、絵本の説明をザックリと。

この絵本は、2009年にアメリカで発売された「In Our Mothers’ House」の、翻訳版になります。

この翻訳版、クラウドファンディングによって、出版が実現した本なんですね。

支援金額、凄いです。

クラウドファンディングのページで確認してみると、なんと、約260万円

それだけ「翻訳してほしい!」って考えた人がいるってことですよね。

でも、実際に読んでみて、納得でした。

この絵本、かるく衝撃でした。

「ふたりママの家で」で描かれていたのは、「笑顔に溢れた」家族像

Amazonの紹介文は、こんな感じ↓

『ふたりママの家で』は、ふたりの母親と子どもたちの何気ない日常を描いた絵本です。語り手は、母親たちのもとへ一番初めに養子としてやってきた、長女の「わたし」。「わたし」の視点から、同じく養子として迎えられた弟ウィル・妹ミリーとともに、愛情たっぷりに育てられる日々が描かれます。

この紹介文の通り、ママ二人の家族の何気ない日常が描かれています。

で、この「何気無い日常」ってのが、私にとっては、かるく衝撃だったんです。

どうして衝撃だったかというと、私、生まれて初めて、

maLuco

あ、レズビアンカップルでも、幸せに「子供のいる家族」を作れるかもしれないんだ…

って、心から思うことができたからです。

子育てしてるレズビアンカップルがいることは知ってるけど…

もちろん、世界を見渡せば、子供を育ているレズビアンカップルってたくさんいますよね。

そして、この日本にも、そういうカップルがいることは知ってます。

でも、私には、あんまり「リアル」に感じられてなかった。

だって結婚すら、まだできないんですよ?

子育てなんて、遠すぎて、、

私と同じように、そういったイメージをうまく描けない人、少なくないハズ。

正直、とにかく「大変」そうなイメージしかありません。

でも、この絵本を読んで、「私、間違ってたかも」って思いました。

間違ってたっていうか、自分で自分を抑えつけてた、というか。。

とにかく、子供と一緒に、幸せな家族を作る、ってのは非現実的なことではないんだな、と感じることができました。

どうして「ふたりママの家で」は、で、そういった姿をリアルにイメージできたか?

ふたりママでが教えてくれたこと

どうしてこの絵本で、そういった姿をリアルにイメージできたかと言うと、

まず、お母さんふたりが、偶像化されたレズビアン像ではなく、リアルなレズビアン像である事。

そして、二人のお母さんが「おばちゃん」になった姿まで描かれているのも、大きいかもしれません。

それから、このお母さんふたりが強くてですね、「差別」を見事にはねのけてるんですね。

近所の人から嫌なこと言われても、ビクともしないんです。

そんなシーンを見て、ああそうだよね、周りにとやかく言われても、立ち向かえばいいだけの話なんだよなって。

それは自分にもできないことではないんだよなって。

そう考えると、子育てって、私にもできることなのかもしれないって、心から思えました。

「ふたりママの家で」は、「思い込み」に気がつかせてくれる本

「お母さん二人という状況で、子育てするっていうのはハードすぎる」

これって、思い込みだったのかもしれません。

まだまだ私の心は、固定概念に縛られているのかもしれません。

今すぐに子供が欲しいというわけではないけれど、いつかそんなことを思う日が来たら、自分の心に素直に、柔軟に動きたいなと思いました。

そしてそれと同時に、自分の想像力を育てるためにも、もっといろいろな世界を見なければダメだなと痛感。

「ふたりママの家で」は、頭の固くなってきた私に、栄養素を一滴たらしてくれたような感じです。

ということで、特にレズビアンのみなさん、ぜひこの絵本、一度読んでみてくださいね!

あなたの子育てに対する考え方、さらに言えば人生観すら、変わるかもしれません。