Bianista

新宿二丁目にある夜カフェ「anchor」

レズビアン anchor
「新宿二丁目に行ってみたい…。だけど、バーとかイベントはハードルが高い…」

そんなあなたにオススメなのが、二丁目にある「anchor(アンカー)」という夜カフェ。

一見、普通のカフェと何ら変わりません。

しかし、他のお客さんの会話に耳を澄ましてみると、「カミングアウトが…」「女の子と付き合うと…」などなど、レズビアントークが炸裂してたりします。

anchorは、ゲイミックスで、ノーチャージ。

二丁目デビューしたいレズビアンの皆さん、まずは「カフェ」から始めてみるというのは、いかがでしょうか。

新宿二丁目カフェ「anchor」体験レポート

新宿二丁目 アンカー早速、anchorに向かってみましょう。

まずは新宿駅もしくは新宿3丁目駅から、二丁目の中心「仲通り」まで行きます。

この写真のポイント(「新宿二丁目東」の信号がある交差点)から、仲通りに入って、左側の3本目の脇道に入ると、

カフェ アンカーanchorの看板が見えます。青いイカリのマークが目印です。

(ちなみにこの通りは、レズビアンバー「gold finger」や「828″2」と同じ通り)

anchor見上げると、ほのかに明かりが。わくわく!

二丁目 anchorビルの2階まで、階段で登っていくと、、非常に分かりやすく入り口が。

二丁目 アンカー 場所このドアを開けましょう。そうすると、

anchor 店内とってもキュートな店内へ!

可愛すぎて、新宿二丁目にいることを一瞬忘れます。

2人の女性店員さんが迎えてくれました。店内には、6席ほどのカウンターと、テーブルが4つ。

カラフルな飾り付けの中に、テレビモニターや、プロジェクターで映し出された映像など。

そして、パステルカラーの壁色が、優しい雰囲気を作り上げています。

anchor 内観

anchorは、18時オープン。

この時は、土曜の19時前。お客さんは、他に3組(ひとり客が2組&カップル1組。全員女性)いました。一人で来ていた片方の方は、初めて二丁目来たくらいの雰囲気で、もう片方の方はお店の常連さんという感じ。

アンカー お酒 メニューさて、メニューから注文しましょう!

anchorは「カフェ」ですが、飲み物の種類、特にアルコールの種類が豊富です。裏にもビッシリ↓

アンカー 飲み物 メニューもちろん、ノンアルコールも。

anchor 飲み物今回はビールを頂きました。美味しい!

アンカー ハッピーアワーしかも、もともと800円のところ、ハッピーアワーで500円に!

行くなら20時前が正解かも。

アンカー メニュー食事のメニューも豊富です。こちらも裏表にぎっしりと。

アンカー 食事メニューう〜ん、迷っちゃう!

ガッツリなご飯物から、軽食までと色々ありますが、、今回は以下3つを注文。

anchor ご飯ガパオライス 1,100円。

anchor 食べ物ナチョス 800円。

anchor 食事唐揚げ 600円。

カフェのご飯って、味が微妙な店が結構あったりしますが、anchorのはちゃんと美味しい。

美味しくって、ついビールをおかわり。お腹いっぱい。ご馳走さまでした!

anchor トイレ

先ほど述べたように、店内は一見「二丁目感」がないですが、トイレに入ると、二丁目関連のフライヤーが大量にあります。

そしてよくよく店内を見ると、ゲイ雑誌が並んでたり。

そしてお客さんが、店員さんに「カミングアウト」の相談をしてたりと。

やはりここは、二丁目ですね。

でもこのバランスが、二丁目デビューの場にはピッタリだなって思います。

二丁目カフェ「anchor」基本情報

lgbt カフェ

住所 新宿区新宿2-12-15 山原ハイツ2F
営業時間 【日・月・水・木】
18:00-26:00
【金・土・祝前日】
18:00-27:00
定休日 火曜
公式web anchor

      2017/09/18

ad

            

関連記事


関連記事はありませんでした