英語を1000時間勉強したら、どれくらい伸びるのか?【実験】

英語 勉強 1000時間

1000時間の法則って、聞いたことありますか?

何かスキルを伸ばすには、少なくとも1000時間は必要だよね、といった話です。

これは英語のスキルアップにも、当てはまります。

そういえば最近読んだ、勝間和代さんの「最後の英語やり直し!」という本にも、「1000時間はやりましょー」といったことが書かれてました。

勝間 英語勝間和代さんから学んだ、英語勉強法6つ【最後の英語やり直し】

とはいえ、実際に、どれくらい伸びるのでしょう?

1000時間勉強したら、見えてくる景色は、一体どれくらい変わるのでしょうか?

そんな風に、気になりませんか?

そこで、私、

自分の1000時間をかけて、実験することにしました。

maLuco

1000時間しっかり計測しつつ、その伸びを確認してみます…!

とはいえ、1000時間というのは膨大な時間。

1日1時間30分くらいのペースで進めていく予定なので、2年くらいはかかる感じになるかと。つまり、2020年と2021年でやっていく感じですね。

なので、しばらく結果は出ませんが、進捗状況は随時掲載していきます。

「英語を1000時間勉強してみる」実験を、始める理由

英語 勉強 理由

最初にちょっとだけ、自分と英語の関わりをザッと書かせてください。

私、今は英語大好きなんですが、もともとは英語が苦手でした。

確か、私の世代(1986年生まれ)では、中学1年生から「英語の授業」が始まったと思うんですけど、全くついていけず。

このままではヤバい…ということで親にお願いして、個人塾に通わせてもらいました(田舎の公立中学だったので、授業のレベルは低く、ちゃんとやるなら塾しかなかったわけです)

塾の先生はとても教え方がうまく、私の英語の成績はみるみる上がっていき、高校を卒業する頃には、一番の得意科目に…!

そして大学1年目が終わるころ、語学勉強のためロンドンに留学します。

しかし、今考えると非常にもったいないのですが、残念ながらロンドンに馴染めず、ホームステイ先を家出し、勝手に部屋を借り、かの夏目漱石の留学時代と似たような末路に。。(参考:失敗図鑑

maLuco

なんとか1年弱生き延びることができましたが、もちろん英語力は期待ほど伸びませんでした。

そして日本に帰ってまた大学生活に戻ると、毎日が楽しく、英語のことはもうすっかり放置。

留学してたことは、なるべく人に言わぬよう過ごしつつ(参考:私には「留学してたのに、英語が下手」というコンプレックスがあった)、もう英語は今ののレベルで良いかなーって感じで過ごしてきました。

しかし、一緒に暮らす彼女が「英語勉強したい」欲が強い人で、その彼女の話を何度も聞いているうちに、英語に再び興味を持ち始めます。

さらに、ある日ネットを見ていると、留学しても英語が下手なままの人はたくさんいるという事実を知ります。「なんだ、自分だけじゃないんだ…」と謎に安心し、そんなこともあって英語に対して、徐々にまたポジティブな感情を持てるように。

そして、気づけば英語を改めて勉強したくなってきたのです。

というのも、私もともと英語が好きなんですよね(特に、洋楽や海外ドラマが好き)

そして、2019年の春ごろから、ついに英語の勉強を再開しました。

どんな勉強方法がベストかまだ分かっていなかったので、色々とやってみました。

  • オンライン英会話
  • 英語日記
  • ディクテーション(スタディサプリENGLISH)
  • 音読
  • 単語アプリ
  • 洋書(本、音声)
  • 海外ドラマ
  • 瞬間英作文

などなど。

特にオンライン英会話と、ディクテーション(スタディサプリENGLSIH)が効いて、TOEICスコアでいうと、700点レベルから、900点まで伸ばすことができました。

toeic 700 から 900TOIEC700点レベルから900点を取るまでの、2つの勉強方法とコツ

なので、コツコツ続ければ、英語って伸びるんだなということは実感しました。

しかし、自分の理想の英語レベルには、まだまだ程遠いのです…!

なんとか英語をギリギリ話せることはできるけど、文法は崩れまくり、語彙力なし、話も浅くしかできない、といった感じで、まだまだひどいレベル。

ということで、改めて、1000時間という時間を目安にして、どれくらいここから伸ばしていけるのか挑戦してみたいな、と。

「1000時間」を意識することには、

  1. ゲーム感覚で勉強できる
  2. ゴールが見えるので、最後までやり通せる

といったメリットがあるんじゃないかなと、期待してます。

さらに、経過も含めてブログに記録していったら、もしかしたら、同じように英語勉強している人の役に立てる部分もあるかもしれないな、と!

