Amazon Music Unlimitedが
4ヶ月99円【7/16まで限定】

バイセクシャルなSia(シーア)って、どんな歌手?

sia バイ

最近日本でもかなり知名度が上がっている、オーストラリア出身のミュージシャン、Sia(シーア)

Sia?誰それ?

って方は、こちらのCM動画をご覧ください。

このDIOR(ディオール)の印象的なコマーシャル動画、見たことありませんか?

これで使われているのが、Siaの曲「Chandelier(シャンデリア)」

この曲は、全米で200万枚を超える大ヒット。USビルボードでは、8位にチャートイン!

来る2019年のフジロックでは、Siaは、2日目の大トリを飾る予定。

そんなSiaですが、バイセクシャル(フレキシブル)であることを公言しています。

maLuco

Sia、気になりますよね。

ということで、このページでは、彼女のこれまでの歩みなどをご紹介します!

Sia(シーア)が爆発的に売れるまでの歩み

Siaは、1975年、オーストラリアで生まれます。

お父さんは、ミュージシャン。お母さんは、美術講師。

子供時代は、スティービー・ワンダーやアレサ・フランクリンの真似をしていたそう。

1990年代半ばには、Crispというアシッドジャズバンドの中で、歌手としてのキャリアをスタート。

その頃の曲は、こんな感じ↓

maLuco

この時から、歌めっちゃ上手いですね。。

1997年にCrispが解散した後、ソロデビューします。

その時の曲は、こちら↓

今のポップ路線とは、だいぶ違う!

また、Crisp解散後は、ロンドンに移り住み、あのジャミロクアイのバックボーカリストとしてパフォーマンスしていたらしい!

それから、この頃は、Zero 7とコラボしたり。

その時の曲↓

maLuco

シャレた曲!

この曲「Destiny」は、UKチャートで30位にランクイン。

2000年には、ソニーのサブレーベル「Dance Pool」と契約します。

そこからリリースした「Taken for Granted」は、UKチャートで10位にランクイン。

この時期は、ジャズやソウルに傾倒していたみたい。

その後のアルバムでは、アコースティックとエレクトロの融合に挑戦。

そのアルバムの一曲↓

その後も、クリスティーナ・アギレラに曲書いてよーって言われたり、5枚目のアルバム「We Are Born」が売れたり、成功していったわけですが、Siaは有名になることにゲンナリしちゃいます。

で、プロモーションツアーを拒否したり、ステージでマスク被ったり、ドラッグやアルコールに溺れていっちゃったみたい。。

maLuco

成功したスターの多くが、通る道ですね…

Siaのコラボ相手が、そうそうたるメンツ

それからSiaは、他のアーティストと一緒に曲を作ることも結構やってました。

しかも、その相手が、そうそうたる面子なんです。

例えば、ビヨンセ、カイリー・ミノーグ、リアーナ。

で、なんと、冒頭で紹介した「Chandelier」も、実は、ビヨンセかリアーナに提供するために書いた曲らしい。

maLuco

震えますね、これは…

自分で歌う選択して、大正解!!

そんな「Chandelier」も含む「1000 Forms of Fear」という、6枚目のアルバムは、2014年にリリースされました。

すでに先ほど触れたように、大ヒット。

この曲は、そのヒリヒリするような歌声からも伝わってくるように、なかなかメランコリックな曲。

典型的なパーティーガールが、アルコールに溺れている様子を描いているとか。

私、CMで初めて聴いた時、そういう曲だとは思ってなかったです。。

歌詞の一部はこんな感じ↓

1杯,2杯,3杯、、、飲んで
感覚がなくなるまで、飲み続けるわ。
シャンデリアにつかまって、スウィングするの。
明日は存在しないものと思って生きる。

maLuco

歌詞を知った上で聞くと、良さが倍増…こういう刹那的な歌詞めちゃくちゃ好きです。

ちなみに、このMVで踊っているのは、2002年生まれのマディソン・ニコル・ジーグラー

アメリカのダンサー。

エレンの番組で、生でも踊ってます。

しかも、Siaは後ろ向いて歌ってるし、いろいろ凄い…

このアルバムのプロモーションでは、Siaは「顔出し」してないんですよねー。

でも、表に出てる子たちの髪型が統一されてるから、逆にインパクト残る。

あと、注目すべきは、日本の女優「土屋太鳳」がMVで踊っている、aliveという曲。

本家はこちら。

最近では、Labrinth、Diploという人たちとコラボして、それぞれの頭文字をとったLSDというプロジェクト(すごい名前…笑)もやってます。

Siaのバイセクシャル(フレキシブル)発言

Siaは、2009年に、

「私は男性とも女性ともその間にいる人ともデートしてきた。私は、相手のジェンダーがなんであろうと、気にしない。人は人でしかない。言葉にするとしたら、フレキシブルかな」

って発言してます。

2011年まで、アメリカのミュージシャンのJD Samsonとお付き合いしてたみたい。

JD Samsonは、こちらの方↓

Siaの紹介まとめ

彼女の活動をみていくと、Siaはシンガーとして凄いだけじゃなく、ソングライターとしてもかなり才能にあふれてる人だってことが、よく分かります。

ということで、今後のSiaにも大注目!

シャンデリアが入ってるCDは、こちら↓

Apple Musicはじめての方は、3ヶ月無料

Apple Music アフィリエイトプログラム

Amazon Music Unlimitedはじめての方は、4ヶ月99円(7/16まで)