hanasoとレアジョブを比較!料金、教材、講師などをチェック

hanaso レアジョブ

オンライン英会話スクール、hanasoレアジョブどっちにしようか決められない…

そんな風に悩んでますか?

どちらも人気のスクールで、似た部分もあるので、迷ってしまいますよね。

maLuco

テーマカラーも黄緑で似てるし!笑

しかし、実は、よくよく比較してみると、違いはちゃんとあります。

ということでこのページでは、hanasoとレアジョブの特に異なる点を比較していきます!

迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

hanasoとレアジョブ比較、一覧表

まずは、hanasoとレアジョブの比較一覧表を見てみましょう。

hanaso レアジョブ
教材の種類 14種類 11種類
料金コース 7つ 6つ
毎日25分プラン 6,458円(税込) 6,264円(税込)
月8回プラン 4,320円(税込) 4,536円(税込)
先生の国籍 フィリピン フィリピン
講師の数 450人 5,000人
受講時間 6:00~24:55 6:00~25:00
予約 5分前まで 5分前まで
キャンセル 30分前まで 30分前まで
サポート体制 スカイプ対応あり スカイプ対応あり
スマホでのレッスン 可能 可能
無料体験 2回 2回

見て分かるように、hanasoと、レアジョブ、やはり似ている点は多いです。

この2つのスクールで迷うのも、当然ですね。。

しかし!

大きく異なる点もあります。

それは、以下3点。

  1. 教材の種類
  2. 料金
  3. 講師の人数

といことで、この3点をメインに、比較していきましょう!

hanasoとレアジョブの教材を比較

まずは、hanasoとレアジョブの「教材」について比較していきましょう。

hanaso レアジョブ
教材の種類 14種類 11種類

hanasoの方が、教材の種類は、ちょっと多いです。

では、具体的に、それぞれどんな教材があるのか、確認しましょう。

hanasoの教材
・英会話フレーズ
・初級者用基本英文法
・発音トレーニング
・旅行英会話
・おもてなし英会話
・ビジネス英会話
・トピックトーク
・TOEICボキャブラリ
・SIDE by SIDE
・News in Levels
・Webサイトを使った英会話レッスン
・Taking the TOEIC
・one:one(ビジネス英会話)
・フリートーク
レアジョブの教材
・日常会話
・実用英会話
・トラベル英会話
・ビジネス
・文法
・発音
・TOEIC対策
・TOEFL対策
・ディスカッション
・インターネット上の記事を使ったレッスン
・フリーカンバセーション

