Amazon Music Unlimitedが
4ヶ月99円【7/16まで限定】

台湾のtaboo(タブー)は、こんなレズビアンバーだった【体験談】

台湾 taboo

これまで日本のレズビアンバーを、30軒ほど巡ってきましたが、この度、ついに海外のレズビアンバー・デビューしてきました!

行ってきたのは、台湾の、taboo(タブー)というお店。

さっそく、体験レポートをお届けします!

MEMO
【レズバー巡りは、以下の条件で実施中】
・原則:週末のみ
・1〜2杯限定
・一店舗につき30分〜1時間

台湾のレズビアンバー「taboo」体験レポート

tabooは、台湾の北にある「台北」というエリアにあります。

まずは、ザックリとアクセス方法をご紹介。

台湾のレズビアンバー「taboo」へのアクセス方法

taboo MRT

台湾の地下鉄「MRT」に乗って、

taboo 行天宮

最寄駅の「行天宮」駅へ。

taboo 最寄駅

2番出口を出ましょう。

出たら、駅を背にして、左に進みます。

taboo アクセス1

スグに、この↑地下道への入り口が見えます。

その角で、左折。

そのまま道なりに、まっすぐ歩いていくと、

taboo アクセス2

こういった↑高速道路にぶつかるので、そこを右折。

で、その道をまっすぐ行けば、

台湾 タブー

右手に、青く光るtabooが見えてきます。

テンション高まる〜!

maLuco

駅からtabooまでは、徒歩だと、10分くらいかかります。

taboo 入り口

tabooの入り口、かなりオシャレ!

台湾のレズビアンバー「taboo」の、システム

tabooは、曜日によって、システムが変わってきます。

taboo システム

水曜・木曜・日曜は、「Lounge」といって、バー営業みたいな感じ。

営業時間は、21:00〜2:00。

「低消250」って書いてあるんで、たぶん250元分は、オーダーしないといけない仕組み。

maLuco

ちなみに、現在、1元=3.5円くらいなので、日本円だと、875円分くらい。

で、金曜・土曜は、「Party」といって、クラブになります。

営業時間は、22:00〜4:00。

こっちは、12時前までなら400元、12時以降なら500元で、飲み放題

maLuco

日本円だと、だいたい1,400円〜1,750円ですね。

日本のビアンイベントより、だいぶ安い。

今回私は、バー営業の日と、クラブ営業の日の、両方行ってきたので、それぞれのレポートを、順番に書いていきます。

では、さっそく行ってみましょー!

台湾のレズビアンバー「taboo」の、平日(木曜)の様子

まずは、平日(木曜)の様子から。

taboo レズビアンクラブ

tabooに着いたら、階段を、降りていきます。

その途中に、ロッカーがあるので、荷物入れたい人は、ここで入れちゃいましょう。

taboo ロッカー

階段を降りたところで、スタッフが迎えてくれました。

中に入ってまず思ったのが、

taboo 内装

かなり広い!!

これはもうガッツリ、クラブですね。

taboo 平日

でもネオンの明かりが、イイ感じ。

カウンター席だけじゃなく、テーブル&ソファー席もたくさんありました。

全部で、5個くらいあったかな。

taboo バー

私たちは、カウンター席に通されました。

カウンターはL字型のもので、8席くらい。

お店に着いたのは、22時過ぎでしたが、このときお客さんはまだ一人だけ。

聞いてみたところ、平日はいつもこんな感じみたいです。

店内の様子、動画だとこんな感じ↓

この動画を見ていただけると分かりますが、「ラウンジ」の日でも、音楽は、けっこうな音量で流れてます。

taboo ドリンクメニュー

では、さっそくドリンクを注文。

ビール頼もう〜!って思ったのですが、

なぜか、メニュー表に載ってない…

メニュー表、かなり長い時間かけて探したのですが…やっぱりビールがない笑

でも、そんなバーは、さすがに聞いたことないですよね?

ということで、店員さんに

「Do you have beer?」

って聞いてみると、

taboo ビール

良かった、ありました。。

でも、なんでメニュー表に載ってないんだろう?

実は、もう一軒行ったビアンバーでも、メニュー表にビールが載ってませんでした。

これ、ホント不思議だった。

maLuco

もしかして、台湾では、ビール頼む人が少ないのかな?

