英語を1000時間勉強したら、どれくらい伸びるのか?【実験】

英語 勉強 1000時間

1000時間の法則って、聞いたことありますか?

何かスキルを伸ばすには、少なくとも1000時間は必要だよね、といった話です。

どうやらこれは英語のスキルアップにも、当てはまるようです。

とはいえ、とはいえですよ。

1000時間ガリガリやったら、はたして具体的にどれくらい伸びるのか?

ここが分からない。謎です。

なので、私、自分の1000時間をかけて、実験することにしました。

maLuco

1000時間しっかり計測しつつ、その伸び具合を確認してみます!

とはいえ、1000時間というのは膨大な時間。

1日90分くらいのペースで進めていく予定なので、2年くらいはかかる感じになるかと。つまり、2020年と2021年でやっていく感じですね。

なので、しばらく結果は出ませんが、進捗状況は随時更新していきます。

「英語を1000時間勉強する」実験を、始める理由

英語 勉強 理由

ちょっと自分の話をすると、私もともとは英語が苦手でした。

確か、私の世代(1986年生まれ)では、中学1年生から「英語の授業」が始まったと思うんですけど、全くついていけず。

このままではヤバい…ということで親にお願いして、個人塾に通わせてもらいました(田舎の公立中学だったので、授業のレベルは低く、ちゃんとやるなら塾しかなかったわけです)

塾の先生はとても教え方がうまく、おかげで私の英語の成績は上がっていき、高校を卒業する頃には、一番の得意科目に…!

そして大学1年目が終わるころ、語学勉強のためロンドンに留学します。

しかし、今考えると非常にもったいないのですが、残念ながらロンドンに馴染めず、ホームステイ先を家出し、勝手に部屋を借り、かの夏目漱石の留学時代と似たような末路に。。(参考:失敗図鑑

maLuco

なんとか1年弱生き延びることができましたが、もちろん英語力は期待ほど伸びませんでした。

そして日本に帰ってまた大学生活に戻ると、毎日が楽しく、英語のことはもうすっかり放置。

留学してたことは、なるべく人に言わぬよう過ごしつつ(参考:私には「留学してたのに、英語が下手」というコンプレックスがあった)、もう英語は今ののレベルでいっか〜って感じで過ごしてきました。

しかし、一緒に暮らす彼女が「英語勉強したい」欲が強い人で、その彼女の話を何度も聞いているうちに、英語に再び興味を持ち始めます。

さらに、ある日ネットを見ていると、留学しても英語が下手なままの人はたくさんいるという事実を知ります。「なんだ、自分だけじゃないんだ…」と謎に安心し、そんなこともあって英語に対して、徐々にまたポジティブな感情を持てるように。

そして、気づけば英語を改めて勉強したくなってきたのです。

というのも、私もともと英語が好きなんですよね(特に、洋楽や海外ドラマが好き)

そして、2019年の春ごろから、ついに英語の勉強を再開しました。

どんな勉強方法がベストかまだ分かっていなかったので、色々とやってみました。

  • オンライン英会話
  • 英語日記
  • ディクテーション(スタディサプリENGLISH)
  • 音読
  • 単語アプリ
  • 洋書(本、音声)
  • 海外ドラマ
  • 瞬間英作文

などなど。

特にオンライン英会話と、ディクテーション(スタディサプリENGLSIH)が効いて、TOEICスコアでいうと、700点レベルから、900点まで伸ばすことができました。

toeic 700 から 900TOIEC700点レベルから900点を取るまでの、2つの勉強方法とコツ

なので、コツコツ続ければ、英語って伸びるんだなということは実感しました。

しかし、自分の理想の英語レベルには、まだまだ程遠いのです…!

なんとか英語をギリギリ話せることはできるけど、文法は崩れまくり、語彙力なし、話も浅くしかできない、といった感じで、まだまだひどいレベル。

ということで、改めて、1000時間という時間を目安にして、どれくらいここから伸ばしていけるのか挑戦してみたいな、と。

「1000時間」を意識することには、

  1. ゲーム感覚で勉強できる
  2. ゴールが見えるので、最後までやり通せる

といったメリットがあるんじゃないかなと、期待してます。

さらに、経過も含めてブログに記録していったら、もしかしたら、同じように英語勉強している人の役に立てる部分もあるかもしれないな、と!

