【LECとTACを比較】行政書士講座を受けるなら、どっち?

lec tac 行政書士

お悩み

行政書士講座を受けたくて、LECTACで迷ってるんだけど、どっちにしよう?どんな違いがあるのかな?

そんな悩みにお答えします。

LECとTACって、名前からして似てますよね。
しかし、よくよく調べてみると、この2社にはちゃんと違いがあります。

ということで本記事では、LECとTACの違いを徹底比較していきます!

maLuco

比較をする私は、2016年に行政書士試験に合格しました。もし自分が受験生に戻ったら、どっちを選ぶのか、真剣にチェックしていきます。
MEMO
この記事を読めば、LECとTACの違いがハッキリして選びやすくなるはず。

LECとTACの比較一覧表

まずは一覧表を作ったので、見てみてください↓

LEC TAC
料金(初学者向け) パーフェクトコース
235,000円(税込)
185,000円(税込)
プレミアム本科生
236,000円(税込)
189,000円(税込)
料金(学習経験者者向け) 横溝プレミアム合格塾
297,000円(税込)
スーパー答練本科生 Success
224,000円(税込)
講師(講義の内容)
テキスト
サポート制度
校舎数 54ヵ所 36か所
※表がすべて表示されていない場合は、右にスクロールできます。

LECとTACの違いが、ザッと確認できるかと思います。

正直、LECもTACも大手なので、どちらもあらゆる面でレベルが高いんですよね。

しかし、総合的に考えると、LECに軍配が上がるかな、と。

MEMO
表の料金は、通信で受講する場合の料金になります。以下この記事に載っている料金は、すべて同じです。もし通学、または通信(DVD)で利用したいという場合は、料金が異なる可能性があるので、詳しくは公式サイトでご確認ください。
LEC東京リーガルマインド
資格の学校 TAC

LECとTACの項目ごとの比較

では、それぞれの項目を詳しく見えていきましょう。

①コースと料金

まずは、LECとTACのコースと料金を比較していきましょう。

  1. 初学者向け
  2. 学習経験者向け

これらで分けて見ていきます。

初学者向けのコースを比較

まずは、初学者コース。

はじめて法律の勉強をする人向けのメインのコースは、それぞれ、

  • LEC→パーフェクトコース
  • TAC→プレミアム本科生

という名前で出されています。

この2つ、カリキュラムの内容はほぼ同じような感じです。

lec tac コース

インプットをやって、科目別の答練をやって、あとは記述式問題などの対策をしていくと。知識ゼロの状態から、試験合格まで導いてくれる、まさに至れり尽くせりな、完全コースとなっています。

料金はというと、LECのほうがやや安いです。

LEC TAC
パーフェクトコース
235,000円(税込)
185,000円(税込)
※10/31までの割引額
プレミアム本科生
236,000円(税込)
189,000円(税込)
※11/4までの割引額

ちなみに、両社とも、

  • パーフェクトコースSP
  • プレミアム本科生Plus

という、上記の「パーフェクトコース」と「プレミアム本科生」に、一つ講座を足したコースも出しています。

lec tac コース 初学者

LEC TAC
パーフェクトコースSP
255,000円(税込)
195,000円(税込)
※10/31までの割引額
プレミアム本科生Plus
259,000円(税込)
199,000円(税込)
※11/4までの割引額

もし、「試験までまだまだ余裕がある!」という時期から学習スタートできる場合は、こちらのプラスアルファなコースもあり。

学習経験者向けのコースを比較

続いては、学習経験者向けのコースです。

それぞれ、

  • LEC→横溝プレミアム合格塾
  • TAC→スーパー答練本科生 Success

という名前で出されています。

lec 横溝プレミアム合格塾

LECの「横溝プレミアム合格塾」は、

・先取り合格講座【憲法】 全11回
・プレミアム合格塾 知識力強化講座全27回
・プレミアム合格塾 解答力強化講座全36回
・過去問徹底解析講座 全20回
・民法択一60問解きまくり講座 NEW 全6回
・記述60問解きまくり講座 全3回
・文章理解特訓講座 全2回
・商法・会社法特訓講座(講義編・演習編)全5回
・一般知識特訓講座(講義編・演習編)全9回
・憲法・行政法過去問ラストチェック 全6回

というなんとも盛り沢山なコースとなっています。
人気の横溝講師によるこのコースは、リベンジに燃える人は、必ずチェックしておきたいコース。

LEC公式サイト→LEC東京リーガルマインド

tac スーパー答練本科生

TACの「スーパー答練本科生 Success」も、問題演習が中心となっているメニュー山盛りなコース。

これらの料金をみてみると、

LEC TAC
横溝プレミアム合格塾
297,000円(税込)
スーパー答練本科生
Success
224,000円(税込)

