「自分にとっての幸せって何か」を考えることが、人生で何より大事なんじゃないかなって話

自分にとっての幸せ

最近、サピエンス全史という本を読んでます。

まだ途中なんですけど、めちゃくちゃ面白い!

この本読み始めたことによって、「個人の幸せ」について、考えさせられました。

ということで、このページでは、「自分にとっての、幸せが何かって考えることって、生きていく上で何より大事なことなんじゃないかな」って話をします!

・今進んでいる道は、これでいいのか悩んでいる。
・新しいことを始めたいけど、立ち止まってしまっている。

といった人は、ぜひ読んでいってください。

「個人の幸せ」と「社会の幸せ」は、必ずしも一致しない

では、まず、個人の幸せと、社会の幸せについて。

社会の幸せって、イコール、人類の存続ですよね。

これは個人の幸せとは、必ずしも一致しません。
(同性愛者だったら、よく理解できると思います)

なので、社会のために頑張ろう!とか、世界のために、、とかありますが、これって冷静に考えると、おかしい話かもってなっちゃいます。

社会、国、、こういったものって、想像上の産物でしかないんですよね。

つまり、「実体」のないもの。

そう考えると、「この世界が良くなれば、自分の人生もよくなるはずだ!」とかっていうのは、本当なのかな?って疑わしくなってきます。

もちろん、どう考えるかは自由!

ですが、一度、社会や国というものは、「ただの概念でしかない」ということを、考えてみると、ちょっと面白いのでオススメします。

サピエンス全史読むと、その辺よく理解できると思うので、考える時はぜひ読んでみてください。

「自分にとっての幸せ」を、じっくり考えてみよう

社会というものが実体のないものだと理解すると、

あなたの「幸せ」というものの捉え方が、もしかしたら変わるかもしれません。

そして、

「自分にとっての幸せ」って何だろう?

ということを、改めて考え始めることになると思いますす。

あなたの「個体」としての、幸せです。

そして、自分の人生を満喫するとは、結論、自分という個体が幸せを感じられる瞬間を、最大限になるよう試行錯誤していくことなんじゃないか、という考えに行き着くことになります。

私の幸せは、3つ

私も、自分の幸せについて、ずいぶんと考えました。

私にとって、どんな瞬間が、もっとも心が満たされている瞬間なのか。

そして、出た答えは、以下3つ。

①何かをワクワクつくっている瞬間
②新しい何かを学んでいる瞬間
③彼女と笑いあっている瞬間

この3つの瞬間で、どれだけ人生という限られた時間を満たせるか?

人生でやるべきことって、これに尽きます。

もちろん、何を幸せに感じるかは、時間とともに変化するものなので、ココであげたものは、現時点での私の幸せです。

まとめ

ということで、以上、「自分にとっての、幸せが何かって考えることって、生きていく上で何より大事なことなんじゃないかな」という話でした。

悲しいですが、結局私もあなたも、いずれ消えてなくなってしまいます。

もし、今の生き方などに悩みがある場合は、

ぜひ、自分という個体にとっての幸せは何なのか、ということをじっくり考える時間を作って見てください。

今回紹介した本「サピエンス全史」も、時間あったら読んでみてくださいね。

自分の人生を俯瞰的に捉えるのに、役に立つハズです。