英語を1000時間勉強する上での、仮説

英語 勉強 仮説

さて、この実験をするにあたって、英語力の伸びを測るための尺度が必要です。

私は最終的に、「話す」ことも含めて英語を使いこなせるようになりたいので、アルクという会社がやってる「TSST」というスピーキングテストを使うことにしました。

勉強スタート16日目に、現状のレベルを測るため、さっそく受験。

するとレベルは、9段階のうち「5」という判定が出ました。

英語 スピーキングテスト【アルクのTSST】英語スピーキングテストの体験レビュー

これは、どれくらいのレベルかというと、

  • 簡単な会話ならできる
  • でもたくさん話すとミスるよね
  • 外国人の英語に慣れてる人なら聞き取ってくれるけど、そうじゃない人はキツいよね

というレベルです。

そして、最高レベルの「9」は、

  • 身近な話題だけじゃなく、社会問題なども語れる
  • 話の構成、文法や語彙も、問題なし
  • 外国人の英語に慣れてない人とでも、コミュニケーションばっちり

こんな感じ。

相当高いレベルになります。

おそらく、何も工夫しないで1000時間勉強したら無理だと思います。

でも、工夫して「中身の濃い勉強」を積み重ねていけたら、届く可能性のあるレベルなんじゃないかなと。

「英語を1000時間勉強する」実験のルール2つ

英語 勉強 ルール

一応ルールも、決めておきます。

それは、以下2つ。

  1. 楽しめるメニューしかやらない
  2. 勉強の濃度を高める

英語を1000時間勉強する上での、ルール①楽しめるメニューしかやらない

1つ目は、最重要。

なるべく楽しめる勉強方法だけで、やっていきます。

つまんないなーって感じる勉強方法は、すぐやめるようにします。

結局のところ、楽しくないと、1000時間は続けられないと思うので。

英語を1000時間勉強する上での、ルール②濃度を高める

そして2つ目は、「勉強の濃度を高める」こと。

これは先ほども書きましたが、1000時間でレベルを上げていくにはかなり大事になるかなと。

ただ、どんな勉強方法が正解か?というのは100%分かるわけではないので、そのつど試行錯誤していくつもりです。

また、勉強方法は、基本的に「英語上達完全マップ」という本で言われているやり方を土台として、バランスよく勉強するスタイルでやっていく予定。

英語上達完全マップ やり方【英語上達完全マップのやり方】継続すれば、100%結果が出そうな8つの方法

そして、1000時間のうち、前半はインプット中心、後半はアウトプット中心という感じで進めていこうかなと、現段階では考えています。

1000時間達成までの、月ごとの英語勉強ログ

英語 勉強 1000時間 記録

はい、ということで前置き長くなっちゃいましたが、さっそくスタート。

1ヶ月目の振り返り(2020年1月)

1ヶ月目は、内容云々よりも、まずはとにかく90分ペースでの毎日学習に慣れるということを最優先事項としました。続けられなければ意味がない、ということで。

結果、1日もサボらず、継続できました!

これでもう「毎日、英語の勉強をする」という習慣化は、バッチリかな、と。

具体的な勉強内容は、以下の通り。

英語 1000時間 1ヶ月目

maLuco

TEDICTばっかやってる…

TEDICTは、ディクテーションアプリなのですが、これが楽しくて、ついついハマってしまいました。。

あまり偏りすぎは良くないですが、おかげでリスニング力はかなり鍛えられている気がする。

ディクテーション アプリ実際に使ったディクテーションアプリ4つを、徹底比較【レベル別】

1ヶ月目の気づき

前半、洋書多読を進めていたのですが、冷静に考えて、まだ私にこの勉強方法は早いなと気がつきました。

というのも、多読はある程度の「精読」ができる前提でのトレーニングです。

しかし、洋書を読み進めていくうちに、語彙力も読解力も、まだ圧倒的に足りなすぎるな…と。

そこで多読は、20冊読んだところで一旦ストップ。

1月の終わりの方では、精読にシフトチェンジしました。

焦らずにまずは、精読で、洋書多読に耐えられる筋肉をつけます。

「洋書多読」は、この1000時間の勉強の中でも、主要トレーニングにしていくつもりなので、ここは慎重に基盤を固めます。

あと、そーだ。

新たに、単語アプリ「Anki」と、発音アプリ「ELSA」を使い始めました。

どっちも、イイ感じです。

今後も、勉強ツールはいろいろ試していきたい。マンネリ防止のためにも。

2月はどうする?

2月は、「精読月間」にします。

目標は、他のトレーニングもこなしながら、精読用の参考書を4冊終わらせること!

