【オンライン英会話の流れ9ステップ】現役レッスン生が解説します

オンライン英会話 流れ

お悩み

オンライン英会話の流れって、どんな感じなんだろう?

まだレッスン未体験であれば、こんな疑問を持つのも当然ですよね。

しかし、英会話レッスンの流れは、とてもシンプル

シンプルなのですが、より詳しく把握できるように、9つのステップに分解してみました。

ということで、このページでは、現役レッスン生の私が、その9ステップの流れを、丁寧に解説していきます。

maLuco

流れを把握できれば、不安も飛んでく〜!

オンライン英会話のレッスンの流れは、9ステップ

まず、ほとんどオンライン英会話スクールのレッスンは、基本的に、25分のマンツーマンレッスンです。

中には、25分以下でもOKとしているスクール(ネイティブキャンプ)や、グループレッスンがメインのスクール(EF English Live)などもありますが、それは例外的。

そして、レッスンは、基本的に「教材」を軸に進めていきます。(教材を利用しないフリートークレッスンなどを除く)

MEMO
教材は、スクール独自のテキストをメインにしているスクールもあれば、市販テキスト(例えば、side by sideなど)もガッツリ使ってるスクール、さらには、講師オリジナルの教材を利用するスクールもあります。

このページでは、教材を利用する場合でのレッスンの流れを、紹介していきます。

レッスンの流れは、以下の9ステップ。

詳しくは、後ほど見ていくので、ここではザックリした流れを確認しましょう。

STEP.1
レッスン予約
オンライン英会話では、レッスン毎に予約が必要なスクールが、ほとんどです。
STEP.2
(予習)
自主的に行うもの。
STEP.3
通信スタート
skypeや独自システムで、通信をスタートさせます。
STEP.4
軽い挨拶
まずは、挨拶。自己紹介など。
STEP.5
(前回の復習)
復習の時間が、レッスン内で設けられているスクールのみ。
STEP.6
教材を使ったレッスン
教材に沿って、レッスンを進めていきます。
STEP.7
時間がきたら、レッスン終了
終了時間がきたら、レッスン終了。
STEP.8
次回の予約
次回のレッスンの予約をします。
STEP.9
(復習)
自主的に行うもの。

以上となります。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

オンライン英会話の流れ①レッスン予約

1つ目のステップは、レッスンの予約です。

予約が不要な「ネイティブキャンプ」や「Cambly」などのスクール以外では、予約しないとレッスンを受けられません。

どうやって予約するかというと、まず、スクールのウェブサイトで、レッスン予約画面を開くと、

例えば、こんな感じ↓で、条件入力画面が出てきます。

イングリッシュべル 予約(「イングリッシュベルの条件入力画面」)

なので、そこで、

・日時
・講師の性別
・コース、教材、クラス

などの条件を入力し、予約可能な講師を表示させます。

で、表示された講師の中から、良さげな講師を、自由に選んでいきます。

オンライン英会話の流れ②予習

2つ目のステップは、レッスンの予習です。

レッスンの予約ができたら、そのレッスンに向けて予習を行います。

例えば、どんな予習をするかというと、

・レッスンで使う教材を、ひと通り読んでおく
・前回できなかったものを、あらめて見かえしおく

などですね。

予習は、自主的に行うものなので、必ずしも必要なわけではありません。

ただもちろん、予習した方がレッスンの濃度は高くなります。
予習の仕方がイメージ湧かないという場合は、スタディサプリENGLISHとネイティブキャンプのセットプランがおすすめです。

スタディサプリでインプット→その内容をオンライン英会話でアウトプット、という流れを自動的につくれます。
スタディサプリ ネイティブキャンプスタディサプリ×ネイティブキャンプは効果ある?【体験レビュー】

オンライン英会話の流れ③通信スタート

3つ目のステップは、通信スタートです。

通信スタートって何?

