I’m just sayingの意味や使い方を学ぼう【Lの世界で英語の勉強vol.37】

I'm just saying 意味 使い方

海外ドラマ「Lの世界」を使って、英語の勉強をしていくシリーズ第37回目!

今回は、I’m just sayingの使い方を学びましょう。

まずは、始める前に、前回の復習。

復習
「get laid」を使って、一文作ってみましょう!

もし何も浮かばないようであれば、前回の記事、get laidの使い方を学ぼう【Lの世界で英語の勉強vol.36】に戻って復習してくださいね。

では、第37回目行きましょう〜!

今回は、season2とseason5から会話をピックアップしていきます。

Lの世界 配信

これまでDVDでしか観ることのできなかった「Lの世界」が、ついにU-NEXTで観れるようになりました!

しかも、6シーズン、まるまる全て配信されています。



U-NEXTは、月額1,990円(税抜)かかりますが、無料トライアルを利用すれば、31日間タダで視聴できます。

1分で、登録完了

  • 40,000本以上が見放題
  • 70誌以上の雑誌も読み放題
  • 600円分のポイントプレゼント

「I’m just saying」の意味や使い方は?

I’m just sayingは、「言っているだけ」という感じで、そのまんまの意味です。

「一応言っておくけど」とか、「ちょっと思ったから、言ってみただけ」みたいなニュアンスですね。

このフレーズは、単体だとちょっと分かりづらいので、、

実際に、海外ドラマ「Lの世界」でどんな使われ方がされているか、さっそく見てみましょう!

Lの世界で「I’m just saying」の使い方を学べるシーン①

キットが運営するカフェ「プラネット」の、ライバル店「SheBar」について、アリス達が話しているシーン。

I'm just saying 意味 使い方1

アリス:
You know those fucking SheBar girls?They came and they tried to shut the production down.
「SheBar」のヤツらが来て、プロダクション潰しにきたのよ。

キット:
Get the fuck out.
ウソでしょ。

アリス:
I’m not kidding.
本当。

キット:
You know…You know,we’re going to take them down.That’s it.It’s on.Are you guys with me?
ねえ、あいつらを痛い目にあわせてやるわ。味方してくれる?

シェーン:
Yeah.I’m always with you.
いつも味方だよ。

キット:
Seriously.
真面目な話。

アリス:
I am.I wish Tasha was here.She’d know what to do.
私も味方よ。ターシャがいてくれたらな。彼女だったら、どうすればいいか分かるはず。

シェーン:
Then give her a call.
じゃあ電話すれば。

(アリスが、シェーンをちょっと睨む)

I'm just saying 意味 使い方2

シェーン:
I’m just saying.Come on.
言ってみただけ。怒んないでよ。

(season5/episode6)

Lの世界で「I’m just saying」の使い方を学べるシーン②

落ち込んだベットを、キットが励ますシーン。

I'm just saying 意味 使い方3

キット:
We could at least pretend to be human.
少なくとも人間らしくしなきゃね。

キット:
Let me talk to Tina.
ティナに話をさせて。

ベット:
What would you say?
何て言うの?

キット:
That my sister is a pooty-chasing dog who deserves to be tied down and whupped upside the head,
「うちの妹は、確かにバカな浮気女でお仕置きされて当然。」

キット:
but it doesn’t change the fact that she loves you more than she loves her own life,
「だけど、あなたを自分以上に愛しているっていう事実は、変わらないわ」

キット:
and that you should finish punishing her and get back to figuring out how to live with one another for the next 50 years or more.
「だから、そろそろ許して、この先50年を共に生きていってよ」って。

ベット:
You could give it a try.
そうね、試しに言ってみて。

(それでも落ち込んでるベットを、キットが見て)

キット:
Now,don’t you go and pull a Marina※ on me,now.
マリーナみたいに、自殺しようとしないでね。

ベット:
Kit.
まさか。

I'm just saying 意味 使い方4

キット:
I’m just saying.
念のためよ。

(season2/episode1)

MEMO
※Marinaは、自殺を図った登場人物。

Lの世界を通して学ぶ「I’m just saying」の使い方、まとめ

以上、第37回目は、I’m just sayingを取り上げてみました。

フレーズ単体だとちょっと意味がつかみづらいですが、会話を通して見てみると、理解できたんじゃないでしょうか?

(掲載画像の引用元:Lの世界season2Lの世界season5

英語オススメ本

Lの世界 配信

「Lの世界」は、U-NEXTで観ることができます。

無料トライアルを利用すれば、31日間0円で視聴可。

1分で、登録完了

  • 40,000本以上が見放題
  • 70誌以上の雑誌も読み放題
  • 600円分のポイントプレゼント



以下の記事も、オススメです

英語 勉強 ドラマ 方法海外ドラマを、英語の勉強に活用するための3つの手順【レベル別】 hanaso 英会話フレーズhanasoの英会話フレーズは、かなり使える【教材の利用レビュー②】 英会話 勉強 おすすめ 本英会話って、どうやって勉強したらイイの?と困った時に読むべきオススメの本2冊