hanasoの発音トレーニング【教材の利用レビュー①】

hanaso 発音トレーニング

hanasoの発音コースって、どうなの?

って、気になってますか?

私は、現在、実際にhanasoで発音コースを受けています。

そして、そろそろレッスンを始めてから、1ヶ月が経ちますが、、、

hanasoを選んで、正解だった!って感じてます。

hanasoを選んだ過程は、別の記事【発音矯正できるオンライン英会話】8つのスクールを比較してみた!に詳しく書いているのですが、今回は、さらに、hanasoの発音コースについて、深掘りしていこうと思います。

maLuco

hanasoで発音を習ってみようかな、と考えている人は、ぜひ参考にしてください。



hanasoの発音コースでは、何が学べる?

hanaso 発音トレーニング

hanasoの発音コースでは、どういったカタチで、発音を習っていくかというと、

「発音記号」ごとに、学んでいきます。

発音コースは、

・ステージ1
・ステージ2

という2つに、分かれていて

「ステージ1」のレッスン(unit)一覧は、以下の通りです↓

hanaso 発音 発音記号

発音記号が、ブワーって並んでますね。

そもそも英語の発音記号は、全部で50個くらいあるのですが、

hanasoでは、その中の、日本人が苦手とする「子音20個」と、「母音6個」をメインに学んでいきます。

なので、効率的に、発音方法をインプトットしていくことができるわけですね。

そして、ステージ2では、スタージ1で学んだ発音のおさらいや練習ができます↓

hanaso 発音 コース

それでは、次は、

チェック

  • どんな「教材」を使うのか
  • どんな「レッスン内容」なのか

具体的に見ていきましょう。

hanasoの発音レッスンの流れ

具体例として、

hanaso 発音 unit2

Unit2の教材「/f/と/v/の発音」を使ったレッスンの流れを、紹介していきます。

hanaso スカイプ

まず、レッスン日時がきたら、講師からスカイプがかかってきます。

maLuco

たまに他のスクールだと、講師が時間通りに来ないというクチコミを見ますが、hanasoの講師は、だいたい時間通りに来てくれます!

スカイプが繋がったら、「How are you?」といった感じで、軽く挨拶。

雑談をちょっとしたり、初めての講師の場合は、簡単な自己紹介をします。

MEMO
ちなみに、初めての講師の場合、最初に、講師からくる「追加リクエスト」の「承諾」をする必要があります。しかし、ボタンを1つ押すだけの作業なので、簡単。
レッスン5分前くらいには、スカイプに「追加リクエスト」が来るので、スタンバってましょう。

①復習

挨拶や自己紹介が終わったら、まずは、「復習を、最初にしたい」かどうか、だいたい聞かれます。

注意
初回は、復習するものがないので、2回目以降のレッスンのみです。

ちなみにhanasoでは、復習を、レッスンの時間外に個人でするか、レッスン中に講師と一緒にするか、選べます。

hanaso 今日の復習

私はいつもレッスン内で、復習をしています。

ということで、最初に復習タイム。

hanaso 復習 レッスン

これまで習ったレッスンの中から、復習問題が出題されます。

hanaso 復習 単語

例えば、単語の発音だったり、

hanaso 復習 早口言葉

早口言葉だったり、
※詳しくは後で説明します。

hanaso 復習 ロールプレイ

ロールプレイまであります。

ちなみに、この復習問題は、いつのレッスンで習ったものか、事前にわからないので、けっこうドキドキです。

ここで上手に発音できないと、

「あ、レッスン後の復習が足りてなかったんだな…もっと練習しよう」

って気がつくことができたり。

この復習タイムがあるので、

「ちゃんと一人でも復習しとかないと…」

って、良い意味でプレッシャーにもなります。

②口や舌の動きを学ぶ

復習が終わったら、今回のレッスン内容に移ります。

で、unit2の教材の1ページ目は、こんな感じ↓

hanaso 発音 レッスン

イラスト写真もあって、日本語の解説も豊富!

「これなら自分でもできそう…!」って感じません?笑

maLuco

私がhanasoを選んだ決め手は、この「教材の分かりやすさ」です。

で、この教材に沿って、レッスンは進められていきます。

ということで、最初に、今回習う発音記号の、「発音方法」を習います。

口の動きや、舌の動きって、結構難しいんですよね…

でも、hanasoの教材なら、日本語の解説が丁寧なので、しっかり理解できる!

