【2020年最新】行政書士の模試6つを比較!おすすめは?

行政書士 模試 おすすめ

お悩み

行政書士試験の本番に向けて、模試を受けたい!
いくつか模試があるみたいだけど、どこがオススメ?

そんな疑問にお答えします。

模試選び、なるべく失敗したくないですよね。

先に結論から言ってしまうと、伊藤塾の公開模擬試験がおすすめです。
(私自身も受験時代、受けました)

この記事では、なぜ伊藤塾がおすすめなのか、模試6つを比較しつつ解説していきます。

また、模試の効果を最大化するためのコツなども書いていきます。

maLuco

この記事を読めば、スムーズに模試が選べるはず!

どの模試を選んでも、そんなに大差はない

冒頭では伊藤塾がオススメだと書きましたが、どの模試を選んでも、そんなに大差はありません。

というのもまず、模試を受ける目的は、

  1. 本番のシミュレーションのため
  2. 現状の実力を測るため(弱点の把握など)

この2つをメインに考えている人が、多いかと思います。

これらはどの模試を利用したとしても、実現可能ですよね。
なので、そこまでの違いがないわけです。

なぜ伊藤塾がオススメなのか?

しかし、模試には、予想問題としての側面もあります。

模試の問題は、各社の講師陣やスタッフが過去の出題傾向を振り返りつつ、「この辺りが今年は出るんじゃないか〜?」なんて予想して作っていくわけです。

伊藤塾が他の模試よりおすすめ、と言える理由はここにあります。

というのも、伊藤塾は唯一、予想が的中した問題をちゃんと公表してるんですよね↓

伊藤塾 模試 的中

他のスクールでは、コレが公表されてません。

おそらく的中してたら出すはずなので、あんまり当たってないんじゃないかなと…。

また、伊藤塾は受験者数も公表しています。

昨年の受験者数は、3,747人!
かなり多いです。

ちなみに他の模試で、受験者数を公表してるところもありません。

そして何といっても、伊藤塾は士業に特化した歴史あるスクールなんですよね。
私が選んだのも、結局のところ、そこが一番の決め手でした。

行政書士の模試6つを徹底比較!

さて改めて、行政書士試験の模試を販売している、6つのスクールを一覧にしてみました↓

スクール名 模試名 受験方式 料金(税込) 採点方式 解説講義時間
伊藤塾 中間模試 自宅 3,000円/1回 添削あり 4時間
伊藤塾 最終模試 自宅 3,000円/1回 添削あり 4時間
LEC 全日本行政書士公開模試 自宅/会場 3,850円/1回 添削あり 2時間30分
LEC 行政書士ファイナル模試 自宅/会場 1,100円/1回 添削あり 2時間30分
LEC 厳選!直前ヤマ当て模試 自宅/会場 3,300円/1回 添削あり なし
フォーサイト 模擬試験講座 自宅 10,780円/2回 自己採点
アガルート 模擬試験 自宅 4,400円/1回 自己採点 約5時間
TAC 全国公開模試 自宅/会場 3,700円/1回 添削あり 不明
大原 全国統一公開模擬試験 会場 3,000円/1回 添削あり 不明
表は、右にスクロールできます。

料金の相場は、3,000円〜4,000円という感じですね。

では続いて、具体的に見ていきましょう。

伊藤塾

伊藤塾 行政書士 模試

まずは、伊藤塾からです。

伊藤塾では、

模試名 受験方式 料金(税込) 採点方式 解説講義時間 教材発送日 解説講義
配信開始日
中間模試 自宅 3,000円/1回 添削あり 4時間 9/1(火) 9/16(水)
最終模試 自宅 3,000円/1回 添削あり 4時間 10/6(火) 10/21(水)

これら2つの模試を出しています。

私は、この「最終模試」というのを受けました。

たしか会場は、日本大学。
模試なのに、会場入りする段階から緊張したのを覚えてます笑

maLuco

でも、試験も本番さながらの空気感のなか受けることができたし、解説も勉強になったし、選んで良かったです(結果はボロボロでしたが…)

