【英語の勉強方法がわかる本】実際に読んだ9冊の中で、おすすめはコレだ!

英語 勉強 本

お悩み

英語の勉強方法が分かる、イイ本ないかな〜?

そんな風に、探してますか?

英語の勉強というのは、とても長い時間がかかるもの。

それなのに、もし、やり方を間違えてしまうと、膨大な時間をロスすることになります。。

誰だってそんな事態は避けたいですよね。

なので、勉強を始める前に、もしくは既に勉強をはじめている人は、いったん筆を置いて、「英語は、どう勉強していくのが効果があるのか?」といったことが書かれている本を、まずは少なくとも一冊は読みましょう。

効率的な勉強方法をまとめてくれている本が、世の中にはたくさんあるのです。それらを読まないのは、ただシンプルにもったいないですよね。

ということで、このページでは、英語の勉強方法が分かる本を紹介していきます。

英語の勉強本、おすすめはこの3冊

私は、これまで「英語の勉強法」について書かれた本を、たくさん読んできました。先ほど数えてみたら、全部で、9冊。

ほとんどの本が面白いものでしたが、中でも、

コレは参考になる…!

と、唸った本が3冊あります。

まずは、その3冊をご紹介します。

英語勉強本、おすすめ①英語上達完全マップ

No.1
英語上達完全マップ

英語 勉強 本 オススメ

9冊のなかで、最も具体的な方法を示してくれた本。特に、英語学習というものを、俯瞰的に捉えるのに有効。
オススメ度 (5.0)
レベル 初心者中級者上級者

この「英語上達完全マップ」という本は、いろんなサイトでおすすめされています。

しかし、私、読む前は、ちょっとだけ胡散臭く感じてました。

だって「完全」っていう文字がタイトルに入ってると、なんとなくウソくさくないですか?笑

ですが、、、

まさにこれは、英語上達「完全」マップでした!

疑ってごめんなさい。。

それくらい、英語勉強方法が網羅されています。

具体的には、

  • 音読
  • 瞬間英作文
  • 文法
  • 精読
  • 多読
  • 語彙増強
  • リスニング

こういった勉強方法が載っています。

なので逆に、その膨大に思える量に圧倒されるかもしれません。こんなにやる必要があるのか…と、ちょっと怯むかもしれません。

ですが、「〇〇さえやれば3ヶ月でペラペラ!」みたいな本より、ずっと真実味があります。

さらに、この本は勉強の手順も具体的なので、逆に希望が見えてきます。

例えば、初心者だったら、「最初は、この方法とこの方法を組み合わせて…」みたいな感じで教えてくれます。

もちろん、勉強方法に100%の正解はないのですが、それでも参考にできる部分がたくさんあるはず。

実際、私もかなり参考にさせてもらってます↓
英語 勉強 1000時間英語を1000時間勉強したら、どれくらい伸びるのか?【実験】

あなたが、初心者でも、中級者でも、上級者でも、ガチで英語学習に取り組みたいと考えているなら、一回この本読んでおきましょう。

そして、英語の勉強というものの全体図を確認して、視界をクリアにしておくことをオススメします。

英語勉強本、おすすめ②外国語学習の科学

No.2
外国語学習の科学

英語 勉強 本 科学

科学的に「正しい」学習方法を知りたいなら、読んでおきたい一冊。第二言語習得に関する研究で判明していることを、ひと通り知ることができます。
オススメ度 (4.5)
レベル 初心者中級者上級者

ちょっと小難しそうなイメージを持つかもですが、意外とスラスラ読めます。

言語の研究者たちが調べあげたことを、私たち学習者が覗いておくことは、確実に役立ちます。特に「インプットとアウトプットのバランス」についての話は、マストで知っておきたい部分かな、と。

私はこの本を読んで、自分の学習方法がけっこう間違っていたことに気がつきました…

また、以下のような、誰もが気になるトピックも、満載です。

  • 英語と日本語が、どれほど異なる言語なのか
  • 英語を学ぶのに、適切な年齢はあるのか?
  • 英語を学ぶのに、向いてる人、向いてない人というのはいるのか?

