amazonで1,000ポイント貰う方法

hanasoのおもてなし英会話【教材の利用レビュー③】

hanaso おもてなし英会話

例えば、こんな経験ありませんか?

街中で、道に迷ってそうな外国人を見て、

あ、困ってそう…声かけようかな…

って思ったけど、何て言えばいいか分からず、結局何もできなかった。。

どうですか?経験あるんじゃないでしょうか?

maLuco

ちなみに私も、何度もあります…笑

そういった場面で、さらっと声をかけられら、素敵ですよね。。

オンライン英会話スクール「hanaso」には、こういった場面でどうやって声をかけるか、などなど、いわゆる「おもてなし」ができる英会話を学べる教材があります。

どんな内容を学べるのか、実際に体験してみたので、レポートしていきます!

hanasoの教材「おもてなし英会話」とは?

hanaso おもてなし英会話

hanasoの教材「おもてなし英会話」では、例えば、冒頭でも挙げたような、

・道に迷ってそうな外国人に、声をかけたい場合
・外国人から、道を聞かれた場合

などで使えるフレーズ以外にも、

電車で、困っている人がいたら使えるフレーズ

「どこで降りたいですか?」

買い物してる人が困っていたら、使えるフレーズ

「何を探してますか?」

さらには、

「日本はどうですか?」

と言ったフレーズなど、多様なフレーズを身につけることができます。

レッスン一覧はこちら↓

hanaso おもてなし英会話 内容

さらに詳しく知りたい方は、hanasoのサイトでチェックしてみてください→hanaso公式サイト

しかも、hanasoの「おもてなし英会話」レッスンは、「ただフレーズを、インプットしていくだけ」といった内容には、なってません。

より身につきやすくなるような、「工夫」がされてます!

どんな工夫がされているのか?

実際に、レッスン体験談を通して、見ていきましょう。

hanasoの教材「おもてなし英会話」の、レッスン体験談

私が今回受けたのは、Unit1の「お困りですか」というレッスン。

①いきなりロールプレイ

レッスンが始まると、まず教材の1ページ目↓を読んでください、と言われます。

hanaso おもてなし英会話 教材

まず、いきなり、「Let’s try!(試してみよう!)」というロールプレイを行います。

駅で困っているように見える外国人に声をかける、という場面を想定し、

外国人 声かけ方

この↑、ゴールという項目をヒントに、講師相手に英語で話しかけてみます。

例えば、一言目「困っているかどうか尋ねる」は、

パッと思いついた、

maLuco

Are you okay?

と言った英語で、言ってみます。

そんな感じで、一通り、ロールプレイング。

この時点では、どうやって英語で言えばいいのかわからないことが多くて、アワアワしますが、なんとかひねり出して、会話をしていきます。

終わった頃には、軽くグッタリ笑

でも、大丈夫。

ここから、何が正解だったのか、学んでいくからです。

②フレーズのインプット

ということで、次はフレーズのインプット。

hanaso おもてなし英会話 フレーズ

先ほどのロールプレイングで使えたフレーズを、学んでいきます。

講師の後に続いて、フレーズを音読していくカタチ。

音読しながら、例えば、

maLuco

さっきの「困っているかどうか尋ねる」は、「Do you need some help?」が正解だったんだな…

って学ぶことができます。

MEMO
もちろん、「Are you okay?」でも間違ってないですが、「Do you need some help?」の方が、より相手が答えやすい質問になっているので、ベターとのこと。

レッスンの冒頭で、一度トライしているので、ここでのインプットが、身に染み入るように入ってくる!

③穴埋め問題

そして、次は、穴埋め問題にチャレンジ。

hanaso おもてなし英会話 穴埋め問題

空欄がある方のセリフを、空欄を埋めながら読んでいきます。

例えば、1つ目の問題だったら、

You look lost.Where are (you headed)?

が、正解ですね!

④ロールプレイ問題

で、次は、ロールプレイング問題

hanaso おもてなし英会話 ロールプレイ

これも、空欄を埋めながら、講師とロールプレイングしていきます。

プラスα
ちなみに、分からなかったら、ページを遡って見ればいいので、焦ることはありません。

⑤英作文

その次は、フレーズを丸ごと、日本語から、英語にしていきます。

hanaso おもてなし英会話 英作文

ここで答えられるようになってたら、もう覚えられたも、当然!

⑥最後にもう一度ロールプレイ

そして、最後に、レッスンの始めにトライしたロールプレイングをもう一度やります。

先ほどは、何て言っていいかアワアワしていましたが、今回習ったフレーズを使えばいいだけなので、落ち着いて話せるようになります。

これが嬉しい!

たったの25分のレッスンで、自分の成長が実感できます。

この「最初と最後にロールプレイングがある」というのが、この教材の工夫されたところ!

例えば、市販の「フレーズ集」の本とかを、一人で読んで覚えるより、ずっと確実に身につきます。

MEMO
しかも、hanasoには、レッスン翌日から使える「復習システム」が存在してるので、他のオンライン英会話スクールにあるような「レッスンだけで終わり」ということにはなりません。

hanasoの教材「おもてなし英会話」まとめ

はい、ということで以上、hanasoの「おもてなし英会話」という教材をご紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

この教材を一通りやった後には、街で困ってる外国人みたら、積極的に声かけたくなる気がする!

maLuco

しかも「人助け」ができるだけじゃなく、そこから友達になったり、もしかしたら胸が高まる方向に発展する可能性だってありますよね笑

ということで、日本にいる外国人とコミュケーション取りたいなって思ってる人は、

ぜひ、このhanasoの「おもてなし」英会話レッスンを受けてみてください!

hanasoに入ってない人は、無料体験トライアルでもレッスンを受けることができるので、まずは無料登録してみるのがいいと思います!