アヴァンギャルドなミュージシャン、Lou Reed(ルー・リード)のオススメ3曲

ルーリード ゲイ

ルー・リードは、アメリカのミュージシャン(1942年生まれで、 2013年に亡くなっている)

私、てっきり、ゲイだと思ってたのですが、本人はどうやら公言していないようで、ハッキリしてません(女性と結婚しているので、バイセクシャルなのかも)。

まあ彼のセクシャリティは置いておいて、彼の音楽を今回は紹介したいなと!

同じ頃にデビューした、デヴィッド・ボウイなど、数々のアーティストに影響与えまくりな、ルー・リード。

本当にかっこいい曲がたくさんあるのですが、今回は私のオススメする厳選3曲をご紹介します。

ルー・リードって、何者?

ルー・リードという名前を、初めて聴いた人でも、このジャッケットの画像↓は見たことある人、多いんじゃないでしょうか?

これは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコというバンドのCDジャケットなのですが、ルー・リードは、このバンドのヴォーカル・ギタリストです。

このバンドを離れた後も、ルー・リードはソロとして活動します。

ということで、そのソロ作から3曲を紹介。

ルー・リードで私が好きな、3曲

ルー・リードの名曲①Perfect Day

まずは、やっぱりこの曲!

1曲めは、Perfect Day

映画『トレインスポッティング』でも使われてる曲。

「パーフェクトな日だ!」って歌っているにもかかわらず、漂う悲哀感。

聴いてるうちに、身動きできない感覚になってきます…

この曲は、「Transformer」という、アルバムに収録されてます。

ルー・リードの名曲②Walk On The Wild Side

2曲目は、Walk On The Wild Side

ルー・リードの代表曲とも言われてます。

「ワイルド・サイドを歩け」と歌われるこの曲、20代初めのころ、二丁目に行く途中に聴いたりしてました笑

こんな感じで、わりとテンション抑えられているのに、ワイルドに行こうって言ってるところが良い!

この曲も、「Transformer」という、アルバムに収録されてます。

ルー・リードの名曲③Hang On To Your Emotions

最後3曲目は、Hang On To Your Emotions

これは、「自分の感情に正直になれ」って歌だと、私は受け取ってます。

ルー・リードの曲って、静かにじわじわくるんですよね…

楽曲自体シンプルだかこそ、メッセージがまっすぐ響いてくる。

この曲は、「Set The Twilight Reeling」という、アルバムに収録されてます。