って感じだと思いますが、

skypeを利用するスクールの場合だったら、予約時間に、講師からのskypeコールを受けること。

そして、独自のシステムを利用しているスクールの場合は、レッスンを受けられるページがあるので、そのページに入ることを指します。

レッスン時間の5分前くらいには、パソコンの前でスタンバイしておくようにしましょう!

maLuco

最初は、この通信が始まる瞬間、キンチョーしますが、そのうちスグ慣れます。

オンライン英会話の流れ④軽い挨拶

4つ目のステップは、軽い挨拶

レッスンが始まったら、まず、だいたい「How are you?」と聞かれます。

これに対してどうやって答えていくかというと、

いろんな言い方がありますが、とりあえず

・普通に元気だったら、「I’m good.」
・めちゃくちゃ調子良い感じなら、「I’m excellent!」
・まあまあな感じの時は、「I’m okay.」

って感じで答えれば、大丈夫です。

maLuco

全部覚えられなかったら、とりあえず「I’m good」だけは、覚えておきましょう!

さらに、答えた後に、「How are you?」って自分からも、講師に質問してあげた方がベターですね。「I’m good. How are you?」といった感じで。

そして、初めてレッスンを受ける講師であれば、続けて、自己紹介もします。

名前だけで終わらす講師もいれば、仕事とか趣味とか、長々と膨らます講師もいます。

いきなり聞かれたらキョドリそう…という人は、

・名前
・職業
・趣味

以上の3つは、言えるように考えておきましょう。

例えば、

I’m Taro Yamada.
I’m office worker.
I like watching movies.

という感じで、シンプルなものでOKです。

オンライン英会話の流れ⑤前回の復習

5つ目のステップは、前回の復習

とはいえ、この復習タイムを設けてくれてるスクールは少ないのですが、、、

私が最終的に選んだ、hanasoというスクールでは、復習タイムがあるので、一応入れました。

hanasoでは、レッスンが始まると、毎回講師が、「最初にレビュー(復習)する?」って聞いてくれるので、私は必ずレッスン中にやるようにしています。

前回の分のレッスンだけでなく、これまで受けたレッスンすべての復習を、ランダムでやることができます。

maLuco

ちょっと余談ですが、「復習、サボりそう…」という人は、hanasoのように復習のシステムを用意してくれているスクールを選ぶことを、私はオススメします!

オンライン英会話の流れ⑥教材を使ったレッスン

6つ目のステップは、教材を使ったレッスン

ここから、今回の分の、レッスンが本格的に始まります。

同じコース・教材で進めているなら、「前回の続き」の部分からスタートしていきます。

レッスン内容は教材によって異なるので、一概に言うのは難しいのですが、、

共通して言えるのは、とりあえず掛け合いがメインになっているものが多いです。

つまり、どっちかだけが一方的にしゃべる、ということは少ないということ。

オンライン英会話の流れ⑦時間が来たら、レッスン終了

7つ目のステップは、レッスンの終了です。

講師の方から、もう終わりです、と言ってくれます。

時間きっかりに終わる講師もいれば、中途半端な感じだったら、数分伸ばしてやってくれる講師もいたり。

お別れの場面では、とりあえず

「Thank you!See you again!」

って言っておけば大丈夫です。

オンライン英会話の流れ⑧次回の予約

8つ目のステップは、次回の予約ですね。

これは、レッスン直後に必ずしもやる必要はないのですが、

できたらレッスンが終わったら、すぐに次回の予約をしちゃいましょう。

後回しにしちゃうと、予約することを忘れちゃったり、面倒くさくなっちゃうので。

オンライン英会話の流れ⑨復習

9つ目、最後のステップは、復習です。

次回の予約と同じく、これも、レッスン後すぐにやっちゃうのがコツ。

例えば、

・レッスンで間違えた単語を復習
・言いたかったけど、言えなかったフレーズを調べる

などなど、復習できることはたくさんあります。

予習と同じく、復習も自主的に行うものなので、結構サボりがちですが、、

復習を真面目にやることで、上達スピードが上がるのは、明らかですよね。

とはいえ、私もそんな完ペキにやっているわけではなく、、余裕がない時は、5分だけやる!みたいな感じでやってます。

短い時間でも、何もやらないよりはマシかなと。

オンライン英会話のレッスンの流れまとめ

はい、ということで以上、オンライン英会話のレッスンの流れを見てきました。

いかがだったでしょうか。

流れが一通り分かったら、レッスンへの不安も、少しは軽減されたのではないでしょうか?

それでも、まだ不安を感じていたり、レッスンの流れがうまくイメージできないって人は、一度体験レッスンを受けてみてください。

maLuco

一回でも受ければ、「なるほど、こういう感じね」って、スグに把握できます。

体験レッスンに関しては、こちらの記事を参考に↓