2ヶ月目の振り返り(2020年2月)

2ヶ月目は、精読(英文読解)を中心にやりました。

具体的な勉強内容は、以下の画像の通り。

英語 1000時間 2ヶ月目

アウトプットとして、久々に「オンライン英会話」もやったりしました。

2月の目標は、精読用の本を4冊終わらせるということでしたが、4冊目の半分くらいで時間切れ。

しかし、精読ばっかりやっても仕方ない気もするので、ここで一旦ストップ。

英語 精読

今回使ったのは、以下4冊。

ポレポレ英文読解プロセス50

英文読解用の参考書として、いろんなところで紹介されていたポレポレ。

大学受験用ですが、頭の体操にいいかも!ということでやってみたところ、最初は難しくて頭が沸騰しそうに…笑

でも徐々に、パズルのように感じてきて楽しくなりました。

ただ正直、受験生以外はここまでやらなくてイイ気がします。

筋トレ的には使える。

村上春樹「象の消滅」英訳完全読解

この村上春樹の英訳本は、そこまで難しくもなく、ちょうど良かった!

ストーリーも面白くて楽しめます。

東大名誉教授と名作・モームの『物知り博士』で学ぶ 英文読解術

4冊の中で一番おすすめなのは、この本。

ちゃんと設問が用意されてるので、真剣に読まざるをえず、わりとガッツリ精読やれます。

東大名誉教授と原文で楽しむ 英文読書術

これは途中までしかできなかった本。なかなか難しかった…

ということで以上、3冊半やったおかげで、難しい英文への忍耐力みたいなものがつきました。

これで改めて、多読に進めそうです。

2ヶ月目の気づき

どんなにやる気がない日でも、1分だけでも勉強しようと思って着手すると、5分くらいはやれる。

そして、5分やれたら、気分的にもサボってしまったという罪悪感がなく、翌日から復活しやすくなる。

つまり、「ゼロ」になる日を作らないというのは、継続する上で大切なことなのかもしれない、と思いました。

3月はどうする?

3月は、「洋書月間」にします。

たくさん読む「多読」を意識しつつも、気になる単語は調べたりしてもOKな精読感も残しつつな感じで。

目標は、毎日少なくとも30分は読む!で。

3ヶ月目の振り返り(2020年3月)

3ヶ月目は、多読を中心にやりました。

新型コロナが流行り出して、勉強どころじゃないな…って感じにもなりましたが、とりあえず手は止めずに。

具体的な勉強内容は、以下の画像の通り。

英語 1000時間 3ヶ月目

毎日少なくとも30分は洋書を読む!というのを目標にしてたのですが、これは上のツイートにも書いた通り、31日中21日しか達成できず。。

3ヶ月目の気づき

・勉強メニューの種類を減らしてみたら、毎日90分というペースが少し崩れてしまいました。やはり、いろんなメニューをちょっとずつ積み重ねる、という勉強スタイルの方が良いのかも。その方が気持ちもラク。

・洋書多読は、「読みたい」本と「読める」本のバランスを取るのが難しい…けど、やはり最初は読める本にフューチャーした方が続きそう。難しいと、どうしても手が止まってしまう。ということで、ラダーシリーズ、以下2冊を活用しました。

内容は知ってることが多かったので、そこまでハマれるものではなかったけど、スラスラ読めると嬉しい。

あとWonderという小説も読んだのですが、これは思いっきりハマリました。超おすすめ。

たぶん、読みながら5回は泣いた。

ちなみに私がいま「読みたい」本は、これです↓

「読める」本と同時進行で、これもコツコツ読み進めてます。

それから週1ペースでオンライン英会話レッスンも受けたのですが、「エイゴックス」がとても便利に使えました(月額2,178円と、料金も安かった)

エイゴックス 評判【ガチ評判】エイゴックスを実際に1ヶ月利用した体験レビュー

4月はどうする?

4月は、再び、毎日少なくとも30分は洋書を読むを目標にしてやっていきます。

洋書を30分というのはまだちょっとハードなので、10分×3回とか細切れに分けて取り組もうかなと。

あとは、マンネリ化を防ぐためにも、新たな勉強メニューも追加していきます。濃度高く!

4ヶ月目の振り返り(2020年4月)

4ヶ月目は、先月に引き続き、多読を中心にやりました。

具体的な勉強内容は、以下の画像の通り。

英語 1000時間 4ヶ月目

4月も、毎日少なくとも30分は洋書を読む!というのを目標にしてたのですが、上のツイートにも書いた通り、達成できたのは31日中25日。

微妙な結果ですが、それでも続けている効果か、洋書を読むスピードが上がってきてる感覚があります。分からない単語あってもスピーディーに飛ばせる感じ。

ちなみに今月読んだ本は、どうやら人気らしい小説「Holes」

これは正直、期待してたほどハマれず…

あとは、「THE GIVER」

これは「SF」だったのもあって、なかなか面白かった!

