【スタディング行政書士の評判】合格者がガチで体験してみた

スタディング 行政書士

行政書士試験の合格者が、スクールや通信講座を実際に使ってみるシリーズ第6弾(第1弾 第2弾 第3弾 第4弾 第5弾

今回は、「スタディング」を体験してみます!

スタディングは、スマホで学べるオンライン通信資格講座。

もともとは、「通勤講座」として2008年に始まったサービスとのこと(2018年に、スタディングに改名)

料金は、45,900円〜とかなり安くなってます。

安く、しかも手軽に勉強するツールとして使えそうですが、結局のところ講義内容などの「中身」がしっかりしてないと意味がありません。

maLuco

はたして、その辺りどうなのでしょうか?

ということで、スタディングの講義を実際に無料体験してみました!



スタディングについて、ザックリと確認

まずそもそも、スタディングとは、どんなサービスなのか?

それは、以下の動画を見ると、ザックリと把握できます。

ちなみにスタディングでは、行政書士だけではなく、

  • 中小企業診断士
  • 司法書士
  • 社会保険労務士

などなど、他の資格もたくさん扱っています。

スタディングの行政書士講座の、特徴は?

そんなスタディングの行政書士講座には、3つの特徴があります。

スタディングの行政書士講座の、特徴①スキマ時間での勉強に最適

まず1つ目は、スキマ時間での勉強に最適という点。

なぜかというと、

スタディング 行政書士 動画

↑こんな感じで、講義動画が「細切れ」になってるんです。

かなり細切れに区切ってます。

なので例えば、電車の待ち時間に「3分だけ見よう〜」とかできます。

もちろん、1時間とかの講義動画でも、一時停止していけば、3分ごとの勉強ができるわけですが、元からこの短い動画に分かれていると、中途半端なところでストップする必要がありません。つまり、気持ちよくスキマ時間を活用していける、と。

スタディングの行政書士講座の、特徴②問題演習をモバイルでやれる

次2つ目は、問題演習をモバイルでやれるという点。

これだけ聞くと、正直そんな大したことない気がします。

というか私も、スマホで問題演習できるサービスは他にもあるしなーって思ってました。

…しかし、スタディングの問題演習は、想像以上に良い!

というのも、いろんな種類の問題が用意されていて、問題量が半端なくあるんですよね。

流れも素晴らしい↓

スタディング 行政書士 流れ

私は、この問題演習の充実さを認識して初めて、「あ、確かにガチでスマホ1つで勉強できるわ」って納得しました。

詳しくは、あとで体験レビューのところで説明します。

スタディングの行政書士講座の、特徴③料金が45,900円〜と低価格

スタディング 行政書士 料金

最後、スタディングの特徴3つ目は、料金が45,900円〜と低価格というところ。

これは冒頭でも書きましたが、スタディングの料金、かなり安いです。

業界最安レベル。

しかも分割払いも可能なので、一気に払えないって人でも大丈夫。

それから、合格するとお金がもらえる「合格祝金」もやってますね。

アンケートと合格体験談を書けば、10,000円貰えます。

maLuco

アガルート の3万円の祝金に比べると、ちょっと弱いですが、スタディングは元々の料金が安いので、1万円でもかなり大きいイメージ。



スタディングの行政書士講座を体験してみた

ではさっそく体験していきましょう!

まずは体験の申し込みから。

行政書士講座体験申し込み方法

体験申し込みは、非常に簡単でした。

スタディングの公式サイトに行って、
スタディングを無料体験

スタディング 行政書士 無料

「無料講座を試してみる」というボタンをクリック。

そうすると、こういった画面↓が表示されるので、

スタディング 行政書士 体験

下にスクロールすると、

スタディング 行政書士 お試し

メールアドレスとパスワードの入力フォームがあります。

入力したら、登録完了!

