Bianista

ビアンイベントを、一人でも楽しむための7つの方法

ビアンイベント 一人東京では毎週末のように、レズビアンがたくさん集まる、クラブイベントが催されています。

音楽と、アルコールと、レズビアン。あぁなんて最高なコンビネーション。

ビアンイベントに本当は行ってみたいと思っているのに、「周りに一緒に行ける子がいない」とか「一人で行く勇気がない」といった理由で機会を逃すのは、なんて勿体ないんだ…と常々思っていました。

なので今回は、「一人でビアンイベントに行っても、楽しむための方法」をご紹介!

東京のレズビアンイベント一覧は、こちらから。

レズビアンイベントを楽しむための7つの方法

①ビアンイベントに行く目的を、明らかにしておく

eros カウンターまず、目的をハッキリとさせておくこと。これ大事です。

恋人を見つけたいのか、友達を見つけたいのか。それとも、その日限りの遊び相手を見つけたいのか。

もしくは、ただワイワイ盛り上がって、踊って楽しみたいからなのか。

イベントに行く理由が「恋人を見つけたい」なら、積極的に声をかけたほうがいいけれど、ただその場の雰囲気を楽しみたいだけなら、その必要もありません。目的がハッキリしていたら、自分の行動もハッキリしてきます。

※ちなみにこの記事では、目的は「(恋人にしろ、友達にしろ、遊び相手にしろ)出会いたい」前提で書いてます。

②ビアンイベントは、人気のあるイベントを選ぶ

eros クラブ例えば東京では、月に5本くらいのイベントがありますが、その中でも「人気があるイベント」を選びましょう。

せっかく勇気出して行ったのに、全然人がいない、、コレは切ない。

最近のイベントでは、毎月第4週目あたりにやってる「Tipsy」が大人気。

③ビアンイベントには、オシャレして行く

eros ロッカー必ずしもオシャレな格好をしないといけないわけではないですが、自分なりにオシャレをしていった方が、やはり気分的に楽しめます。

オシャレしたら、いつもより自分に自信が出て、話しかけやすくなる、もしくは、話しかけられやすくなる。イイことしかありません。

ちなみに、クラブだからといって、わざわざ「派手」な格好をする必要はありません。自分に似合う格好ができていて、清潔感があればそれで十分な気がします。

そして大事なこと、荷物は必ずロッカーへ!荷物を持って入っちゃうと、荷物のことが気になっちゃって、面倒だったりするので。身軽な方が楽しめます。

④ビアンイベントでは、アルコールの力を借りる

eros レッドぶるあんまりお酒好きじゃないって人でも、クラブイベントでは、飲んだ方が楽しめるんじゃないかなと思います。(もちろん、体質的に飲める人の話)

シラフでも楽しめる強者は全然それで良いと思いますが、初めてのビアンイベントで緊張する…って人は、リラックスするためにも、アルコールの力、借りちゃいましょう。

イベントにいる人は、だいたい皆お酒飲んでるので、自分も酔っ払ってる方が楽しめます。

それから、バーカウンターで注文するときは、後ろに列ができちゃって焦ることもありますが、落ち着いてちゃんと飲みたいものを注文しましょう。

⑤ビアンイベントでは、踊らなくてもいいと知っておく

eros イベントクラブイベントと聞くと、皆が音楽に合わせて踊っている、というイメージを抱く人が多いと思います。

しかし実際は、椅子に座っている人や、ただ突っ立てるだけの人もたくさんいます。いわゆる普通のクラブイベントよりも、その率が高い気も。

踊る必要なんて、別にないんです。無理しなくていいんです。お酒飲んでテンション上がってきて、もし踊りたくなったら踊ればいいし。

踊り方が分かんなかったら、ただ音楽に合わせて、体を揺らしていればいいんです。というか、下手くそに踊ったっていいんです。

一回行ってみたら分かると思いますが、クラブイベントで上手に踊ってる人なんて、そうそういません。

⑥ビアンイベントでは、一人でいる子に話しかける

eros ビール周りからガンガン話しかけられるような、そんな美貌の持ち主なら、突っ立っているだけでも出会いがたくさんあるでしょう。

しかしほとんどの人間にとって、自分から勇気出して話しかけることも大事。「話しかけたい…!」と思える人が見つかったら、尚更です。

最初は話しかけるの、本当緊張すると思います。でも、俯いていたら、その間にその子帰っちゃうかもしれないし、違う女の子と仲良くなって、もっと話しかけづらくなっちゃうかもしれません。

当たって砕けろ精神で、あるだけの勇気を振り絞って、チャレンジ!

話しかける相手ですが、まずは、自分と同じく「一人で遊びに来ていそうな子」がオススメ。一人で来てたら、話しかけられるのを待っている場合が多いです。

まず第一声は、「一人で来たの?」

これで大丈夫。だいたい皆、こうやって話しかけてきます。

もし相手が微妙に嫌がってる感じだったら、すぐに退散すればいいんです。

⑦ビアンイベントでは、無理をしない

eros ムード最後に、これも非常に重要だと思っているのが、潔さ。

なんか楽しめないなぁ、つまんないなぁって感じたら、サクッと帰っちゃいましょう。無理して、長居する必要はありません。もちろん遅い時間まで残ってたから、好みの子に出会えたっていう場合も多々ありますが、、。

とにかく無理しないってこと。自分のペースで楽しめれば、それでいいんです。

レズビアンであるということが、マイノリティではなくなった世界

eros 混雑具合ビアンイベントは、レズビアンバーとかよりも人が多い分だけ、好みの女の子に出会える可能性が高くなります。

そして、レズビアンであるということが、マイノリティではなくなった世界で、浸る解放感、これは他では味わえません。

小さな空間に、女の子が好きな女の子達が押し寄せ、カラダを揺らし合う。。

やっぱりどう考えても、一人だからという理由だけで行かないのは、勿体ない!

      2017/09/18

ad

            

関連記事