という感じ。

こうやって見てみると、TOEFL対策をしたい場合は、レアジョブ一択ですが、それ以外のジャンルではどちらを選んでも、そこまで大きいな違いはありません。

しかし、一つ大きな違いがあります。

それは、

違い

  • レアジョブは、初級者〜上級者向け
  • hanasoは、初級者〜中級者向け

という違い。

具体的にどういうことが見ていきましょう。

例えば、日常英会話系の教材を比較してみます。

hanasoの場合は、

hanaso レアジョブ 教材比較 レベル1

見ての通り、初級者、中級者しかカバーされていません。

一方、レアジョブの教材は、

hanaso レアジョブ 教材比較 レベル2

初級者、中級者、上級者と、幅広いレベルがカバーされています。

他にも、例えば「文法」の教材も、hanasoには初級者向けしかないですが、レアジョブには、初級・中級と用意されています。

hanasoとレアジョブの教材の中身を比較

では、次に、教材の中身も見てみましょう。

同じく日常英会話系の教材で、初級者向けの教材を比較してみましょう。

まず、hanaso。

hanaso レアジョブ 教材比較 初級1

初級編のステージ1の、

hanaso レアジョブ 教材比較 初級2

自己紹介(趣味)という教材を開いてみると、

hanaso レアジョブ 教材比較1

hanaso レアジョブ 教材比較2

こんな感じで、hanasoはわりとシンプルです。

あまりあれこれ詰め込みすぎずに、その分同じものを反復的にインプット&アウトプットしていく形になってます。

一方、レアジョブはというと、

hanaso レアジョブ 教材比較 初級3

日常会話の「初級」の

hanaso レアジョブ 教材比較 初級4

Hobbies(趣味)という教材を開いてみると、

hanaso レアジョブ 教材比較3

hanaso レアジョブ 教材比較4

こういう感じで、hanasoに比べるとちょっと、ボリューミー

で、この教材をよく見てみると、

レアジョブの方は、割と自分の意見を述べるような問題も用意されています。

hanasoの方は、そういった応用問題は少なめ。

そう考えると、同じ初級者向けでも、レアジョブの方が、若干難易度が高いように感じます。

hanasoとレアジョブの料金を比較

はい、では次は、hanasoとレアジョブの「料金」を比較してみましょう。

まず、hanaso。

hanaso レアジョブ 料金比較1

hanasoは、

hanaso料金プラン

  • 回数プラン
  • 毎日プラン
  • 週2日プラン

という3つがあり、それぞれに細かいバリエーションがある感じです。

次、レアジョブ。

hanaso レアジョブ 料金比較2

こちらは、

レアジョブ料金プラン

  • 日常英会話コース
  • ビジネス英会話コース
  • 中学・高校生コース

という選択肢があります。

つまり、hanasoは、日常英会話コースにいろんなバリエーションが用意されている感じで、レアジョブは、日常英会話コースの選択肢はhanasoより少ないけど、その分、それ以外のビジネス特化コース、学生特化コースも用意されているという感じですね。

料金自体に関しては、先ほどの一覧表でも見たとおり、

hanaso レアジョブ
毎日25分プラン 月額6,458円(税込)
月額6,264円(税込)
月8回プラン 月額4,320円(税込)
月額4,536円(税込)

同じ内容のプランの料金は、ほぼ同じですが、

毎日25分コースでは、レアジョブの方が「189円」安く、月8回プランでは、hanasoの方が、「216円」安くなってます。

hanasoとレアジョブの講師を比較

では、最後、hanasoとレアジョブの「講師」に関して比較してみましょう。

講師の数は、かなりの差があります。

hanasoが、

hanaso レアジョブ 講師比較3

450人なのに対し、

レアジョブは、

hanaso レアジョブ 講師比較4

5,000人もいます!笑

すごい差。

しかし在籍数と稼働数は異なると思うので、

例として、来週月曜日、予約できる講師の数を、実際に調べてみました。

hanasoは、候補に出来てきたのは、

hanaso レアジョブ 講師比較1

約100人。

一方、レアジョブは、

hanaso レアジョブ 講師比較2

約600人でした。

なので、稼働率はというと、

hanasoは、約22%。

レアジョブは、12%%。

という感じで、hanasoの方が、実際にレッスンを行っている講師の確率が高いですね。

そうはいっても、レアジョブの方が、講師数が多いわけだし、予約しやすいんじゃないの?

そんな風に思うかもしれませんが、これは一概にそうとも言えません。

というのもレアジョブは、hanasoよりも知名度高く、大手です。

なのでその分、当然、生徒も多いんですよね。

ということで、どちらの方が予約しやすいかと言われれとハッキリとは分からないのですが

とりあえず、私が現在利用しているhanasoは、予約できなくて困る…ってなったことはありません。

hanasoの1番の強み

はい、ということで、教材、料金、講師に関して比較してきましたが、

次は、それぞれのスクールの強みについても、見ていきましょう。

まずは、hanaso。

hanasoの一番の強みは、何と言ってもhanasoメソッドという、復習システムにあります。

hanaso レアジョブ 特徴3

このシステムを使うと、レッスンを受けた翌日から、習った内容を、レッスン時間外またはレッスン中に復習できます。

maLuco

これがめちゃくちゃ使えます。

しかも一回だけの復習でなく、何度も定期的に復習をさせてくれます。

なので、レッスンで習ったことが本当に身についてしまうという、素晴らしいシステム。

hanaso レアジョブ 特徴4

復習を何度もこなしていくと、こんな感じに色もついてきます↑

hanasoメソッドに関しては、こちらの記事に詳しく書いているので、興味ある方は、ぜひぜひ参考にしてください↓
hanaso メソッド hanasoメソッドの詳細と使い方を、現役レッスン生が丁寧に解説