簡単ですよね。名前すら、入力不要。

メールにURLが届くので、それをクリックすれば、

スタディング 行政書士 登録完了

こんな感じ↑で、ログイン情報が表示されます。

スタディングの行政書士講座の講義を受けてみた感想

スタディング 行政書士 マイページ

スタディングでは、無料体験でもたくさんの講義を視聴できます。

まず憲法の講義を見ることができて、そして、その講義に対応している「スマート問題集」「過去問解法講座」「セレクト過去問集」を体験できます。

スタディング 行政書士 無料体験

さらには、民法の「記述式解法講座」「記述式対策問題集」と、民法・行政法の「合格のための論点200」という講義まで。

結構ボリューミーです。

講義について

ということで実際、講義をひと通り受けてみました。

スタディング 行政書士 講義

パソコンでの講義画面は、こんな感じ↑

まず講義のクオリティですが、やや眠くなりそうな印象を受けるものの、コンパクトに上手くまとまっています。

ただ、フォーサイト伊藤塾アガルートなど講義が非常に上手いスクールと比べちゃうと、解説の丁寧さは欠ける、かな。

なので、初めて法律を勉強する場合、ちょっと難しく感じてしまうかもな…というのが私の感想。

スタディング 行政書士 テキスト

ちなみにテキストは、こんな感じ↑

カラフルで、見やすくなってます。

また、講義動画のサンプルは、YouTubeにも上がってました↓

今すぐ雰囲気だけでも確認したい場合は、見てみてください。



スタディングの学習フローは秀逸

しかし、スタディングは全体の流れが秀逸なんですよね。

すでに先ほどの特徴のところで書きましたが、とにかくボリューミーだし、知識をしっかり積み重ねていけるように組み立てられてます。

スタディング 行政書士 利用方法

ぶっちゃけると私、最初、講義の動画を見ただけの段階では、スタディング微妙かもなって思ったんですね。

でも、このインプット→アウトプットの流れに沿って実際に使ってみると、「う〜ん、意外とよくできてるな…」ってなりました。

では、一通り見てみましょう(ここからはスマホでのスクショを用います)

STEP.1
基礎講座
まずは、動画を見てインプットしていきます。

「基礎講座」です。

スタディング 行政書士 アプリ 使いやすさ

先ほども述べたように、動画の一つ一つが短く区切られているので、気楽に取り組めます。あと区切られているおかげで、インプットが自然と構造化されるというメリットもありますね。

ちなみに動画の視聴速度は、6段階(1.25倍〜3倍)で切り替えることが可能。私は1.5倍速で見ました。でもそうすると通信環境が悪かったせいか、たまに画像と音声でズレが生じてしまい…困りました。ただこれは、画質を「低」に下げることで解決。※画質は3段階(高・中・低)で切り替えることができます。

あと、音声だけのバージョンも簡単に切り替えられるのが良いなと思いました。

強いていえば、スマホの場合はテキストが同時に見れないのが残念(まあスペース的にそもそも難しいですね)

STEP.2
スマート問題集
続いて、さっそくアウトプットです。

まずは「スマート問題集」というもので、まるバツクイズ形式の出題になります。

スタディング 行政書士 アプリ 問題演習

サクサク進む!

