台湾のWonder Bar&Loungeは、こんなレズビアンバーだった【体験談】

台湾Wonder Bar

台北に2軒あると言われているビアンバーのうち、1軒は、「Wonder Bar&Lounge」というお店です。(もう一軒は、昨日紹介したtaboo

このバー、想像していたより、かなり良かった!

台湾にこれから行く人には、かなりオススメしたいバーです。

ということで、ご紹介していきます。

MEMO
【レズバー巡りは、以下の条件で実施中】
・原則:週末のみ
・1〜2杯限定
・一店舗につき30分〜1時間

台湾のビアンバー「Wonder Bar&Lounge」体験レポート

台湾Wonder Bar 最寄駅

Wonder Bar&Loungeは、台北の「市政府」駅が最寄駅。

駅を出ると、スグに大きなビル。

台湾Wonder Bar アクセス

駅から歩いて、5分もかからないところにあります。

台湾Wonder Bar 道順

地図を見ながら進んでいくと、、

台湾Wonder Bar ロゴ

大きい「W」というロゴが、見えてきます!

お店の外観は、

台湾Wonder Bar 外観

こんな感じ。

ビアンバー感、ゼロ!

台湾Wonder Bar 外観2

バーの前に、レズビアンっぽい子たちがいました。

ちょっと、キンチョー!

そして、思ってたよりオシャレな感じだったので、最初ちょっと入りづらかった…笑

台湾Wonder Bar 入り口

でも、勇気出して、いざ店内へ!

ドアを開けると、

台湾Wonder Bar 入り口1

え、何、ココ?

台湾Wonder Bar 入り口3

ただ狭い空間があるだけで、まるで、写真の展示会みたいな感じ。

ドアがどこにもない!行き止まり…

台湾Wonder Bar 入り口2

もしかして、店間違った!?

と、オロオロしてたら、店の外にいた女の子が、ドアの場所を教えてくれました。

台湾Wonder Bar 入り口1

この壁↑をよく見ると、薄く線が見えます。

そこが、ドア!

まさかの、隠し扉みたいなドアでした。

いきなり楽しい!笑

で、中に入っていくと、

台湾Wonder Bar テーブル

入り口近くに、こういったテーブル席があって、

台湾Wonder Bar 内装2

その先にカウンター席と、

台湾Wonder Bar 内装3

テーブル席が、6個くらい。

さらに、奥に、カーテンで区切られた、個室的な部屋も1つありました(10人くらい、入れそうな感じ)

かなりの席数がありましたが、見事に満席!

行ったのは金曜の22時くらいだったので、ちょうど盛り上がる時間帯だったってのもあると思いますが、

圧倒されるくらい、めちゃくちゃ賑わってました。

全部で、50人くらいは、お客さんいたんじゃないかな。

台湾Wonder Bar 内装1

「予約してますか?」

って最初に聞かれたので、Wonder Bar&Loungeは、どうやら予約のできるお店みたい。

予約してないことを伝えると、

「ちょっと待っててください」

と言われて1分くらいすると、席が空いたようで、カウンター席に誘導されました。

台湾Wonder Bar カウンター

カウンターは、10人席くらいあったので、けっこう大きい。

まずは、注文!ビール!

でも、tabooの紹介記事に書いたように、Wonder Bar&Loungeでも、メニューにビールは載ってませんでした。

スタッフさんに聞いてみると、

・コロナ
・ギネス
・IPA
・台湾ビール
・いちごビール

など、けっこうな種類が揃ってることが、判明。

ますます、なんでメニュー表に載せないのか、不思議!笑

…まあそれは置いておいて、

台湾Wonder Bar ビール

IPAを、注文。

初めて見たビールですが、このビール、かなり美味しかった!!

どうやら、台湾の「臺虎 Taihu」というブランドのものらしい。

250元(日本円だと、875円くらい)

グラスも冷えてたし、清潔だったし、素晴らしい。

台湾Wonder Bar 食べ物

お腹も空いたので、フードも注文。

種類が多くて、迷ってたら、

スタッフさんが「軟骨の揚げ物が一番人気だよ〜」って教えてくれたので、それを注文。

280元。

あんまり美味しそうに撮れなかったけど、これもけっこう美味でした。

台湾Wonder Bar バーカウンター

お店のスタッフさんは、全部で5人くらい。

みんな、お揃いの服とエプロンつけてて、ちゃんとしてる感ありました。

あと、マイクとイヤホンもつけてたかな。

接客の感じも丁寧だったし、笑顔だったし、サービスはかなり良かったです。

英語も、バッチリ通じました。

しかも、綺麗な人が多かった!

てか、お客さんも、綺麗な人がたくさんいました。

ちなみに、フェムとボーイッシュが、半々くらい。

特に20代が、多そうな感じでした。

台湾Wonder Bar レインボー

一見、普通のオシャレな飲食店っぽいのですが、ちょいちょいレインボーフラッグも。

あと、この日は、一人で来ているお客さんが、ほとんどいなかったのが印象的。

みんな、一緒に来ている友達とだけ話してる感じで、テーブルをまたいで話す、みたいなことはあんまりなさそうな感じでした。

台湾Wonder Bar 雰囲気

でも、ちょっとは交流したい…と思い、ドキドキしながら、隣のお客さんに話しかけてみることに。

しかし、英語が通じず。。

英語が通じなかったら、交流はムリか…と諦めかけていたら、

googleの翻訳アプリを出してくれて、ここに入力してみてって、スマホを渡してくれました。

優しい〜!

おかげで、ちょっとだけ話すことができました。

「この店来たの何回目?」とか、そういった軽めの話。

ちなみに「日本から来たよ」って話をすると、「I Know」って返されて。

なんで日本人って分かるんだろうって思って聞いてみたら、

なんか喋り方で分かるらしい。

でも確かに、中国語と韓国語とかも、内容わからなくても、中国語喋ってるなーとか、韓国語喋ってるなーとか分かりますもんね。

台湾Wonder Bar 料金

この日のお会計は、全部で780元。

日本のビアンバーによくある「チャージ代」とかは、かかりませんでした。

台湾Wonder Bar ビル

お店には、1時間くらいいたかな。

もうちょっと長居したかったけど、次の予定があったので、移動。

台北ビアンバー

そういえば、バーの外に出たら、向かいの店の前に、一匹の猫がいて、

一緒に行った彼女が、その写真撮ってたんですね。

そしたら、外にいた他のお客さんが、なぜか無言で、「缶詰」を渡してくれました笑

なんで缶詰持ってたんだろうとかちょっと気になるけど笑、

最後に、ちょっとしたコミュケーションができて、なんだかホッコリ。

「Wonder Bar&Lounge」、また台湾行くことがあったら、必ず行きたい!

maLuco

これから台湾行く方は、ぜひぜひ行ってみてください。オススメです。

台湾のビアンバー「Wonder Bar&Lounge」基本情報

住所 No. 28, Lane 147, Section 1, Jilong Road
営業時間 【火・水・木・日】19:00〜1:00
【金・土】19:00〜2:00
定休日 月曜
instagram Wonder Bar&Lounge
facebook Wonder Bar&Lounge

※最新情報は、お店のSNSなどをご確認ください。