amazonで1,000ポイント貰う方法

【銀河もみじキャンプ場】行く前に知っておきたい7つのこと【阿智村】

銀河もみじ キャンプ場

長野県の阿智村にある、キャンプ場「銀河もみじ」

このキャンプ場は、星空がとにかくキレイなことで有名です。

宇宙好きの私としては、これは行かねば…!ということで、ついに先日、足を運んできました。

銀河もみじ キャンプ

実際に行ってみると、

星だけじゃなく、川も緑もキレイで、ただただ最高なキャンプ場でした。。。

しかし、「これは事前に知っておきたかったなー」って思ったこともありました。

ということで、このページでは、キャンプ場「銀河もみじ」に行く前に、知っておきたかった7つのことをご紹介します。

maLuco

これから、「銀河もみじ」に行く人の参考になれば嬉しいです!

銀河もみじキャンプ場①星空を撮影できるものを持って行くべき

銀河もみじ 星

まず1つ目は、星空を撮影できるものを持って行くべきだったな、ということ。

「日本一の星空」と言っているだけあって、本当に、ハンパなく綺麗だったんですよね。

なんというか、星の数に驚いて、腰が抜けそうになったレベルでした。

公式のインスタに載っていた画像は、こちら↓

私達が行った日は、曇りだったので、ここまでは見れなかったですが、それでも人生で見た星空で、一番凄くて、もはや笑ってしまうくらい。

しかし、ちゃんとしたカメラを持って行かなかったので、撮影できず。

maLuco

悔やまれます。

肉眼でも十分楽しめましたが、記憶に残すためにも写真に撮っておきたかった。。

ということで、できたら夜空を撮影できるカメラ、持っていきましょう。

それから、望遠鏡も!

望遠鏡があれば、さらに楽しめるはず。

望遠鏡、意外と安く手に入ります、

あと、星空を寝転がってみたくなるので、レジャーシートも忘れずに。

椅子に座って星空を見るのは、首が痛くなるのでオススメしません(リクライニングできる椅子だったら、話は別)

MEMO
ちなみに、私達が行った日は、実は雨予報だったのですが、なんと一回も雨降らずでした。

山の天気は変わりやすいってよく聞きますが、まさにその通りですね!

銀河もみじキャンプ場②川で遊べるグッズを持って行くべき

銀河もみじ キャンプ場 川

次、2つ目は、川で遊べるグッズを持って行くべきだったということ。

冒頭でも述べましたが、銀河もみじは、星だけじゃなく、川もあるんですね。

そして、川の水も、ハンパなく綺麗でした。

ゴミとかも全く落ちてなかったし。

見てください、この水の透明度↓

銀河もみじ キャンプ場 川遊び

キャンプサイトのすぐ裏に、川はあります。

ただ川にたどり着くまでに、結構な急斜面を降りる必要があるので、小さい子供にはちょっと危ないかも。

水の流れの勢いも、わりと強かったので。

MEMO
キャンプサイトの逆側には、幼児用の川遊びスペースってのがあったので、小さい子供はそちらで遊べます。

ビーサンでは、ちょっと流されてしまいそうな水の勢いだったので、川で遊ぶには、こういった↓水に流されないようなサンダルが必要です。

それから、果物とか、水着とか、遊び道具とかも、持っていったらもっと楽しめたんじゃないかなって。

銀河もみじ キャンプ場 スイカ

他のお客さんで、スイカ冷やしている人いて、羨ましかったです…笑

あとこれちょっと話ズレますが、

銀河もみじキャンプ場、自然が豊かすぎて、なんと野生のサルがいました。

銀河もみじ キャンプ場 自然

キャンプ場に普通に入ってきて、一瞬めっちゃびっくりしました笑

銀河もみじ キャンプ場 猿

maLuco

木の実をパクパク食べてて、可愛かったです。

銀河もみじキャンプ場③炊事場やトイレは、わりと清潔なので問題なし

3つ目は、誰もが気になる、水場。

銀河もみじの「炊事場」や「トイレ」は、わりと清潔なので問題なしです!

銀河もみじ キャンプ場 炊事場

ただ、炊事場はいくつかあったのですが、炊事場によって「綺麗さ」には、少し差がありました。

maLuco

あ、スポンジや洗剤は置いてなかったので、お忘れなく。

それから、食器を炊事場まで持っていくのに、こういった↓折畳みコンテナも、あったほうが便利ですよね。

持ってない人は用意しておきましょー!