基本部分が頭に入ってるかどうか、チェックできます。

スタディング 行政書士 アプリ 問題演習 回答

全問終わると、こんな感じ↓で、

スタディング 行政書士 データ

正解数を教えてくれます。

ちなみに、出題モードは「練習モード」「本番モード」「復習モード」の3パターンあります。

スタディング 行政書士 モード

特に、間違った問題だけを出題させたりできる復習モードは便利。

スタディング 行政書士 復習

あと細かいとことですが、これまで何回学習したか、最後にいつ学習したかというのも、簡単に確認できるようになってます。

スタディング 行政書士 アプリ 記録

自分の学習ログが自動的に取れるって、結構イイですよね。励みになります。

STEP.3
過去問解法講座
続いては、引き続きアウトプット

「過去問解法講座」です。

スタディング 行政書士 過去問解法講座

先ほどよりも難易度はグッと上がりますが、まずは一回自分で解いてみて、

スタディング 行政書士 過去問解法講座 解答

解説を確認しつつ(スマホだとちょっと見づらい)、解説動画で理解を深める、と。

スタディング 行政書士 過去問 動画

この過去問講座なんですが、想像してたよりずっと丁寧でビックリでした。

スタディング 行政書士 過去問 解説

なんと選択肢ごとの解説動画があるんです。講師の説明も、丁寧。

STEP.4
セレクト過去問集
続いて、まだまだアウトプット

お次は「セレクト過去問集」です。

ここでガンガン、過去問の数をこなしてアウトプットしていく感じですね。

スタディング 行政書士 セレクト過去問集

実際の出題と同じく、5つの選択肢から選んでいきます。

スタディング 行政書士 セレクト過去問集 選択肢

問題は全部で16問あったので、けっこうな量でした。ちょっと大変ですが、その分鍛えられます…!

STEP.5
記述式解法講座
続いては、記述問題の対策。

記述問題は、ちゃんとやれば点数稼げるところなので、しっかりやっていきたいところ。

スタディング 行政書士 記述 解説

まずは、解説動画でテクニックなどを学べます。

STEP.6
記述式対策問題集
続いて、また記述対策。

スタディング 行政書士 記述

ここで問題をたくさん解いていくことで、記述式にもガンガン慣れていけます。

スタディング 行政書士 記述 解答

STEP.7
合格のための論点200
さて、ここからは、プラスアルファな講座。

まずは「合格のための論点200」

スタディング 行政書士 合格のための論点 行政法

行政書士試験において、どんなポイントが重要なのか、学ぶことができます。

この講座を受けることで、勉強の効率をグッと上げられる、と。

スタディング 行政書士 合格のための論点

STEP.8
科目別一問一答
続いては、これまたプラスアルファな講座。

「科目別一問一答 合格の肢100」

ただこれは体験できなかったので、どんなものか分からず。

説明を見る限り、とにかくたくさん問題解いて実力あげてく感じの演習のようです。

STEP.9
合格答練
そして、ここからはまとめ。

まずは「合格答練」ということで、本試験レベルの本試験形の答練ができます。

STEP.10
合格模試
最後は、模試です。なんとオンラインで受講できます。

ということで、ザックリとですが、スタディングでの学習の、一通りの流れを見てきました。

ここまでやり切れば、相当チカラつくはず。

ってか、スマホ一つでここまでやれるのは本当すごい。便利な世の中ですね…

maLuco

スタディングを体験する際には、この流れ通りに沿って体験してみることをおすすめします。

スタディングの機能について

最後に、スタディングの機能で、これは良いなと思ったものを、ザッと紹介。

まずは、「メモ」と「マイノート」機能。

講義動画の上に、どちらも表示されているのですが、

スタディング 行政書士 アプリ 機能

それぞれクリックすると、まず「マイノート」は、こんな感じ↓

スタディング 行政書士 アプリ ノート

オリジナルなノートが、スマホ上で作れる、と。

MEMO
テキストの文字も、簡単にコピペできます。

そして「これは便利すぎる!」と思ったのが、この「暗記ツール」機能。

スタディング 行政書士 アプリ 暗記

こんな感じで、赤く隠せるんです。

これは、かなり使えません?

そして「メモ」は、こんな感じ↓

スタディング 行政書士 アプリ メモ

例えば、「ふと浮かんだ疑問点」など、「ノートに書くほどじゃないけどメモしておきたいこと」などなど、ちょっとしたことをメモするのに使えます。

maLuco

わざわざ別アプリのメモ帳とか開かずにメモ取れるのは、意外と便利。

それから、学習レポートってのも割と良かった。

スタディング 行政書士 学習レポート

↑こんな感じで、自分の学習記録がグラフで見れます(これはパソコンのスクショ画面ですが、もちろんスマホでも見れます)

あとは、勉強仲間という機能もイイ!