ちなみに、伊藤塾では、中間模試と最終模試の両方がセットになった、「模試パック」というのも販売されています。

セットだと、5,000円で受けることができるので、1,000円分お得

今年はコロナの影響で、現状自宅での受験のみとなっているようですが、模試の質には関係がないと思うので、相変わらずオススメではあります。

ただ、会場での模試を一個は受けておきたいという人もいますよね。
そういう人は、次に紹介する「LEC」または「フォーサイト」もチェックしてみてください。

模試について、詳しく調べる

LEC

LEC 行政書士 模試

続いては、 LECの模試です。

模試の種類は、もっとも豊富。
やたらと数を受けることができます。

模試名 受験方式 料金(税込) 採点方式 解説講義時間
全日本行政書士公開模試 自宅/会場 3,850円/1回 添削あり 2時間30分
行政書士ファイナル模試 自宅/会場 1,100円/1回 添削あり 2時間30分
厳選!直前ヤマ当て模試 自宅/会場 3,300円/1回 添削あり なし

他にも、「到達度確認模試」というのがあったり、模試6回分がセットになった「模試パック(16,500円)」というのも販売されています。

模試をたくさん受けたいけど、複数の会社に申し込むのはめんどう…という場合は、このパックを利用するのもアリ。

「全日本行政書士公開模試」と「行政書士ファイナル模試」の解説を担当するのは、LEC看板講師の横溝慎一郎先生。
そして「到達度確認模試」の解説は、日高正美先生です。

またLECは、会場での受験も可能となっています。
詳しいスケジュールや会場の場所などは、公式サイトにてチェックしてみてください。

模試について、詳しく調べる

フォーサイト

フォーサイト 行政書士 模試

続いては、フォーサイトです。

模試名 受験方式 料金(税込) 採点方式 解説講義時間 模試対策ライブ講義 全国一斉模試
模擬試験講座
・基礎レベル
・本試験レベル
自宅 10,780円/2回 自己採点 10/8(木) 10/11(日)

フォーサイトでは、「基礎レベル」の模試と、「本試験レベル」の模試がパックになったものが販売されています。

採点は、自己採点となっているのがちょっと微妙。

ただ、購入者限定のライブ講義配信(YouTube)を視聴することができるんですよね。

で、10/11(日)に行われる「全国一斉模試」というライブ講義がけっこう面白くて、「本試験レベル」の問題を参加者で一斉に解いて、答え合わせと解説を行うんだそうです。

つまり自宅で安全に受けることができて、かつ会場模試のような臨場感も受けることができる、と。

これ、なかなか良い方法ですよね?

ちなみに、その3日前(10/8)におこなわれる「模試対策ライブ講義」では、一斉模試の講義に向けた総まとめの講義もやるそう。

会場で受けたいけど、現実的にムリそうという人には、ピッタリな模試。

模試について、詳しく調べる

アガルート

アガルート 行政書士 模試

模試名 受験方式 料金(税込) 採点方式 解説講義時間 発送開始日 視聴開始日
模擬試験 自宅 4,400円/1回 自己採点 約5時間 7/9 7/9

アガルートの模試は、シンプルに一回のみ。

料金は4,400円(税込)と比較的高めですね。

ただ講義時間は5時間と、かなり長いので、その分解説は丁寧にやってくれそう。

担当講師は、人気の豊村慶太先生です。

模試について、詳しく調べる

TAC

TAC 行政書士 模試

模試名 受験方式 料金(税込) 採点方式 解説講義時間 発送開始
(第1回)
発送開始
(第2回)
会場受験
(第1回)
会場受験
(第2回)
全国公開模試 自宅/会場 3,700円/1回 添削あり 不明 10/2(金) 10/9(金) 10/9(金)・10(土)・11(日) 10/16(金)・17(土)・18(日)