銀河もみじ キャンプ場 トイレ

トイレも、わりと清潔。ストレスゼロ。

銀河もみじ キャンプ場 洗面

シャワーもありますが、私達は行かなかったのでどれくらい綺麗かは、不明。

ちなみに、キャンプ場から出て、車で20分くらいのところに「温泉」もあります。

MEMO
私達は、「湯ったり~な昼神」というところに行きました。プールもあったり、まあまあ広めのスーパー銭湯って感じの施設。

マッサージ(フランスベッドとか)を無料で体験できたのが最高でした(常設のものかは分かりません)

銀河もみじキャンプ場④アブ対策が必要

銀河もみじ キャンプサイト

次、4つ目は、アブ対策が必要ということ。

銀河もみじキャンプ場、アブ、めっちゃいました。

蚊の対策はしていったのですが、それ以外は用意していなかったので、これはちょっとキツかった!

maLuco

蚊の対策グッズでは、歯が立たずでした…

しかも、キャンプ場の売店に、アブ対策グッズ売ってなかったので、買っていくことをお勧めします。

キャンプから帰ってきて、もう3日経ちますが、刺されてたところまだかゆい…

銀河もみじキャンプ場⑤キャンプ場内では、お酒が買えない

銀河もみじ キャンプ場 売店

次、5つ目は、キャンプ場内では、お酒が買えないということ。

キャンプ場の売店には、お酒売ってません。

というか、飲み物自体売ってなかった気がします(自販機はあった)

maLuco

2日目の夜には、ちょっとしたアルコール不足に陥りました…

銀河もみじ キャンプ場 売店 食べ物

スナック系は、ちょこっと売ってました。

銀河もみじ キャンプ場 物販

売店は、大手のキャンプ場をイメージしていくと、物足りなく感じるかも。

銀河もみじ キャンプ場 店

ちなみに、受付はこんな感じでした↓

銀河もみじ キャンプ場 受付

運営はけっこうゆるい感じっぽくて、チェックアウトの時スタッフが不在で、ちょっと焦った…笑

銀河もみじ キャンプ場 管理棟

それから、買い出しは一番近いスーパーでも、車で15分くらいかかるところにあるので、食材などは、可能なだけ揃えていっちゃうことをオススメします。

そして、夏場はクーラーボックス必須ですね。

我が家も、今回新調しました↓

キャンプ アイスボックス

凍らせていった「2リットルのペットボトル」は、最終日まで持ちました。

キャンプ クーラーボックス

ちなみにコールマンのこのボックス、ドリンクホルダーもついてるし、

キャンプ アイスボックス コールマン

かなり丈夫なので、「椅子」としても使えます!

銀河もみじキャンプ場⑥薪や木炭は手に入る

そして、6つ目は、薪や木炭は手に入るということ!

薪(針葉樹、白樺)は、1本50円。1セット500円で買えます。

銀河もみじ キャンプ場 薪 販売

「避難小屋」という名がついたスペースに置いてあり、そこで自分でピックアップします。

お金は、ポストに入れるというスタイル。

それから、キャンプ場内には、

銀河もみじ キャンプ場 薪

こんな感じで自由に使える木材も、たくさんありました。

そして木炭は、3kgで800円。

銀河もみじ キャンプ場 木炭

これは売店で買えます。

銀河もみじ キャンプ場 炭

銀河もみじキャンプ場⑦ゴミは、すべて持ち帰られないといけない

銀河もみじ キャンプ場 ゴミ

最後、7つ目は、ゴミは、すべて持ち帰られないといけないということ。

これ結構きついです。。

maLuco

知っておきたかった…

でもその分、みんなゴミ出さないようにする→キャンプ場は綺麗なまま、という良い流れができているのかも?

銀河もみじキャンプ場の基本情報

長野 キャンプ

はいと、いうことで以上、銀河もみじ行く前に知っておきたかった7つのことを、ご紹介しました。

最後に、銀河もみじの基本情報もザックリ載せておきます。

住所 長野県下伊那阿智村浪合1771-1
電話番号 0265-48‐6058(お問い合わせ:平日の10時~15時)
0265-47-2777(当日のキャンセル・お問い合わせ用)
チェックイン 13:00〜
チェックアウト 11:00

maLuco

車は、飯田山本IC降りたら、そのあとは山道もありますが、ほぼ整備されている道なので、運転はわりと楽でした。

ちなみに、今回キャンプ場でかかった費用は、

区画サイト2泊
(一泊4,500円)
9,000円
清掃協力費(2人×2日) 1,200円
薪代 500円
木炭代 800円
合計 11,500円

という感じでした。

その他、詳しいキャンプ場の詳細は、銀河もみじの公式サイトで、確認してみてくださいね!

銀河もみじキャンプ場の雰囲気(動画)

銀河もみじキャンプ場の雰囲気を知りたい方は、こちらの動画↓も良かったら参考にしてください。

以下の記事もオススメです

キャンプ 初心者 必需品【Amazonで買える、キャンプ用品】初心者キャンパーの8つの必需品 キャンプ用品 レンタル 得【キャンプ用品のレンタル】7回以上行かない人は、レンタルがお得! キャンプ ランタンスタンドキャンプ初心者が、忘れがちな8つの持ち物 キャンプ 失敗 まきキャンプ初心者の、失敗あるある4つ【体験談】 キャンプ場 選び方【キャンプ場の選び方】初心者が失敗しないために、チェックしておくべき7つのポイント