TACの「スーパー答練本科生 Success」の方が7万円ほど安くなっています。
ここの料金差は結構大きいですね。

TAC公式サイト→資格の学校 TAC

ちなみに、LECもTACも合格点180点を狙うコースを出しています。

lec tac 180点

2年目は、必要最小限の勉強でやっていきたいという場合は要チェック。

LEC TAC
180点アルティメットコース
128,150円(税込)
サクセス180本科生
101,000円(税込)

②講師(講義内容)

次は、LECとTACの講師(講義内容)を比較していきましょう。

どちらのスクールも、レベルの高い講師がいます!

まずはなんと言っても、LECの横溝講師でしょう。

いわゆるカリスマ講師という方で、とにかく人気が高いです。

また、LECだと、野畑講師も説明がわかりやすくてかなり良いです。

maLuco

私個人的には、横溝講師より、野畑講師の方がグッときました。

横溝講師も、野畑講師もパーフェクトコースを担当されてます。

TACはというと、小池講師の説明が抜きん出て素晴らしいです。

ただこの小池講師は、初学者向けのプレミアム本科生を受け持ってないんですよね…
(学習経験者向けの講義を受け持っている)

なので、初学者向けも、学習経験者向けも、レベル高い講師を揃えていてくれているのは、LECということになります。

③テキスト

続いては、LECとTACのテキストを比較していきましょう。

lec tac 教材

テキストは、LECもTACもかなり似ているなという印象。

ただ公式サイトを覗いてみると、LECの方がテキストの説明が丁寧です。
LEC東京リーガルマインド

④サポート制度

続いては、LECとTACのサポート制度を比較していきましょう。

例えば、「誰かに相談できるのか?」「自習室は利用できるのか?」といったところですね。

それぞれのサポート制度の例をリストアップしてみると、

LECサポート

  • 受験・受講相談(無料)
  • 資格説明会(無料・予約不要)
  • チューター/合格アドバイザー
  • 自習室
  • 生涯学習修了証の発行
  • 人材紹介(プロキャリア)

TACサポート

  • クラス振替出席フォロー
  • 他の教室クラスへの参加が自由
  • 講義を欠席しても、ビデオブースにて視聴できる
  • 通信やビデオブース講義コースの人でも、20回まで教室の講義に参加できる
  • 通信コースでも、自習室が利用できる
  • 通信コースでも、直前期に講師に直接質問できる

こんな感じになります。

両者とも、大手ということもありサポート制度は文句なしに充実しています。

⑤校舎数

lec tac 校舎

LECもTACも通学可能なスクール。

なので、次は、校舎数を比較していきましょう。

校舎数は、

LEC TAC
54ヵ所 36か所

となっています。

どちらも全国に校舎あります。

規模が大きい!

ちなみに規模の話がでたので、ついてに「扱ってる資格数」も比較してみると、

LEC TAC
101 63

となっています。

校舎数も資格数も比較すると、LECの方が多いですね。

⑥受講者数・合格率

最後は、LECとTACの受講者数・合格率を比較していきましょう。

LECの実績

まず、LEC。

LECは、合格率を公表しています。

合格率は、なんと65.7%です。

※ただこれは、2017年度合格目標の行政書士コース受講生で、コースに含まれる模試3回全て受験した方で、いずれか1回でも模試の得点が180点以上超えた方のみの合格率。だからここまで驚異的な高さになっています。

TACの実績

続いて、TAC。

TACは、合格率は公表してないようですが、代わりに合格者数を出しています。

2012年~2019年 行政書士試験の合格者が、1,383名とのこと。

直近3年でいうと、

  • 232名(2017年)
  • 169名(2018年)
  • 149名(2019年)

とのこと。

両者とも出している数字が異なるので、純粋に比較はできませんが、どちらも結果を出していると言うことは確か。

MEMO
こういった数字を一切出していないスクールもあります。なのでLECもTACも実績に自信があるということでしょう。

まとめ

はい、ということで以上、LECとTACを比較してきました。

やはり総合的に見ても、LECに軍配が上がると思います。

maLuco

もし私が受験生時代に戻るなら、LECを選ぶ!

LEC東京リーガルマインド

LEC 行政書士【LECの評判は?】行政書士講座を、合格者が実際に体験! tac 行政書士【評判】TAC行政書士講座を、実際に体験してみたレビュー