レアジョブの1番の強み

次、レアジョブの強みも見てみましょう。

レアジョブは、何と言っても、そのサポート体制にあります。

「あんしんパッケージ」というオプションサービスをつけると、

hanaso レアジョブ 特徴1

・3ヶ月に1度のカウンセリング
・レッスン自動予約
・スピーキングテスト割引

というサービスを受けることができます。

残念ながら、別料金にはなってしまうのですが、

hanaso レアジョブ 特徴2

現役オンライン英会話ユーザーの視点から見ても、この3つのサービスは、かなり良いサービスだと思います。

学習プランの設計を一緒に考えてくれるカウンセリングはどう考えてもありがたいし、

レッスンの自動予約は、毎日同じ時間に受ける場合だったら絶対ラクだし、

スピーキングテストが安くなるのも、素晴らしい。

ちなみにレアジョブは、オンライン英会話スクールには珍しく、ちゃんとした「スピーキングテスト」を用意してくれているスクール。

maLuco

このスピーキングテストは、正直かなり羨ましい…

残念ながらこれも有料なんですが、それでも一般的なスピーキングテストよりも安いです。

hanasoが向いている人

はい、ということで、比較や強みを見てきましたが、

それらを踏まえた上で、それぞれのスクールがどんな人に向いているのか、確認していきましょう。

まず、hanasoに向いている人はどんな人なのか?

それは、

hanasoが向いている

  • 英会話初級者
  • 復習を、一人でちゃんとやれる自信のない人
  • 一回習っただけでは、忘れやすい人

こういった人です。

もし、あなたが初級者なら、私は断然hanasoをオススメします、

レアジョブでも初級者は利用できますが、hanasoの方が、内容も易しいので、本当に意味で身につくと思います。

そして、hanasoメソッドという復習システムは、本当に素晴らしので…

maLuco

私は、両社の体験レッスンを受けて、比較した結果、hanasoを選びました。

口コミなどは、こちらを参考にしてください↓
hanaso 評判 hanasoの評判・口コミって、どうなの?【現役ユーザーが検証】

レアジョブが向いている人

一方、レアジョブが向いている人はというと、

レアジョブが向いている

  • 一つのスクールを長く使いたい人(初級から上級までカバーされてるから)
  • 学習サポートを、追加料金払ってでもやってもらい人

こういった人。

幅広いレベルがカバーされているのは、スクール切り替えが面倒と感じる人にとっては、大きなメリットですよね。

また、自分の学習スタイルを、誰かに相談しながらやっていきたい、と言う場合は、レアジョブの方が使いやすいはず。

hanasoとレアジョブ比較まとめ

はい、ということで以上、hanasoとレアジョブについて見てきました。

いかがだったでしょうか?

どうやら、hanasoの方が自分には向いてそうだな。
私は、レアジョブの方が向いてるかもしれない。

そんな風に、ちょっとでも参考になっていたら、嬉しいです。

ぜひ、まずは無料体験レッスンを受けてみて、レッスンの感じなどを自分の目で確かめてみてください。

また、どうしてもまだ決められないという人は、両方ともの無料体験レッスンも受けてみてましょう!

maLuco

ちなみに私は体験レッスン受ける前は、レアジョブに気持ちが傾いてましたが、両方体験してみた結果、hanasoに気持ちが変わりました笑

つまり、実際に受けてみないと分からないこともある、ということです。

ぜひ勇気出して、申し込んでみましょー!

hanaso公式サイト
hanaso“"

レアジョブ公式サイト
レアジョブ英会話