ただ一冊目にこの本読むと、もしかしたら若干難しく感じるかもしれないので、2冊目とか3冊目に読むことをオススメします。

英語勉強本、おすすめ③村上式シンプル英語勉強法

No.3
村上式シンプル英語勉強法

英語 勉強 本 効率

その大胆な勉強方法に、なんだか「YES!」と大声で叫びたくなるような痛快さがある一冊。
オススメ度 (4.5)
レベル 初心者中級者上級者

著者の、村上憲郎さんは、元Google社長というとんでもない人。

この本では、そんな村上さんがどうやって英語を身につけたのか、知ることができます。

その勉強方法は、大胆で、かつ戦略的なやり方。

例えば、

  • 洋書を300万語読む
  • 単語は、毎日1万語眺めて覚える
  • 1000時間、音声を聴く
  • ライティングは無理だから、英借文

といった方法。

なかなかパンチ効いてます笑

特に「単語を毎日1万語眺める」とか、私には到底ムリだわ…ってなりました。。

しかし、そんな中、参考になる部分もけっこうあるんです。

勉強方法も具体的で、真似しやすい!

この本を読むと、やる気も湧いてくるので、気合入れたいときに読むのもアリ。

英語勉強本、その他の6冊も紹介

続きましては、オススメの3冊にはピックアップしなかった6冊の本を紹介していきます。

この中にも良書はあるので、ぜひチェックしていってください。

最後の英語やり直し!

オススメ度 (4.0)
レベル 初心者中級者上級者

著者の勝間さんは、もともと英語に興味がなかったらしいのですが、外資系の企業で働くことになり、英語が必要になってしまった人。

この本を読むと、そんな勝間さんが、必死で試行錯誤しつつ、英語を身につけていった様子を知ることができます。

例えば、1000時間はやろうとか、発音は必要最低限でOKとか、語彙は超大事とか、そういった話がギュッと詰まっています。

外国語上達法

オススメ度 (4.0)
レベル 初心者中級者上級者

外国語上達法という、そのままのタイトルにつられて読んでみましたが、思いのほか面白かったです。

言語学者の筆者(東京外国語大学の名誉教授)が長年かけて集めてきたコツ、というか言語学習における本質のようものをたくさん教えてくれます。

具体的な方法論というよりも、どちらかというと、その本質に迫るといった内容。

かなり古い本ですが、いまだに生き残ってる感じが、良本の証拠。

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください

オススメ度 (3.5)
レベル 初心者中級者上級者

アウトプットの重要性が説かれています。

まずはちょっとでも話せるようになってみたい、という初心者にオススメ。

何より、対話形式で読みやすいです。今回紹介している本のなかで、一番ハードルが低いです。

「本」というより、「漫画」を読む感覚に近いかも。

海外ドラマはたった350の単語でできている

オススメ度 (3.5)
レベル 初心者中級者上級者

日常会話って、実は、少ない単語数しか使われてないんだよ、という話をしてくれる本。

著者のCozyさんは、なんと実際に、ドラマ「Sex and the city」のシーズン1〜6を全部見て、使われている全ての単語数を調べたらしいです。。

で、調べてみたところ、セリフの80%を占める単語は、たったの「350」の単語だけだった、と。

もちろん、だからと言って350単語覚えれば話せるようになるのかと言われたら違うと思いますが、英語の勉強を堅苦しく考えすぎている人には響くんじゃないかな、と。

また、本の中で簡単なレベルテストができて、該当レベルごとに具体的な勉強方法を教えてくれるのが結構いい感じ。

日本人の英語勉強法

オススメ度 (3.5)
レベル 初心者中級者上級者

内容がとても平易なので、勉強法をザッと知りたいという場合にオススメ。

多くの日本人の思い込みと、それに対する反論という形で進みます。

英語の多動力

オススメ度 (2.5)
レベル 初心者中級者上級者

英語学習の具体的な方法は、ほぼ載ってないです。

しかし、勉強に疲れている人とか、まだ英語の勉強を始めようか迷っている人が読むと、響くものはあるかも。

英語学習における自己啓発本って感じです。

英語の勉強本を9冊読んで、分かったこと

はい、ということで、私が実際に読んできた英語の勉強方法に関する本を9冊ご紹介してきました。

それぞれの本から、たくさんのことを学ぶことができましたが、特に胸に響いたものは、以下5つ。

  • 地道にコツコツやるしかない
  • 勉強方法は、常に試行錯誤せよ
  • 洋書を大量に読め(多読についてはこちらも参考に)
  • ネイティブレベルは目指すな
  • 英語で伝える「中身」のある人間であれ

特に、試行錯誤することはめちゃくちゃ大事だと思うので、これからも「先人の勉強方法」から学ばせてもらう部分は学ばせてもらおうと思います。

ぜひ、あなたも色んな人の話を、本を通して聞いてみてくださいね。

最初の一冊がまだ決まってない人は、英語上達完全マップ↓からスタートしてみましょう。