TACも、会場受験が可能なスクール。

「解答解説講義」はオンライン配信されるそうですが、内容はウェブに載っていなかったので、まだ詳細は不明。

模試は2回ありますが、どちらも受ける場合は、セットになった「勝利の模試セット(5,500円)」というのがお得です。

模試について、詳しく調べる

大原

大原 行政書士 模試

模試名 受験方式 料金(税込) 採点方式 解説講義時間 開講時期
全国統一公開模擬試験 会場 3,000円/1回 添削あり 不明 10月

最後は、大原

大原もウェブに載っている情報が少なく、例えば解説講義はどういった内容なのかといったことは分からず。

模試について、詳しく調べる

模試は何回受けるべき?

以上まとめると、

  • 質を重視したいので、自宅で受験でもOK→伊藤塾
  • やはり会場で受けたい→LEC
  • 自宅で受けつつ会場の臨場感も→フォーサイト

という感じになるかな、と。

ちなみに、模試は1回受けるだけでは足りない、と私は考えてます。

本番の「3時間」に体を慣らすためにも、3回以上は必要かなと。

しかしながら、その全てを紹介してきたような模試で補う必要はありません。

私は伊藤塾の模試を1回、そしてそれ以外は、市販の予想模試を3回分やりました。

利用したのは、以下の予想模試。

3回分とも、自宅でやりました。

このような「書籍での模試」であれば、解説講義や添削といったものは受けられませんが、その分安く済みます。(上記の本は、2,000円弱くらい)

とにかく大事なのは、回数をやることですね。

ただ、できれば1つの会社のものだけをやるより、複数の会社のものを受けた方がいいです。

というのも、作成する会社によって、クセみたいなものが出てくるので。

模試の効果を最大化するための、2つのコツ

では、最後に模試の効果を最大化するためのコツを、2つ紹介します。

①本試験だと思って受ける

まず1つ目は、本試験だと思って受けるということです。

会場であろうと、自宅であろうと、本試験を受けるつもりで臨んでください。

なので、自宅で受ける場合も、本番と同じく13時からやりましょう。

本試験でトイレに行かないつもりなら、模試でも行かない。
トイレに行くつもりなら、どのくらいの時間帯でいくのか決めて、その通りに行ってみる。

とにかく「これは本番だ」と思って受けてください。

時間配分も、本番でやるつもりの感じでやりましょう。
もちろん終了の時間が来たら、必ずペンを置いてください。

それから、受験中は、邪魔が入らないように気を配りましょう。

注意
同居人がいる場合は、必ず模試をやる旨を伝えておくこと!

②しっかり復習する

もう1つのコツは、しっかり復習するということ。

不正解だった問題は、しっかり復習しましょう。

難易度の高い問題の場合はそこまで深追いしなくてもOKですが、比較的易しいとされている問題を間違えた場合は、要チェック。確実に本試験では間違えないようにやっておきましょう。

ちなみに、模試の結果は気にしなくてOK。

結果が悪いからといって落ち込んでも、しょうがないので(まあ落ち込みますが…なるべく早く回復しましょう)

模試の結果が悪くても、挽回できます。

行政書士 模試 結果

私自身、伊藤塾の最終模試でD判定でしたが、本番では合格しました。

まとめ

はい、ということで以上、行政書士試験に向けた模試について解説してきました。

どの模試を受けるか、まだ決められていないという方もいるかもしれませんが、ここはなるべくサクッと決めてしまいましょう!

迷う気持ちもわかりますが、模試選びで迷うといのうは、時間がもったいなさすぎるので。。
試験直前のこの時期は、1分1分を大事にしていきましょう。

本番まで、残りわずか。
苦しい時期だと思いますが、最後まで力を抜かずに走りきってください。

とにかく全力でやりきった方が、結果がどうなろうと後悔せずにすむので。
応援しています!