amazonで1,000ポイント貰う方法

supposed toの使い方を学ぼう【Lの世界で英語の勉強vol.18】

supposed to 使い方

海外ドラマ「Lの世界」を使って、英語の勉強をしていくシリーズ第18回目!

今回は、supposed toの使い方を学びましょう。

まずは、始める前に、前回の復習。

復習
「I hope」を使って、一文作ってみましょう!

もし何も浮かばないようであれば、前回の記事、I hopeの使い方を学ぼう【Lの世界で英語の勉強vol.17】に戻って復習してくださいね。

では、第18回目行きましょう〜!

今回も前回に引き続き、season2から会話をピックアップしていきます。

「supposed to」の使い方を、Lの世界を通して学ぼう

supposed to〜は、「〜することになっている」「~するはずである」という意味です。

例えば、

「She’s supposed to be at home today.」
彼女は、今日家にいるはず。(家にいることになっている)

といった形で使います。

また、副詞の「supposedly」は、「たぶん」「おそらく」という意味。

では実際に、Lの世界でどんな使われ方がされているか、見てみましょう。

Lの世界で「supposed to」の使い方を学べるシーン①

アリスが、シェーンに秘密(ティナが妊娠していること)を暴露しようとするシーン。

supposed to 使い方1

アリス:
I have to tell you something I’m really kind of not supposed to tell you.
言わなきゃいけないことがあるの。言っちゃいけない(言わないことになってる)ようなことだけど。

シェーン:
Fight the urge.
じゃあ言わないで。

アリス:
But I can’t.
我慢できない。

シェーン:
Try.
トライして。

(season2/episode3)

Lの世界で「supposed to」の使い方を学べるシーン②

カルメンがジェニーについて、シェーンに聞く場面。

supposed to 使い方2

カルメン:
You know what※?I really don’t know.Is…Is Jenny always so weird?
あのさ、ちょっと分かんないんだけど…ジェニーっていつも変なの?

シェーン:
She’s not weird※.She is great.
変じゃないよ。いい子だよ。

カルメン:
Well,maybe she’s one of those people that’s, you know…She’s constantly in her head.
じゃあ、多分彼女は頭の中であれこれ考えるタイプの人ね。

supposed to 使い方3

シェーン:
Carmen,she’s a writer.She’s supposed to be like that.
彼女は作家だからね。そういうもんでしょ(そうであるはずでしょ)

(season2/episode5)

プラスα
第8回目で学んだ「You know what」、そして、第9回目で学んだ「weird」も出てきてます。

Lの世界で「supposed to」の使い方を学べるシーン③

ティナとヘレナの、ひとコマ。

supposed to 使い方4

ティナ:
Did you cook all this?
これ全部作ったの?

ヘレナ:
I gave Sandra the night off.
サンドラ(使用人)は休ませたの。

ティナ:
You mean we’re completely alone?
私たち完全に二人きりってこと?

That looks amazing.
美味しそう。

ヘレナ:
I was actually thinking of becoming a chef at one point.
シェフになろうと考えてたこともあるのよ。

ティナ:
You’re just full of surprises.
あなたって驚きね。

supposed to 使い方5

ヘレナ:
Now,look,I know you’re not supposed to,but this is too good to miss.
ねえ、飲まないことになってるだろうけど、これいいワインなの。

ティナ:
Just a sip.
ひと口だけ。

(season2/episode9)

Lの世界で「supposedly」の使い方を学べるシーン

最後は、副詞のsupposedlyが使われてるシーン。

シェーンが、アリスとデイナがこっそり付き合ってることに気がつき、アリスに、どうなってるの?と聞く場面。

アリスは、自分のことを聞かれたとは思わず、ティナの話かと勘違いします。

シェーン:
So you want to tell me what’s going on※?
何が起こってるか教えてくれるの?

supposed to 使い方6

アリス:
I don’t know.Supposedly Tina found a girl she likes.
分かんない。たぶんティナが好みの子を見つけたのよ。

シェーン:
No,I mean with you and Dana.
そうじゃなくて、あんたとデイナのこと。

アリス:
I don’ know what you’re talking about.
何言ってるか分かんないわ。

(season2/episode2)

プラスα
第14回目で学んだ「what’s going on」が出てきてますね。

Lの世界を通して学ぶ「supposed to」の使い方、まとめ

以上、第18回目は、supposed toを取り上げてみました。

近い意味を持つ「should」と、どう違うのかというと、

shouldの方が、任意な感じ。

例えば、

「You should go there.」
あなたはそこに行くべきだよね。
(だけど、行くことは義務ではない)

一方、supposed toは、義務感のあるニュアンス。

そうであるはずだよね、そうすることになってるよね、といった感じで。

例えば、

「You are supposed to go there.」
あなたはそこに行くはずだよね。

こっちの方が、義務感(〜であるべき感)ありますよね。

maLuco

ちょっと難しいですが、使い分けられるようになりましょー!
英語オススメ本

Lの世界のDVDは、意外と安い

どこの動画配信サービスでも、配信されてないので、観るならDVDのみ!

(掲載画像の引用元:Lの世界

以下の記事も、オススメです

英語 勉強 ドラマ 方法海外ドラマを、英語の勉強に活用するための3つの手順【レベル別】 hanaso 英会話フレーズhanasoの英会話フレーズは、かなり使える【教材の利用レビュー②】 英会話 勉強 おすすめ 本英会話って、どうやって勉強したらイイの?と困った時に読むべきオススメの本2冊