もちろん、講師も実際に発音して見せてくれます。

ちなみに、できたら、自分のカメラもONにして、口や舌の動きをチェックしてもらいましょう。

MEMO
hanasoは、カメラをOFFにしていても、何も言われません。カメラ嫌だなーって人には、良いシステム。
カメラOFFで良いと、すっぴんとかパジャマでも気にせずレッスンが受けられるので、ラクです。もちろん講師側のカメラはONになっているので、講師の姿は、毎回見ることができます。

③単語でインプット

発音方法がわかったら、次は、実際に単語で、発音していきます。

hanaso 発音 単語

あ、その前に、「関先生のワンポイントアドバイス」がありましたね。

大事なものをすっ飛ばしてました。

これは、「発音方法に関する、一言二言くらいのアドバイス」なのですが、、、

毎回、ふむふむって唸ってしまう。

例えば、今回のものを見てみると、

「f」を発音するには、下唇を噛めって言われてるけど、それよりも、「遮断する」って感覚でやったほうが良いよ。

という、目からウロコな話と、

今回習う「f」と「v」は、fiveという単語で練習すると、両方練習できていいよ。難しいけど。

という話が載ってますね。

MEMO
ちなみに、できたら、このパートくらいまでは、レッスン前に読んでおくと安心します。

で、話を戻して、単語!

今回のレッスンの、1つ目の単語は、「Jeff」

まず、講師が、

Jeff

と、発音してくれるので、

それに続いて、自分も、

maLuco

ジェフ

と、真似して読んでいきます。

一通りの単語を読んだら、最後に、自分一人で、またすべての単語を読みます。

この時、うまく発音できていないと、

上から○番目の単語、もう一回読んでみましょう。

って感じでチェックしてくれるので、しっかり練習できます。

④早口言葉に挑戦

それが終わると、また、ちょっとしたアドバイスポイントが載っているので、それを黙読します↓

このページの、上部の「Tips on Pronunsiation」ってやつですね。

hanaso 発音 タングツイスター

maLuco

こんな感じで、細かい解説があるのは、本当に助かる(日本語だし)

で、その次に、ついに来ました、タングツイスター

タングツイスターは、「早口言葉」という意味なんですが、、、、

これがクセモノなんです!笑

けっこう、難しくてですね…めっちゃ、つっかえます。

でも、この早口言葉の中に、今回習った発音がふんだんに盛り込まれているので、すごい練習になるんです。

例えば、「f」のものを書き出してみると、

Ford plays as a forward.He faces defenders in the midfield ahile moving forward.

fが6個も!

最初は、ゆっくり、講師の後に続いて読みます。

その後は、一人で読んでいく、と。

ちなみに、早口言葉と聞くと、

え、早く読まないといけないの!?

ってビビるかもしれませんが、まずは正確に読むことの方が大事なので、早さはそんなに求められません。

安心してください。

でも、このタングツイスターは、「練習材料」として最適

しかも、先ほど見たとおり、復習でも出題されるので、練習の効果を確認することもできます。

⑤ロールプレイに挑戦

で、最後は、ロールプレイ

hanaso 発音 ロールプレイ

まずは、赤字の入った「A」のセリフを、講師の後に続いて読んでいきます。

それを2回くらい繰り返したら、講師が「B」の役をやってくれるので、自分は「A」の役をやります。

もちろん、ここでも、今回習った発音がたくさん盛り込まれてます。

でも、相変わらず、簡単ではない!笑

正しく発音しようと思うと、なかなかスラスラ読めません…

でも、hanasoの講師、優しいです。

辛抱強く聞いてくれます…涙

MEMO
いきなり最初から上手くできたら、そもそもこの発音コース受ける必要ないですよね。なので、上手にできなくても、気にしないで大丈夫。講師も、「大丈夫。とにかくたくさん練習することよ」って、励ましてくれます。

レッスンは、全部で25分。

1つのUnitが、1回のレッスンできっちり終わることもあれば、途中で終わってしまうことも結構あります。

しかし、どんな中途半端なところで終わっても、必ず次回の先生に引き継がれるので、大丈夫です。

maLuco

最後まで終わらせなきゃって焦るより、納得いくまで時間をかけた方が良い!

hanasoの発音コースまとめ

はい、ということで以上、hanasoの発音コースについて、ご紹介してきました。

ちなみに私は、明日で、ステージ1が終わる予定です!わーい!

受ける前に比べたら、発音けっこう上達したんじゃないかな。

maLuco

この前カラオケで、英語の曲歌ってみたら、前より発音が上手くなってた気がする!笑

とはいえ、まだまだ上達の余地はありまくりなので、引き続き磨いていきたいと思います。

もし、あなたも「hanasoで、発音レッスン受けてみようかな〜」と、ちょっとでも思っているなら、まずは、無料体験レッスンで、自分に合うかどうか試してみることをオススメします↓

レッスン2回、無料

MEMO
ちなみに、hanasoの無料レッスンを受けると、

英会話フレーズ集のPDFが貰える
・amazonギフト券3000円分が抽選で貰える

という、特典が付いてきます。



私がhanasoを無料体験した時のレビューは、こちら

hanaso 無料体験【hanasoの無料体験レビュー】実際にレッスンを2回受けてみた!

以下の記事も、オススメです

hanaso 評判hanasoの評判・口コミって、どうなの?【現役ユーザーが検証】 hanaso 教材【hanasoのテキスト教材】9つ試してわかった、オススメ3選