「ジョン・レノンは、バイセクシャルだったかも」という説があること、ご存知ですか?

ジョンレノン バイ

おそらく、世界一有名といっても過言ではないバンド、ビートルズ。

そんなビートルズの一員である、ジョン・レノン

彼には、オノ・ヨーコという存在がいたので、バリバリのストレートだと思っている人は多いと思いますが、、

実は、バイセクシャルだったんじゃないかって話があるんです。

maLuco

驚きですよね…!

ということで、詳しく見ていきましょう。

ビートルズのマネージャーはゲイだった

実は、ビートルズのマネージャだった、「ブライアン・エプスタイン」は、ゲイでした。

エプスタインは、ビートルズの売り出しに、かなり貢献した人物。

ビートルズのイメージとして定着している「スーツ」も、彼の発案とのこと。

彼の死後(自殺の可能性も示唆されている)、メンバー間の確執が表面化されて、ビートルズが解散したとも言われています。それくらい、ビートルズにとって、重要人物だったんですね。

そして、ジョン・レノンは、そんなエプスタインと、仲良しでした。

「You’ve Got To Hide Your Love Away」は、誰のために書かれた曲?

で、ビートルズの楽曲の中には、「You’ve Got To Hide Your Love Away」という曲があるのですが、

この曲、エプスタインのために書かれた曲だという説もあるんです。

どんな内容の曲なのかというと、

毎日、どこ行ってもジロジロ見られてる。
彼らは、僕を笑いながら、こう言うんだ。

「恋してるのバレバレだよ、隠しておけよ」

って感じのことを歌ってます。

真相は分かりませんが、「同性愛」のことを歌っている曲って言われると、、しっくりきちゃいますよね。

※ちなみに、邦題は、「悲しみはぶっとばせ」という、ぶっ飛んでるタイトル…笑

オノ・ヨーコ自身が、ジョンは「男性に欲望を抱いていた」と語っている

そして、ジョン・レノンの二人目の妻である、オノ・ヨーコは、わりと最近のインタビューで、

「ジョンは、男性にも欲望を感じていた(でも、そういった行為はしていないと思う)」

といった発言をしています。

そして、「ジョンと、私達は皆バイセクシャルに違いないという話をした」ってことも言ってるんですね。

いやはや。

さらに言うと、マネージャーのエプスタインは、ジョンレノンに惹かれていたというのも、結構有名な話。

エプスタインとジョンは、二人でスペインに旅行に行くほどの仲でした。
(二人の関係の深さについては、諸説あり。真相は闇の中)

でも、オノ・ヨーコの話が真実なら、ジョンには、バイセクシャルの「気質」が少なからずあった感じはしますよね。

maLuco

もしかしたら、ジョン・レノンは、男性にも惹かれる自分がいるのは分かっていながら、行動に移す勇気がなくて苦しんでたのかも…

とか考えちゃいます。

もし彼が、今の時代に生きていたら、行動もまた違ったのかも!とかね。

まとめ

では、最後に、ジョン・レノンの音楽を、2曲ほど聴いてみましょう。

名曲がたくさんありますが、中でも、有名なのはやっぱり「イマジン」ですかね!

あとは、「ハッピー・クリスマス」も人気。私も大好きです。