英語を勉強する目的には、どんなものがある?7つの例を紹介

英語を勉強する目的

みんな、どんな目的で英語の勉強をしてるんだろう?

もしあなたが、そんな風に気になっているなら、おそらく、自分の目的が正しいものなのかどうか、不安を感じているのではないでしょうか?

まず最初に、英語を勉強する「目的」は、なんだってOKです。

・キャリアアップしたいから
・海外旅行で使いたいから
・モテたいから

どんな目的だって、構いません。

大事なのは、その目的を「自覚」しておくこと。

なぜかというと、目的によって、英語の勉強方法が変わってくるからです。

ということで、このページでは、「みんなどんな目的で英語を勉強するのか」、また「目的によってどんな勉強方法が最適なのか」といったことを、一緒に見ていきましょう。

英語を勉強する目的、7つの例

では、さっそく、皆どんな目的で英語を勉強するのか、見ていきましょう。

①仕事に活かしたい

英語を勉強する目的 仕事

1つ目は、英語を仕事に活かしたい、というのがありますね。

・現在の仕事で、英語が必要
・海外出張で必要
・英語を使う仕事に就きたい
・昇級したい
・英語を使ってビジネスを広げたい

などなど、様々です。

これらの目的がある場合は、ビジネス英語に特化した、オンライン英会話スクール(例えばビズメイツ)を使うと効率的です。

また、TOEICが必要な場合も、意外と、オンライン英会話スクールが使えます。

というのも、TOEIC用のコースを用意しているスクールは、たくさんあるからです。

もし、参考書を使って一人で勉強するスタイルが合わないという人は、そういったスクールを積極的に活用してみましょう。

②留学したい

英語を勉強する目的 留学

2つ目は、留学したい、という目的。

・日常英会話を、留学前にインプットしていきたい
・TOEFL対策したい

といった理由がありますよね。

日常英会話なら、どのオンライン英会話スクールでも学ぶことができます。

しかし、中でもオススメなのが、EF English Live

ここはグループレッスンがメインのスクールなので、留学前のイメージを掴むのに最適です。

また、TOEFLの勉強が必要な人は、それ専用のコースを用意しているスクールもあるので、そういったところを利用するのが良いでしょう。

③海外旅行で使いたい

英語を勉強する目的 海外旅行

3つ目は、海外旅行で使いたい、という目的。

ツアーとかで行く場合は、英語が喋れなくても問題ないですが、個人で行く場合は、英語が喋れた方が何かとスムーズですよね。

もちろん、そこまでペラペラになる必要はないですが、少しくらい話せるようになっておくと、安心です。

私のオススメとしては、「旅行英会話コース」を用意しているオンライン英会話スクールで、短期間、集中してインプットする方法。

ネイティブキャンプというスクールだと、無料体験レッスンだけで、7日間勉強できるので、実はかなり狙い目だったりします。

詳しくは↓
オンライン英会話 旅行 【オンライン英会話】旅行前に0円で、トラベル英語をインプットする方法

④海外の映画やドラマや音楽を、英語のまま楽しみたい

4つ目は、海外の映画・ドラマ・音楽を、英語のまま楽しみたい、という目的。

もし英語が分かるようになれば、

・日本語に訳されてない作品も楽しめる
・本来のニュアンスのまま楽しめる

といったことが、できるようになります。

特に2つ目の「本来のニュアンスのまま楽しめる」っていうのは、結構大きいかなと。

というのも、日本語に訳されることによって、本来のセリフの意味が崩れちゃってることって、結構あるんですよね。。

maLuco

最近「Lの世界」を英語字幕で観てるんですけど、たまに日本語訳を確認したりすると、ちょっとニュアンス変わっちゃってたりすることもあって…けっこうビックリします。

そういった理由もあって、なるべく英語のまま楽しめるようになりたい、と考える人も多いんじゃないでしょうか。

この目的を重視している人は、まずは、とにかく英語字幕で見まくる、英語の音楽を聞きまくる、という方法がベストです。

⑤出会いたい、友達を作りたい

5つ目は、英語圏の人と出会いたい、友達になりたい、という目的。

もし、英語ができるようになれば、日本語しか使えない状況よりも、ずっと多くの人と繋がることができるます。

この目的を達成するには、日常英会話を勉強するというのが最適ですね。

maLuco