スタディング 行政書士 友達

SNSみたいな感じで、みんなの勉強記録の投稿をみることができます。

資格の勉強って、基本孤独ですからね…何気に励まされそう。

maLuco

そういえばこのSNS、けっこう頻繁に投稿されてたので、スタディングって使ってる人多いんだなと思いました。



スタディングの行政書士講座の料金とコース

スタディング 行政書士 料金

そんなスタディングですが、行政書士講座のコースは、基本的に以下2つです。

行政書士総合コース 59,800円(税抜)
行政書士合格コース 45,900円(税抜)

シンプルですね!

で、この2つのコースの違いもシンプルです。

スタディング 行政書士 コース

この表を見れば分かる通り、「合格のための論点200」などの講座や、模試があるかどうか。

どっちがいいかなーって迷うかもしれませんが、私だったら、全部揃ってる「行政書士総合コース」にします。

というのも実際に使ってみたところ、合格のための論点200などのプラスアルファな講座を受けることで、かなり効率上がると感じたし、逆にこういった講座を抜くとなると、ちょっと情報量が少ないかな、と。

そこまで値段も変わらないので。

ちなみに、総合コースのカリキュラムの詳細は以下の画像の通り。

スタディング 行政書士 カリキュラム

うん、やっぱどう考えても、59,800円で、これはかなりお買い得でしょ。

MEMO
ここで紹介した二つのコース以外には、再受験者向けの「行政書士実践コース」と、更新版の「行政書士合格コース」というものあります。これらを利用する方は少ないと思いますが、チェックしたい場合は、公式サイトにて詳細を確認してください→スタディング

スタディングの行政書士講座は、こんな人にオススメ

スタディングは、以下に当てはまる人にオススメです。

スタディング向いてる

  • 法律の勉強をちょっとでもしたことがある
  • なるべく外出時のスキマ時間を利用して勉強したい

料金はお買い得だし、問題演習機能もかなり優れてますが、それでも初学者にはちょっとハードル高いかなと感じます。

なので、大学の授業などで法律を習ったことがある人や、すでに独学で勉強をちょっとやった人にしかオススメできないかな、と。

それから、スキマ時間の勉強に最適なツールなので、特に忙しい人はスタディングかなり使いやすいはず。

スタディングの行政書士講座は、こんな人にオススメしない

逆に、スタディング向いてないのは、以下のような人。

スタディング向いてない

  • 法律勉強を始めてする人
  • 家で机に向かってじっくり勉強したい人
  • サポートもちゃんとしてもらいたい人

まあこれは、先ほどの逆なので分かりますよね。

自分がこれから初めて法律の勉強するなら、別のスクールを使います。

同じような通信講座なら、フォーサイトがベスト。とにかく講義が易しくて、分かりやすいので。

あとサポート(相談や質問など)をしっかりやってもらいたい場合は、伊藤塾など、がっつり「スクール」って感じのところを選んだ方がいいです(料金は上がりますが)

スタディングの行政書士講座のQ&A

無料講座だけ受けても大丈夫?

大丈夫です。

講師に質問できないの?

できません。

紙の教材はないの?

あります。ただし、有料(13,900円・税別)になります。

スタディングの支払い方法は?

クレジットカード、ペイジー支払、コンビニ支払、銀行振込、ローン(分割払い。条件あり)

スタディングの行政書士講座まとめ

はい、ということで以上、スタディングの行政書士講座についてみてきました。

いかがだったでしょうか?

最後、これだけは覚えておいて欲しいのですが、、

結局のところ、こういったサービスというのは、自分で体験してみないと、自分に合うかどうかは、判断できません。

なので、「スタディング気になるな〜」って人は、勇気を出して、一歩踏み出してみてくださいね!