amazonで1,000ポイント貰う方法

ロックンロールのゴッドマザー「シスター・ロゼッタ・サープ」は、レズビアンだった!

シスター・ロゼッタ・サープ

ロック好きなら耳にしたことがあろう、 ジョニー・キャッシュ、リトル・リチャード、それから、エルヴィス・プレスリー。

彼らは、ロック界ではレジェンドと言われています。

そんな彼らに、大きな影響を与えたと言われているのが、シスター・ロゼッタ・サープ(Sister Rosetta Tharpe)、という女性ミュージシャン。

彼女は、もともとゴスペル畑のミュージシャンでしたが、ブルースやジャズも取り入れて、新しいサウンドを作り出します。

そして、「ロックを発明した女性」と言われるほどに。

そんな偉大なミュージシャン「シスター・ロゼッタ・サープ」は、レズビアンでした。

シスター・ロゼッタ・サープの音楽

どんなサウンドを奏でていたのか、まずは一曲聴いてみましょう。

こちら彼女のヒット曲、「Rock Me」

まさに、ゴスペルとブルースが混ざった感じです。

以前紹介した、Ma Rainey(マ・レイニー)や、Bessie Smith(ベッシー・スミス)のサウンドに近いのですが、歌ってるメッセージ(歌詞)は大きく異なります。

彼女たちは、ドラッグやセックスについて歌うことが多かったのに対して、シスター・ロゼッタ・サープは、「神」に関するような内容の歌詞。

maLuco

ホーリーですね。

シスター・ロゼッタ・サープの簡単な経歴と、恋の相手

シスター・ロゼッタ・サープは、1915年にアメリカのアーカンソー州で生まれます。

4歳からギターと歌を始めて、6歳ですでにステージに立っていたらしいです。凄い。

その後シカゴに移り、ジャズやブルースにハマっていったと。

そして、1940年代、シスター・ロゼッタ・サープは、Marie Knight(マリエ・ナイト)という女性ゴスペルシンガーと、一緒にツアーを回るようになります。

そして、ふたりは、恋仲に
(1949年には、離れ離れに…)

二人で歌っている一曲は、こちら。

シスター・ロゼッタ・サープの痺れるギター

シスター・ロゼッタ・サープは、ポピュラーミュージックの世界で初めて「ヘビーなディストーションギター」をレコーディングした人という話も。

これが本当だとしたら、ハンパないパイオニア感…!

そんな彼女の、ギターさばきが観たい人は、こちらをどうぞ↓

maLuco

パワフル!シビれる!

お得なキャンペーン情報

Apple Music:初めての方は、3ヶ月無料
Apple Music
Amazon Music Unlimited:初めての方は、30日間無料
Amazon Music Unlimited