「英語の発音の勉強は、必要ない」って、自分を誤魔化してませんか?

英語 発音 必要ない

英語の「発音」の勉強って、必要ないんじゃないの?

そんな風に、考えてますか?

しかし、結論から言ってしまうと、英語の「発音」の勉強は、めちゃくちゃ重要です。

なぜ、重要なのか。

このページでは、4つの理由をご紹介していきます。

maLuco

私も以前は、発音は適当でイイって思ってましたが、今は考えを改めてます。

どうして、英語の発音の勉強を、必要ないと考えてしまうのか?

まず、どうして、発音の勉強は必要ないって、考えてしまうのか?

その理由をちょっと考えてみましょう。

私が思うに、それは、学生時代の「英語」という科目で、「発音」の勉強を、ほとんどやらなかったから、かと。

基本的に、学生時代の英語の勉強って、読み書きが中心でしたよね?

maLuco

文法と単語を覚える努力はしたけれど、発音方法を勉強した記憶がない…

日本人には、そんな背景があるので、「英語の勉強」というものを考えるときに、「発音を勉強する」という発想が、なかなか出てきません。

しかし、冷静に考えてみましょう。

英語って、「言語」なんですよね。

言語なので、その発音方法を学ぶってのは、そりゃもう本当は、めちゃくちゃ重要なわけです。

それでも、この事実から背を背けたくなるのは、おそらく、

発音の勉強をやろうとしたけど、難しいから、諦めたい…
自分の発音が悪いのを、正当化したい…

といったような気持ちが、あるからなのかもしれません。

でも、その気持ちも、わかります。

maLuco

私も、英語の発音下手でもいいやって、投げ出してた人間なので。。

そもそも英語の発音って、まず「発音記号」は意味不明だし、ネイティブの発音は、ハードルが高すぎるように思えるし、

マスターするなんて、到底ムリな気がして、諦めたくなりますよね。

しかし、ネイティブレベルを目指して完璧にマスターする必要はないですし、発音記号だって、ちゃんと向き合えば理解できるようになります。

なので、もう自分を誤魔化すのはもうやめましょう。

そして、発音の習得は、めちゃくちゃ重要なんだという事実と、向き合ってみましょう。

英語の発音の勉強が重要である、4つの理由

では、ここからは、英語の発音の勉強が重要である理由を、さらに具体的に見ていきましょう。

全部で4つの理由があります。

①そもそも発音が悪いと、通じない

まず、1つ目。

そもそも発音が悪いと、英語は通じません。

もちろん、ある程度は通じますよ。

なぜかというと、会話の流れや、ジェスチャーなどが助けてくれるからです。

しかし、必ずしもそうはいきません。

私は20歳の頃、ロンドンに留学してたのですが、

留学したてのころ、カフェで「coffee」が全然通じなかった…という苦い経験があります。

今でも忘れません。。

何度「coffee」って言っても、通じないんです。

心の中では「ここ、カフェなんだから分かるでしょ、ちょっとくらい発音間違ってても、分かってよ!」って感じだったのですが笑、

悲しいくらい、通じませんでした。

maLuco

ツラすぎて、しばらくは代わりに、発音が簡単な「オレンジジュース」とかばっかり頼んでました笑

発音を間違うと、単語の意味が変わってしまう

それから、英語には、発音を間違えると、全く違う意味になっちゃう単語が、たくさんあります。

例えば、

right(正しい)と、light(明かり)

カタカナ英語だと、どちらも「ライト」ですよね。

RとLの発音を正しくできないと、この2つの単語を使い分けることはできません。

他にも、

・laugh(笑う)と、rough(粗い)
・glass(グラス)と、grass(草)
・bought(買った)と、boat(ボート)
・cop(警官)と、cup(コップ)

