法的効力のない同性パートナーシップには、意味あるの?メリットデメリットを検証!

同性パートナーシップ 意味

2019年6月現在で、同性パートナーシップ証明ができる自治体は、22!

かなり増えてきましたが、ほとんどの自治体のものは、法的効力のないものです。

法的効力がないなら、登録しても意味ないんじゃないの?

そんな風に考える人も、いると思います。

しかし、本当に意味はないのでしょうか?

このページでは、そういった「法的効力のない同性パートナーシップ」のメリットとデメリットを紹介しています。

実際に、意味はあるのか、ないのか、一緒に考えてみましょう!

maLuco

パートナーシップ登録しようかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてね!
注意
「法的効力を持つ」証明書が取得できる自治体(渋谷区など)の話ではないので、ご注意を。

同性パートナーシップ証明のメリット

法的な効力がなくても、メリット、結構あるんじゃないかなって私は考えています。

具体的には、5つ!

順に、見ていきましょう。

同性パートナーシップのメリット①二人の絆が深まる

まず、二人の絆が深まる!

これが一番大きいんじゃないかな。

わざわざ公の機関に、二人の関係性を登録するってのは、ある程度の覚悟がなければできないですよね。

婚姻ほどじゃないけど、それなりの「節目」としての役割を持つものになるはず。

なので、登録すれば、目には見えないキズナといったものが、深まりそう!

同性パートナーシップのメリット②いざという時に役に立つ可能性はある

法的な効力はないと言いつつも、パートナーシップ証明書が何かの役に立つ可能性はあると思います。

例えば、医療の現場で「親族以外は面会できません」なんて言われてしまった場面を、想像してみてください。

そういった場面で、もしパートナーシップ証明書を見せたら、お医者さんも考え直してくれるかもしれません。
(実際どうなのかは分かりません。想像です!)

法的効力はなくても、人の心を動かす力はありそうな気がします。

同性パートナーシップのメリット③同性カップルの存在を、社会に主張できる

それから、社会的主張にもなり得る、というのも一つのメリット。

パートナシップの登録数が増えれば増えるほど、同性カップルの存在は可視化されていきますよね。

やっぱ存在するんだな、意外と多いんだな。

って捉えられることになれば、大きな意味があります。

自分の行動が、一つの社会的主張になる、ということです。

同性パートナーシップのメリット④二人の思い出になる

それから、二人の思い出になる、といった面もあるんじゃないでしょうか。

あそこに住んでた頃は、パートナーシップ登録とかしたよね〜
担当してくれた人が、〇〇だったよね〜、懐かしいねぇ。
あれから二人のキズナ、深まったよね〜

とか、おばあちゃんになってから、二人で語れるかもしれません。

同性パートナーシップのメリット⑤レアな体験となる

同性パートナーシップ制度の多くは、同性カップルしか使えません。
(※そうでない自治体もある)

これはある意味、レアです。

同性カップルにしか、体験できないものです。

さらに言えば、同性間でも結婚できるようになれば、パートナーシップ制度がなくなる可能性もあるので、

「今」しか使えない制度になるかもしれません。

そして、「同性パートナーシップに登録してた人」ってのも、レアな存在になりえます。

2019年春、登録しているのでは、400組くらいです。

つまり、日本に800人しかいません…レアな存在
(何の役にも立たない可能性高いけど笑)

同性パートナーシップ証明のデメリット

では、逆にデメリッットも見ていきましょう。

同性パートナーシップのデメリット①公にカミングアウトすることになる

一番はやっぱり、「公にカミングアウトする」、ってことになっちゃうことです。

これに抵抗を感じる人、結構いるんじゃないかな。

でも、登録していることが他言されることはないとのことなので、そこまでビクビクする必要はないんじゃないかなって思いますが、どうなんでしょう。

同性パートナーシップのデメリット②手続きが意外と面倒かも

自治体によっては、住民票が必要だったり、登録日の調整だったり、意外と面倒な作業が発生する可能性が、あります。

同性パートナーシップのデメリット③引っ越したら意味なくなる

今のところ、パートナーシップ制度は限られた自治体の中だけでの制度なので、
その自治体から引っ越ししてしまったら、意味なくなっちゃいます。

登録した意味…

ってなっちゃう人もいるかもしれません。
(まあ申請する段階、引っ越したらそうなることは分かると思いますが)

同性パートナーシップに意味はある?まとめ

以上、法的効力のない同性パートナーシップ制度に意味はあるのかないのかということで、制度のメリットデメリットを見てきました。

考えようによっては、メリットも結構ありますよね。

私は、そんな深く考えないで、もし登録できる自治体にいるなら、やっておいても損しないんじゃないかな〜って考えです。

むしろレアな体験できて良さそうですよね。

maLuco

社会的な意味も持ったら、さらにGood!

ってことで、我が家も検討中です。

これから登録しようか迷っている人は、ここで挙げたようなメリットデメリットを、ぜひパートナーと話し合ってみてくださいね!