【LECとアガルートを徹底比較】行政書士講座を受けるなら、どっち?

LEC アガルート 行政書士

お悩み

行政書士講座を受けたくて、LECとアガルートで迷ってるんだけど、どっちにしよう?どんな違いがあるのかな?

そんな風に悩んでいませんか?

まずこの2社の大きな違いは、その規模感。

例えば、扱っている資格数を比べてみると

  • アガルート:16種類
  • LEC:101種類

となっています。

LECの方が、ずっと規模の大きなスクールなんですね。

とはいえ、しっかりチェックしてみると、アガルートの方が秀でている部分もあります。

ということで本記事では、LECとアガルートの違いを徹底比較していきます!

maLuco

元行政書士の私が、どちらの方が利用するメリットがあるのか、しっかりチェックしていきます。
MEMO
この記事を読めば、LECとアガルートの違いが明確になって、選びやすくなるはず。

LECとアガルートの比較一覧表

まずは一覧表を作ったので、見てみてください↓

LEC アガルート
コースと料金(初学者向け) パーフェクトコースSP
255,000円(税込)
195,000円(税込)
入門総合カリキュラム(フル)
261,800円(税込)
162,800円(税込)
講師(講義の内容)
テキスト
サポート制度
合格率 65.7% 72.7%
全額返金制度 ×
※表がすべて表示されていない場合は、右にスクロールできます。

LECとアガルートの違いが、ザッと確認できるかと思います。

冒頭でも述べたようにLECは規模が大きいので、サポート制度などはアガルートよりも整っています。

しかし、講師のレベル、合格率、全額返金制度などを比べてみると、アガルートは強いです。なので総合的にみると、アガルートに軍配が上がるかなと。

MEMO
表の料金は、「通信」で受講する場合の料金になります。



LECとアガルートの項目ごとの比較

では、項目ごとに比較していきましょう。

コースと料金

まずは、コースと料金です。

それぞれ「初学者向けコース」で比較してみましょう。

LECでもアガルートでも、法律知識0の状態から合格まで持っていけるフルコースが用意されています。

  • LEC:パーフェクトコース
  • アガルート:入門総合カリキュラム

カリキュラムの流れは、こんな感じ↓

LEC アガルート コース

インプットとアウトプットを繰り返し、記述対策なんかもやりながら、最後は模試でブラッシュアップという流れですね。

これらのコースをしっかり消化していけば、初めて勉強する人でも、しっかり合格できる力を養っていける、と。

料金はというと、アガルートの方がやや高く設定されています。

LEC アガルート
パーフェクトコースSP
255,000円(税込)
195,000円(税込)
入門総合カリキュラム(フル)
261,800円(税込)
162,800円(税込)

ただ現在、どちらも早割キャンペーンが適用中で、かなりの額が割引されています。

割引後の料金だと、アガルートの方が安くなっていますね。

講師(講義内容)

次は、講師ですね。

まず、LECもアガルートも素晴らしい講師がいます。

いろんな講師の講義を体験してみましたが、中でも「この講師は説明がわかりやすい!」と唸ったとのは、以下の2人。

  • 野畑講師(LEC)
  • 豊村講師(アガルート)

あとはLECの横溝講師も人気ありますが、私が「おお!」と感じたのは上記2人でした。

野畑講師はこんな方です↓

そして、豊村講師はこんな方↓

で、誰か1人選べと言われたら、私は豊村講師を選びます。

豊村講師は、講義の上手さがちょっと群を抜いているかと。

行政書士 講師【行政書士講座の講師】分かりやすいランキングBEST5【評判】

テキスト

続いては、テキストですね。

LEC アガルート テキスト

テキストは、LECもアガルートもどちらも高クオリティ。

あえて言うなら、カラーがあるアガルートの方が見やすいですかね。

サポート制度

続いては、サポート制度。

例えば、質問制度といったものは、どちらも備わっています(LECは、教えてチューター制度。アガルートはFacebookグループ)

ただ、LECはそれだけではなく、通信コースでも「自習室」を使うことができたり、

  • 受験・受講相談(無料)
  • 生涯学習修了証の発行
  • 人材紹介(プロキャリア)

他にもこのような制度が利用できます。

合格率

続いては、合格率を比較。

まずアガルートですが、令和元年度の合格率は、なんと72.7%。驚異的な高さです…。

それに対して、LECはというと、65.7%です。

・アガルートの合格率:アガルートアカデミー基幹講座(入門総合講義・演習総合講義・これらを含むカリキュラム)受講生の合格率
・LEC:2017年度合格目標の行政書士コース受講生で、コースに含まれる模試3回全て受験した方で、いずれか1回でも模試の得点が180点以上超えた方が対象

LECの数字でも十分すごいのですが、アガルートはそれを上回っていると。

なんでアガルートはここまで高いかというと、おそらく次に紹介する「全額返金制度」が関係しているんじゃないかなと思います。

返金制度

アガルートには、「合格したら全額返金」という奇跡的な制度があります。

ただ、合格体験記の提出や、合格インタビューに出演する、という条件付きです。

とはいえ、本当に全額返金されるので、これは本当使わないともったいなさすぎる制度。

maLuco

アガルートは比較的新しいスクールなので、古くからあるライバル会社と戦うためにもこういった制度を打ち出しているのかもしれませんね。

こういった制度があれば「なんとしてでも合格しよう!」となるのが、人間というもの。

だからこそ、先ほどの70%超えの合格率になっているのかな、と。

まとめ

ということで、まとめます。

LECに向いている人

  • 「大手」という安心感を大事にしたい

アガルートに向いている人

  • 全額返金を利用して、お得に受講したい

以上です。

LECもアガルートも良いスクールなので、どちらを選んでも問題ないと思いますが、私だったら全額返金制度のあるアガルートを選びますね(あと豊村講師の講義が分かり易すぎるってのもある)

アガルート公式サイト→難関資格試験の通信講座ならアガルートアカデミー
LEC公式サイト→LEC東京リーガルマインド

アガルート 行政書士アガルート行政書士の評判は?【合格者がガチで体験してみた】 LEC 行政書士【LECの評判は?】行政書士講座を、合格者が実際に体験!