などなど、正しく発音できないと使い分けられない単語って、たくさんあります。

もちろん、先ほども述べたように、発音が間違ってても、ある程度はコミュニケーションできます。

しかし、自分は気づいていないだけで、実はちゃんと伝わってなかった…なんてことは、よくあります。

ちゃんと通じてないって、それはもはや、コミュニケーションできていない、ということと同じ。

なんというか、もったいないですよね。

②発音が悪いと、いつまでも自信が持てない

さて、では次、2つ目の理由。それは発音が悪いと自信が持てなくなる、です。

「発音のせいで、英語が通じない」という経験を何度もすると、

悲しい話ですが、自分の英語に自信がなくなってきます。

そうなると、積極的に話したいという気持ちも萎んでいきます。。

ちなみに私、学生の頃、英語が得意科目だったんです。

なので、留学前に特別な勉強なんてしなくても、まあ大丈夫だろうって思ってたんですけど、

現実は、そんなに甘くなく、先ほど紹介した「コーヒー」のような、悲しい出来事が何度もありました。

そうなると、もはや英語を喋りたくなくなってきます。

maLuco

ズタボロでしたね。。。

英語が好きだったのに、留学後、英語の勉強なんて一切やらなくなっちゃいました。

やっとまた勉強しようってなるまで、10年以上かかってます。

留学してた 英語話せない 私には「留学してたのに、英語が下手」というコンプレックスがあった

③相手のストレスとなり、良好な関係を保てない

はい、では次、3つ目は、「発音が悪いと、相手のストレスとなり、良好な関係が保てない」という理由。

これはもう、単純な話。

発音が下手で何言ってるかよく分からない人と、わざわざ積極的に話したい人って、多いと思いますか?

思わないですよね。

滅多にいません、そんな人。

自分が聞き手になる場合をイメージしてみれば、分かると思いますが、

聞き手からしたら、ストレスです、疲れますよね。。

もちろん、道端で、一言二言くらい話す程度の会話なら問題ないです。

しかし、何度も顔をあわせる関係を作っていきたいとなると、話は別。

発音が悪いと、深い関係性を作るとき、1つの壁となってしまいます。

④リスニングのスキルが上がりにくい

最後、4つめの理由は、リスニングのスキルが上がりにくい、ということ。

まず、日本語と英語って、そもそも、「音」が違います。

なので、英語が使う「音」の多くは、自然に聞き取ることってほぼ不可能なんです。

なぜなら、その「音」の存在を、脳が認識できないから。

つまり日本語と英語の発音の違いを、まず理解していないと、リスニング能力を伸ばすのって、難しいんです。

でもこれは逆を言えば、発音を学べば、リスニングスキルは伸ばしやすいということ。

maLuco

これはリアルにいま私も体感していて、発音を学び始めてから、海外ドラマのセリフが、以前より聞き取りやすくなってきました!

英語の発音の重要性を認めて、前に進もう

ということで、以上、発音の勉強の重要性について書いてきました。

見てきてわかったと思いますが、発音の勉強をおざなりにしてしまうと、たくさん損します。

かなりもったいないです。

もちろん、発音の勉強は、簡単ではありません。

しかし、基本的なところを一通り学べば、あとは練習していくだけ、というものなので、ある程度努力すれば、確実に上達します。

やみくもにたくさん英語を喋る回数を増やしても、発音は上達しません。

また、単語をたくさん覚えるより、文法を正確に覚えるよりも、発音の勉強は優先すべきものだと私は考えてます。

maLuco

腹を据えて、発音を勉強する!って決意しましょう。
MEMO
ちなみに、日本人の多くが発音を苦手としているので、できるようになればそれはあなたの「大きな武器」にもなります。

そして、発音を勉強するには、オンライン英会話スクールで勉強するのが、ベストです。

スクール選びなどは、こちらの記事に詳しく書いているので、ぜひ参考にしてみてください↓
オンライン 英会話 発音 【発音矯正できるオンライン英会話】8つのスクールを比較してみた!

ではでは、楽しみながら、コツコツ頑張っていきましょー!