amazonで1,000ポイント貰う方法

【Lの世界で英語の勉強vol.12】season1で出てくる、レズビアン関連単語とフレーズ3選

レズビアン 英語 Lの世界

海外ドラマ「Lの世界」を使って、英語の勉強をしていくシリーズ第12回目!

今回は、番外編的な感じで、season1で出てくる、レズビアン関連単語とフレーズを3つご紹介します。

と、その前に、前回の復習。

復習
「what if」を使って、一文作ってみましょう!

もし何も浮かばないようであれば、前回の記事what ifの使い方を学ぼう【Lの世界で英語の勉強vol.11】に戻って復習してくださいね。

では、第12回目行きましょう〜!

season1に出てきた、以下3つの単語とフレーズをみていきます。

①so gay
②lezzie
③has-bian

レズビアン関連フレーズ「so gay!」/めっちゃゲイ!

まずは、so gay.

「You are so gay!」で、あなためっちゃゲイだね!完全にゲイだね!みたいな意味になります。

女の子を目で追っている女友達がいたら、ぜひ言ってあげましょう。

Lの世界で「so gay」が出てくるシーン

so gay

デイナが、カフェの外を歩くジェニーを見つけ、目を輝かせるシーン。

アリスとティナに、ゲイゲイしすぎると突っ込まれます。

デイナ:
Hello
ハロー。

so gay 使い方2

アリス:
you are just so gay.
あんたは完全にゲイよ。

so gay 使い方1

ティナ:
so gay.
本当、ゲイだわ。

デイナ:
I know.I kow.
わかってる。わかってるわよ。

(season1/episode1)

レズビアン関連単語「lezzie」/レズビアン(の)

お次は、ドラマの中で何度も見かけた、単語「lezzie」

これは、「レズビアン(の)」という意味の、俗語。

Lの世界で「lezzie」が出てくるシーン①

もろビアンな服装のシェーンに、デイナが文句つけるシーン。

lezzie 使い方1

デイナ:
You know,do you have to dress like that all the time?
いつもそんな感じの服を着る必要、ある?

シェーン:
Like what?
そん感じって?

デイナ:
Well,I wouldn’t be seen on the street with you.
道を一緒に歩けないわ。

シェーン:
Yeah?
そう?

デイナ:
I mean,every single thing about the way you’re dressed,like,screams”dyke”.
だって、あなたの着こなしじゃ、「ダイクです」って叫んでるみたいなもんじゃない。

アリス:
God,Dana…
やめなよ…

シェーン:
Sorry,man.
悪いね。

デイナ:
What? Look if I’m outed,I’m screwed,Alice,all right?
何よ?もしバレたら困るのよ。分かるでしょ?

lezzie 使い方2

デイナ:
Sponsors aren’t exactly clamoring to have their stuff rapped by big old lezzie tennis players.
レズビアンのテニスプレイヤーじゃ、スポンサーもつかないの。

(season1/episode1)

Lの世界で「lezzie」が出てくるシーン②

ララが、レズビアンかどうか、皆で確かめに行くシーン。

ちなみに、第5回目でも取り上げたシーン。

lezzie 使い方3

アリス:
All right,so far, it’s neck and neck.
今のところ、五分五分だね。

lezzie 使い方4

ベット:
Yeah,but she got some good lezzie points for her walk and the way she wields that chopping knife.
そうね、でも、歩き方や包丁さばきは、レズビアンっぽいけど、

シェーン:
But she’s way femme on the coiffure tip.
でも、髪はフェミニン。

アリス:
And her reaction to the two of you kissing was split,because she didn’t freak out,which is a good sign,but she hardly paid any attention.
二人のキスに眉はひそめなかったのは良いサインだけど、興味なさげだった。

(season1/episode3)

レズビアン関連単語「has-bian」

最後3つ目は、has-bian.

has-bian(hasbian)は、「今は異性愛者だけど、昔レズビアンだった人」のこと。

Lの世界で「has-bian」が出てくるシーン

ベットが、ピーボディ夫人に会いに行ったシーン。

このシーンは、第7回目でも出てきました。

hasbian 使い方

ピーボディ夫人:
You’re the lesbian.
あなた、あのレズビアンね。

ベット:
Excuse me?
何ですって?

ピーボディ夫人:
The lesbian museum director.
レズビアンのミュジーアムディレクター。

ベット:
I’m sorry?
何です?

ピーボディ夫人:
I was a lesbian in 1974.
私は1974年レズビアンだったわ。

ベット:
Just 1974?
1974年だけですか?

ピーボディ夫人:
Just 1974.That was all I needed.
1974年だけ。それでたくさん。

hasbian 使い方2

ベット:
Well,you know,that is what we refer to as a “has-bian”.
そんな人を、ハズビアンと言うんです。

ピーボディ夫人:
A has-bian.That’s hilarious!
ハズビアン。それ傑作ね!

(season1、episode3から)

Lの世界を通して学ぶレズビアン関連単語、まとめ

以上、第12回目は、so gay、lezzie、has-bianを取り上げてみました。

いかがだったでしょうか。

lezzie、has-bianの二つは、私も初めて知りました。

maLuco

こういう単語見ると、テンション上がっちゃう!

引き続き、レズビアン関連のワードやフレーズが出てきたら、ご紹介していきます!

英語オススメ本

Lの世界のDVDは、意外と安い

どこの動画配信サービスでも、配信されてないので、観るならDVDのみ!

(掲載画像の引用元:Lの世界

以下の記事も、オススメです

英語 勉強 ドラマ 方法海外ドラマを、英語の勉強に活用するための3つの手順【レベル別】 hanaso 英会話フレーズhanasoの英会話フレーズは、かなり使える【教材の利用レビュー②】 英会話 勉強 おすすめ 本英会話って、どうやって勉強したらイイの?と困った時に読むべきオススメの本2冊