amazonで1,000ポイント貰う方法

【トニー・ジャクソン】ジャズ発祥の地であるニューオリンズで活躍していた、ゲイのピアニスト

トニー・ジャクソン

当たり前といえば、当たり前ですが、

ゲイやレズビアンなどのLGBTミュージシャンって、昔から存在します。

しかも、中には、セクシャリティをオープンにして、活躍していた人もいます。

今回ご紹介する、トニー・ジャクソンは、そのうちの一人。

彼は、稀有な才能を持つ、天才的なゲイのピアニストです。

・どんな場所で活躍していたのか?
・どんな音楽をやっていたのか。
・ゲイをオープンにして活動して、苦労はなかったのか?

こういったことを、一緒に見ていきましょう!

トニー・ジャクソンの活躍の場と、その音楽

時代は、1800年代末〜1900年代初めの頃まで、遡ります。

活躍の場は、アメリカのニューオリンズでした。

ニューオリンズは、港町。

そこには、ストーリーヴィルと言われる「売春地区」が、ありました。

当時は、そういった売春宿で演奏するミュージシャンが、たくさんいたんですね。

トニージャクソンは、10代のうちから、そこで活躍していました。

彼は、とにかくピアノが上手かった。

どんな曲でも一回聴けば演奏できたし、

歌もめちゃくちゃ上手かった。

そしてパフォーマンスもハッピー感が満載だったようで、多くの人を魅了していたそうです。

トニー・ジャクソンの才能は、逆境すらはねのけた

彼は、貧しい家庭に生まれ、外見も美しくなかった。

でも、そういった部分を跳ね除けるくらいに、素晴らしいエンターテイナーだったらしい。

ストーリーヴィルの「ベストエンターテイナー」とまで、言われていたそう。相当スゴそうです。

同じエリアで活躍していた他のピアニストたちも、みんな彼に圧倒されていたようです(ちなみに、「ジャズの創始者」を自称したジェリー・ロール・モートンっていうミュージシャンがいて、彼もトニーに圧倒されいた一人)

どれだけ凄かったんだろう、って気になりますよね。

演奏、聴いてみたいですよね。

演奏を聴いてみたいけど…

でも、残念ながら、彼は一切レコーディングしてないんです。

maLuco

もったいなすぎる…!

彼が作ったヒット曲の一つには、「pretty baby」という曲があります。

オリジナルの曲を聴くことはできませんが、

他のミュージシャンによるレコーディング音源はあって、

例えば、このBilly Murrayによる音源は、大ヒットしたそう。

いろんなバージョンが、Youtubeで検索すると聴くことができます。

この曲は、トニーが当時惹かれていた、男性娼婦について書いて曲らしい。

オープンリーゲイの存在は、狭いエリアでしか影響力を持たなかったのか?

トニー・ジャクソンは、ゲイのピアニスト
(画像引用元:wikipedia

トニーのようなゲイをオープンにしてたミュージシャンがその頃からいたなら、

どうして彼を追って、その後オープンリーゲイなミュージシャンが、続出しなかったのか?

かなり昔のことなので、今ではもう詳しい事情は知ることはできません。

でもやっぱり人気があったとはいえ、大変な事も多かったんでしょう。

ニューオリンズでの活動に、息苦しさもあったようで、彼は、もっと自由な空気のあったシカゴに引っ越しました。

そして、シカゴのジャズシーンに多大な影響を残したものの、1921年に亡くなってしまいます。
(正確な誕生日が不明なのですが、おそらく30〜40年の人生)

ここまで才能のあった、トニー・ジャクソン。

彼が、もしレコーディングとかして、アメリカ全州で有名なミュージシャンになっていたら、オープンリーゲイのミュージシャンが、もっと増えていたかもしれない。

そんな風に思いました。

ちなみに2011年に、トニー・ジャクソンは、シカゴの「Chicago Gay and Lesbian Hall of Fame」で称えらえています。

maLuco

いつかニューオリンズに行って、本場のジャズを聴いてみたい…!

お得なキャンペーン情報

Apple Music:初めての方は、3ヶ月無料
Apple Music
Amazon Music Unlimited:初めての方は、30日間無料
Amazon Music Unlimited