ちなみに、ビールは、バドワイザーと、コロナの二種類がありました。

料金は、それぞれ150元。

あと、もう1つ不思議だったのが、ビールはキンキンに冷えてたのに、なぜか「氷」もついてきたこと。。

翌日来たときも、氷の入ったビールが出てきてビックリした。

taboo 食べ物

フードメニューの方は、こんな感じ↑

お店の方とガッツリ話す雰囲気ではなかったのですが、

日本から来ましたって伝えると、

「Welcome to Taiwan!」って言ってくれました。優しかった。

taboo ウィスキー

しかも、ウィスキーを一杯ごちそうしてくれた!

ちなみに、スタッフさんは、4人くらいいたのですが、全員ボーイッシュな方でした。

taboo カウンター

スタッフさんに、他にも台北にレズビアンバーってありますかって聞いてみたら、

「一軒だけあるよ。Wonder Barってところ」

って、教えてくれました。

一軒だけって、台北、やっぱビアンバー少ないんですね。

webで検索しても全然出てこなかったし、名前出てきても、SNSの更新途絶えたりしてたので、潰れてる店が多いのかなーって思ってたのですが、本当にそうだったみたい。。

でも、そもそも台湾は、九州と同じくらいの面積しかない、小さな島。

それを考えたら、ビアンバーが2軒でも少なくはないのかなぁ。

taboo トイレ

さて、先ほど、私たち以外にも、お客さんが一人いたと書きましたが、その人とも少し話すことができました。

日本語ができる人だったので、ありがたかった!

どうやら、KAT-TUNのファンで、それで日本語覚えたらしい。

特に赤西仁が好きらしく、私は黒木メイサが好きなので、ちょっと盛り上がりました笑

そのお客さんにも聞いてみたところ、やぱりレズビアンバーは2軒しかないって話でした。

そして、日本には50軒くらいあるって言ったら、めちゃくちゃビックリしてた笑

バーがそんな少なかったら、レズたちはどこで出会ってんだろう、って気になったので聞いてみたら、

「みんな、アプリ使ってるよ」

とのこと。

中でも、オススメは、「Zoe」というアプリらしい↓

台湾 アプリ

maLuco

ちょっとこれ、使ってみたい

taboo クラブ

この日は、お店に一時間くらいいたのですが、後からきたお客さんは、全部で5人くらい。

4人組(1人ボーイッシュで、3人はフェミニン)と、一人のお客さん。

あと、おじさん集団が、多分間違って入ってきちゃって、スタッフさんが慌てて止めたりしてました笑

台湾のレズビアンバー「taboo」の、週末(金曜)の様子

taboo 看板

翌日も、tabooへ。

この日は、クラブ営業の日。

なので、たくさんお客さんいるだろうな〜って、めちゃくちゃ楽しみにしてました。

朝まで遊ぶつもりで、24時前くらいに、到着。

ロッカーに荷物入れて、ルンルンで受付でお金払おうとしたら、

今日は、ビアンイベントじゃないよ。
違うイベントだけど、大丈夫?

maLuco

…え?
ボーイとガールがいるイベントだよ

maLuco

…えええ!?

そう、まさかの、この日、レズビアンイベントじゃなかったんです。。

超ショックでした笑

この日は、HOUSEとかテクノのイベントで、何かの5周年パーティだったみたい。

料金も通常と違って、600元くらい(2drink含む)でした。

かなり凹みましたが、、

せっかくここまで来たので、遊んで行くことに。

これは、1時くらいの様子↑

お客さん、結構たくさん入ってました。

アンラッキーでしたが、これはこれで楽しかった!

しかも、何気にレズビアンっぽい女の子もたくさんいた。

男女の比率は、半々くらいだったかな。

2時間くらい、踊って遊びました。

いやー、でも痛恨のミスでした!笑

改めてtabooのfacebook見てみたら、イベント情報載ってましたが、

どっちにしろ言葉が分からない。。

翻訳サービス使って読んでみても、イマイチ分かんない。

行く前にfacebook見てても、結局来てたかも笑

でも、これからtaboo行く人は、ウェブサイトじゃなくて、SNSをちゃんとチェックしていくことをオススメします!

台湾のレズビアンバー「taboo」基本情報

住所 B1, No. 90, Sec 2, Jianguo North Road, Taipei City
営業時間 【水曜・木曜・日曜】21:00〜2:00
【金曜・土曜】22:00〜4:00
定休日 月・火
ウェブサイト taboo
facebook taboo

※最新情報は、お店のSNSなどをご確認ください。