英語を1000時間勉強する上での、仮説

英語 勉強 仮説

さて、次は、実験をする上での、仮説について。

これは、

「英語の勉強を1000時間すれば、〇〇が〇〇伸びる」

という感じで設定したいのですが、その尺度となるものをどうしようか、実はまだ決め切れてません。すみません。

TOEICスコアを尺度にしてもイイのですが、、、現状の900点から、例えば990点を目指したところで微妙な感じもあります。

900点台の半ば近くになった時点では、それ以上の英語力の伸びに対する尺度をTOEICに求めないことです。
(引用元:英語上達完全マップ

一番ハードルが高いのが、スピーキングなので、スピーキングスキルが測れるものがいいかなと思っているのですが、巷のスピーキングテストってなかなか料金が高いんですよね…うーん、悩みどころです。

【2020/1/6追記】
スピーキングテスト 「TSST」に申し込みました。今月中にテストを受けます。
結果が出たら、また追記します。

検証方法

検証方法も、尺度が決まり次第、追記します。

英語を1000時間勉強する上での、ルール

英語 勉強 ルール

一応ルールも、決めておきます。

それは、以下2つ。

  1. 楽しめるものしかやらない
  2. 濃度を高める
  3. 焦らない

英語を1000時間勉強する上での、ルール①楽しめるものしかやらない

1つ目は、最重要。

なるべく楽しめる勉強方法だけで、やっていきます。

つまんないなーって感じる勉強方法は、すぐやめるようにします。

楽しくないと、1000時間は続けられないと思うので。

英語を1000時間勉強する上での、ルール②濃度を高める

そして2つ目の、「濃度を高める」も大事かなと。

これは勉強の中身の濃さ、のことです。

1000時間というモノを掲げてやっていくとなると、時間を積み重ねていくというイメージになりますよね。

なので、それを意識しすぎると、中身が薄くなってしまう可能性がありそうだな…と。

なので、濃度を高めることを、意識していきます。

また、勉強方法は、基本的に「英語上達完全マップ」という本でいわれているやり方を土台として、バランスよく勉強するスタイルでやっていく予定。

英語上達完全マップ やり方【英語上達完全マップのやり方】継続すれば、100%結果が出そうな8つの方法

そして、1000時間のうち、前半はインプット中心、後半はアウトプット中心という感じで進めていこうかなと、現段階では考えています。

また冒頭でも述べたように、1日あたり1時間30分くらいのペースで進めていく予定。

英語を1000時間勉強する上での、ルール③焦らない

最後、3つ目の「焦らない」も外せないルール。

英語力は、勉強と比例して伸びていくわけではないので、伸びてる気しないなーとか思っても、焦らないようにすることが大事かなと!

英語を1000時間勉強する実験【1ヶ月目】

英語 勉強 1000時間 記録

はい、ということで前置き長くなっちゃいましたが、さっそくスタートです。

1ヶ月目の勉強メニュー

1ヶ月目(2020年1月)の勉強メニューとしては、以下を考えています。

リーディング 洋書を読む 20分
リーディング 毎朝ニュースを読む※ 10分
リスニング ディクテーション(TEDICT) 15分
文法 冠詞の勉強 15分
スピーキング スタディサプリENGLISH
(なりきりスピーキング)
10分
スピーキング 瞬間英作文 5分
ライティング 英文コピー 15分
※興味あるトピックのニュースで読みたいものがあればそれを読む。
なければ、News In Levelを利用。
リーディング 洋書を読む 20分
リーディング 毎朝ニュースを読む ※1 10分
リスニング ディクテーション(TEDICT) 15分
文法 冠詞の勉強 15分
スピーキング スタディサプリENGLISH
(なりきりスピーキング)
10分
スピーキング 瞬間英作文 5分
ライティング 英文コピー 15分
※ 表は、右にスクロールできます。
※1 興味あるトピックのニュースで読みたいものがあればそれを読む。
なければ、News In Levelを利用。

こんな感じで、毎日、合計1時間30分。

途中でメニュー内容が変わることはありえますが、とりあえずスタートはこんな感じで。

まずは1ヶ月目やってみます!

1ヶ月目の記録

1ヶ月目が終わった段階で、ここに、

  • 日々やったことのまとめ
  • 気づき
  • 来月に活かしたいこと
  • 伸びてるかどうかの実感

この辺りのことを、記そうと考えています。

ということで、覚えてたらまた遊びに来てください〜!

日々の記録は、Twitterの方でつぶやきます→@maluco_bianista