amazonで1,000ポイント貰う方法

flatterの使い方を学ぼう【Lの世界で英語の勉強vol.29】

flatter 使い方

海外ドラマ「Lの世界」を使って、英語の勉強をしていくシリーズ第29回目!

今回は、flatterの使い方を学びましょう。

まずは、始める前に、前回の復習。

復習
「exactly」を使って、一文作ってみましょう!

もし何も浮かばないようであれば、前回の記事、exactlyの使い方を学ぼう【Lの世界で英語の勉強vol.28】に戻って復習してくださいね。

では、第29回目行きましょう〜!

今回は、season2と、season4から会話をピックアップしていきます。

「flatter」の使い方を、Lの世界を通して学ぼう

flatterは、「お世辞を言う」や「おだてる」といった意味。

ドラマなどでも良く聞くのが、褒められた時の返事としての、

「I’m flattered.」
光栄です。

といった使われ方。

では実際に、Lの世界でどんな使われ方がされているか、見てみましょう。

Lの世界で「flatter」の使い方を学べるシーン①

ヘレナが、ティナのオフィスを訪ねてきたシーン。

flatter 使い方1

ヘレナ:
Where’s Tina Kennard?
ティナ・ケナードは、どこかしら?

You wrote this proposal?
あなたがあの申請書を書いたのね?

ティナ:
Yes.
そうです。

ヘレナ:
It brought tears to my eyes.
素晴らしくて涙が出たわ。

flatter 使い方2

ティナ:
Thank you.I’m flattered.
ありがとうございます。光栄です。

(season2/episode5)

Lの世界で「flatter」の使い方を学べるシーン②

ベットの生徒であるナディアが、ベットにグイグイいくシーン。

flatter 使い方3

ナディア:
I Mean,in a cloistered environment like a university,it would be absurd to think the there weren’t relationships between faculty and students.
大学みたいな閉鎖的なところで、教授と学生が関係を持たないって考える方が不自然です。

ベット:
I hadn’t given it much thought,to be honest,Nadia.
私には正直ピンとこないわ。

ナディア:
Well,I know the students in your college have.I know at least 20 who would love to be with you.
でもこの大学に20人はいますよ。あなたに恋してる学生が。

flatter 使い方4

ベット:
That’s very flattering.
お世辞が上手ね。

(season4/episode3)

Lの世界を通して学ぶ「flatter」の使い方、まとめ

以上、第29回目は、flatterを取り上げてみました。

flatterは、第4回目のシーン②にも出てきます。

時間がある方は、そちらも是非チェックしてみてくださいね。

英語オススメ本

Lの世界のDVDは、意外と安い

どこの動画配信サービスでも、配信されてないので、観るならDVDのみ!

(掲載画像の引用元:Lの世界season2Lの世界season4

以下の記事も、オススメです

英語 勉強 ドラマ 方法海外ドラマを、英語の勉強に活用するための3つの手順【レベル別】 hanaso 英会話フレーズhanasoの教材「英会話フレーズ」は、やっぱり最強かもしれない 英会話 勉強 おすすめ 本英会話って、どうやって勉強したらイイの?と困った時に読むべきオススメの本2冊