そんな間違いをする人は少ないと思いますが、この場合、TOEICの勉強したりしてあんまり意味ないので、遠回りしないようにしましょう。

オンライン英会話スクールで、アウトプットありきのインプットをしていくことをオススメします。

オンライン英会話 価格 【格安1,980円〜】価格別のオンライン英会話スクール、16社まとめ

⑥英語を自分の強みにしたい

6つ目は、英語を自分の強みにしたい、という目的。

仕事に活かしたい、というのも含まれますが、もっと広い意味で、自分の強みにしたい、と。

日本だと英語ができる人って、そこまで多くないので、英語ができるだけで、それは確実に強みになります。

「武器」として使えます。

こういった目的の人は、英語の中でも、スピーキングをメインで習得したいのか、ライティングをメインでやりたいのか、といったことを、一回考えてみましょう。

伸ばしたいスキルがわかったら、そのために最適な必要な勉強をしていくだけ。

どんな勉強が必要かは、こちらの記事を参考にしてください↓
オンライン英会話 目的別 【10個の目的別】オンライン英会話スクールを、効率的に比較しよう!

⑦ペラペラ話せるカッコイイ自分になりたい

7つ目は、ペラペラ話せるカッコイイ自分になりたい、という目的。

意外と、こういうフワッとした目的の人も多いはず。

でも、別に何も問題ありません。

英語がペラペラ喋れたら、かっこいいよなー

という純粋な気持ちを、大切にしましょう。

まず、中学レベルの単語や文法ならクリアしているという段階の人は、次に「発音」を磨くことをオススメします。

発音がボロボロだと、きっとイメージしてる格好良さには近づけないと思うので。

オンライン 英会話 発音 【発音矯正できるオンライン英会話】8つのスクールを比較してみた!

逆に、まだ単語や文法が怪しいという人は、スタディサプリENGLISHなどを使って、基本を固めていくという方法が、参考書などを使うより意外と安上がりで、オススメです。

英語を勉強する「目的」は、フワッとしてても大丈夫

以上、英語を勉強する目的を7つ見てきました。

あなたに当てはまるものは、ありましたか?

中には、「カッコイイから」「強みにしたいから」といった、フワッとした目的もありましたよね。

しかし、こういった目的だって、問題ありません。

もちろん、

・来月から、海外出張だから必要!
・転職のために、TOEICの点数を上げる必要がある!

こういったも目的の方が、ゴールに向かって走りやすいでしょう。

しかし、「そういった明確な目的がないとダメ!」ということには、なりません。

単純に、目的がフワッとしてると、挫折しやすいというだけの話です。

じゃあ挫折しないためには、どうすればいいか?

わざわざ「明確」な目的を、無理やり作る必要はありません。

目的がフワッとしてる人は、その分、「目標」を明確にしましょう。

例えば、

・好きな海外ドラマを、今月中に1シーズン分、英語字幕で観る
・オンライン英会話スクールで、〇〇のコースを今月中に終わらせる

といった感じの、具体的な目標を作りましょう。

さらに、英語の学習を習慣化させることも、同じくらい大事です。

・夕食を食べる前の30分、オンライン英会話レッスンを受ける
・通勤時間を使って、毎日15分だけアプリをやる
・寝る前に、英語字幕でドラマを30分観る

こういった感じで、日常の行動に紐付けて、英語の勉強をするようにすると、習慣化しやすいです。

習慣化できれば、モチベーションに頼る必要がなくなるので、目的が曖昧でも続きやすいですよね。

そして、勉強を進めていうちに、明確な目的が見つかる場合だってあります。

とにかく、英語を勉強したいという気持ちがあるなら、

自分は、目的が曖昧なんだよなー

とか考えて歩みを止めてないで、まずは動き出してしまいましょう!

英語を勉強する目的まとめ

以上、英語を勉強する目的などを紹介してきました。

改めて、まとめると、

「英語を勉強する目的は、明確であればあるほど良い。

なぜなら、目的がはっきりしてれば、適切な勉強がしやすいから。

でも、必ずしも、明確である必要はない。

目的がフワッとしてても、

・目標を立てること
・習慣化すること

この2つをしっかりやれば、英語の勉強は継続できる。」

と言う話でした。

かくいう、私も現在オンライン英会話を使って、勉強中です。

maLuco

とにかく、あまり深刻に考えすぎずに、気楽に、楽しんでいきましょー!