あとは前からちょっとずつ読み進めてた、「HOW MUSIC WORKS」も読了。

音楽の本なので、専門用語たくさん出てきて難しかったのですが、それでも興味が勝って最後まで読みきれました。

それプラス、音楽関係のPDF本もちょっとだけ読んだり。

月末からは、「Everything Leads to You」という小説を読み始めてます。

4ヶ月目の気づき

マンネリ防ぐためにも、新たなメニューとして、トーキングマラソンっていうスピーキングアプリ使ってみたり、スタサプTOEIC始めたりしたのですが、引き続きメインが洋書だったからか、そこまで新鮮味を保てなかった。

さらに4月は生活リズムが崩れちゃったのもあり、全体的にわりとダラーってなってました。

5月はどうする?

ということで、5月はメニューを気持ちを切り替えるためにも、洋書は引き続き読みつつも、勉強メニューを大きく変えていきたい。

相変わらずインプットは大事にしつつも、アウトプットもしっかり意識してやっていく予定です。

5ヶ月目の振り返り(2020年5月)

5ヶ月目は、勉強メニューを大きく変える予定だったのですが、以下ツイートにも書いたとおり、やり方に迷いが出てグラついてしまいました。

結果、中途半端な1ヶ月だった…

具体的な勉強内容は、以下の画像の通り。

英語 1000時間 5ヶ月目

5ヶ月目の気づき

1年目はインプット重視でOKと考えていたのですが、やはりある程度はアウトプットも回さないと、脳の回路がクリアになっていかない感じがするので、アウトプットをしっかり意識したトレーニングもそろそろちゃんと始めようと考えていました。

私が参考にしている本、「英語上達完全マップ」でいうと、

  1. 文法・構文・語彙などを知識として学ぶ
  2. 学んだ知識を使うための「回路」を作るトレーニングする
  3. 可能な限り英語を使う場を作り、①②で培った基底能力を駆使能力に変えていく

これの②に当たる部分ですね。

具体的には、音読をスタートさせつつ、その素材は「自分の考えを英語にしたもの」にしたいなと思って、以下の手順でやっていこうと思ってたんですね。

  1. 日本語で内容を考える(箇条書きでOK)
  2. 英語で文章を作る 
  3. 添削を受ける
  4. 音読で練習する
  5. オンライン英会話で練習する

しかし、この①と②が思ったよりハードル高く、面倒に感じてしまい、そこから「ん〜どうしようかな、方法変えようかな」とか迷ってるうちに、一ヶ月終わっちゃいました。。

MEMO
ちなみに添削は、HelloTalkを使いましたが、無料サービスなので添削がつかないこともあり、添削をちゃんとやってもらうなら有料サービス使うべきだなと、改めて感じました。
英語日記 添削【英語日記の添削】無料のHelloTalkに、15日間投稿してみて分かったこと

6月はどうする?

最終的に「自分の考え・意見」を英語で話せるようになりたいのですが、一旦ハードル下げます。

手が止まってしまっては、元も子もない。

ということで、「自分で文章作る」という部分を抜いた以下のバージョンで、6月は音読メニューをこなしていくことにします。

  1. 語るトピックを決める
  2. 英語で誰かが語ってるYouTube動画をリストアップ
  3. 一通りリスニング
  4. ディクテーション
  5. 音読で徹底的に真似る(自分の声も録音して、ネイティブと比べて何が違うのか研究。余裕があればアレンジ)
  6. 週1回、オンライン英会話でアウトプット

細かい部分は変更するかもですが。

あとは並行して、引き続き多読と、発音練習など。

ということで、6月は「音読トレーニングに、まずは慣れよう」月間にします。

6ヶ月目の振り返り(2020年6月)

6ヶ月目は、音読周りを中心にやりました。

目標にしていた「音読に慣れる」というのは、達成。ただ、ハマるレベルまでは、まだいけてません。

そして、全体的に勉強時間が少なかった…反省です。

6月やった具体的な勉強内容は、以下の画像の通り。

英語 1000時間 6ヶ月目

音読用の素材を聴きとる(ディクテーションする)のに、時間がいちばんかかってる。。

6ヶ月目の気づき

6月は、音読用の素材選びにけっこう悩まされました。

使ってみたい素材がたくさんあるものの、レベルが合ってなかったり。
興味もあってレベルもいい感じだけど、スクリプトが手に入らなかったり。。

音読用の素材は、できるだけ生の英語で、かつワクワクするものを素材にしたいと考えてましたが、適切なものを見つけるのはわりと大変ですね。
ということで、そのあたりはいったん諦めて市販の音読教材を利用しようかなと考えてます。

あと、洋書多読に関して。

洋書を読む際には、やっぱ音声があった方が耳からもインプットできてベターなわけですが、YouTubeにあがってる朗読動画がけっこう使えることを知りました。メジャーな洋書は、結構アップされてます。

とはいえ、すべての作品の音声があるわけではないので、マイナーな洋書は、オーディオブックで探しましょう。お金はかかりますが、ミスもなく綺麗な音声をゲットできます(ちなみにAmazonのaudibleなら、一冊無料で手に入ります)

7月はどうする?

7月は、引き続き音読を中心にやっていきます。
そして勉強時間が徐々に短くなってきてるので、身を引き締めて、せめて30時間は確保していきたい。

maLuco

アウトプットの時間があんまり作れてないのが気になってますが…とりあえず7月は音読に捧げる!

7ヶ月目の振り返り(2020年7月)

7ヶ月目は、シャドーイング、音読を中心にやりました。

7月の目標は、せめて30時間は確保ということでしたが、ギリギリクリア…!

具体的な勉強内容は、以下の画像の通りでした。

英語 1000時間 7ヶ月目

7月からは、発音や、ひとりごと英作文など、スピーキングのトレーニングをちょっとずつ開始してます。

7ヶ月目の気づき

7月前半は、勉強方法に迷いがあったのですが、半ばくらいに「英語2.0」という本を読んだらスッキリできました。

具体的にいうと、「音読」や「シャドーイング」というメニューの学習目的がごっちゃになっていたのですが、それを整理できた感じです。

それから、シャドーイングをやり始めたからか、リスニングスキルがまた一段上がった気がしてます。
なので最近では、学習素材にネイティブのコンテンツを積極的に取り入れてます。

好きな音楽コンテンツや、ライフハック系をみたり、あとは英語学習のコンテンツも見てます。

なんというか理解できるコンテンツが増えたことで、世界が広がった感があります!

あ、でもシャドーイングと音読の素材は、以下のものを使ってます。

先月書いたとおり、とりあえずはレベルを思いっきり下げて、市販の教材を使うことにしました。

詳しい方法はまだ手探りな部分もありますが、とりあえずは仮決めした方法でうまく回り始めた感じ。

あと、「素材を浮気せずに、まずは1つに決めてやる」ってのが大事だなと、改めて思いました。。

8月はどうする?

8月も今のメニューを大きくは変えずに、こなしていく予定。
特に直近は、シャドーイングや発音に力を入れていきます。

ちなみに自分の英語を分析するという作業もできる限りやりたい。

そして勉強時間は、40時間以上やる!(1日80分以上)

8ヶ月目の振り返り(2020年8月)

8月前半はいろんなメニューをコンスタントにこなせていたのですが、後半は海外ドラマ(英語字幕)ばかり観てました。。

8月もシャドーイングや発音に力を入れてくつもりだったのですが…楽しい方に偏ってしまった感じ。勉強時間も32時間ということで、40時間には届かず…。

具体的な勉強内容は、以下の画像の通り。

英語 1000時間 8ヶ月目

ちなみに上のツイートにも書いたとおり、ハマってたのは「ストレンジャーシングス」

日本語字幕で見てた時は気がつきませんでしたが、このドラマ、英語の勉強に意外と使えるドラマかもです。というのも、子供同士の会話が多いため、英語が比較的容易だからです。

8ヶ月目の気づき

ずっと海外ドラマだけを観ていたい…(願望)

9月はどうする?

9月は、しっかり音読系のトレーニングもやっていきます…!

日々の記録は、Twitterの方で呟いています→twitter

英語1000時間を、プロの力を借りてやる

1000時間の英語学習を、私は独学でやってますが、プロのコーチの力を借りてやるという手もあります。

「トライズ」というスクールは、まさに1000時間というのを掲げてやっているスクール。

ちなみに私は2年を目処でやってますが、トライズでは1年で1000時間やります。
その分、1日1日の負荷がかかりますが、早く上達できる、と。

ただ独学と違い、お金もかかってきます。

しかし、「独学だと、途中で挫折する自分の姿が見える…」という場合は、お金かけてでも利用した方が、英語をマスターする可能性は高まるかもしれません。

独学は大変そう…と感じたら、こういった別の方法も検討しましょう。

カウンセリングは、無料