【発音矯正できるオンライン英会話】8つのスクールを比較してみた!

オンライン 英会話 発音

お悩み

オンライン英会話を使って、英語の発音を矯正したい!
だけど、どのスクールを選ぶべきか分からない…

そんな風に悩んでいませんか?

実は、オンライン英会話スクールには、発音コースがあるスクールと、ないスクールがあります。さらに、それぞれの教材は、スクールによって大きな違いがあります。

私自身、オンライン英会話で発音を改善させたいと考えていて、「どのスクールがベストなんだろう?」と、真剣に悩みました。

で、結果として、hanasoというスクールを使ってみることに。

なぜかというと、発音コースのあるスクール8社の「発音の教材」を比較してみたら、hanasoの教材がもっとも優れていたからです。

ということで、このページでは、実際に私が比較した内容を、改めて書いていきます。

maLuco

私と同じように、オンライン英会話で「英語の発音」を矯正させたいという方に、参考にしてもらえたら嬉しいです。



なぜ、発音コースを、教材と料金を軸に選ぶのか?

オンライン英会話 発音 教材

冒頭で、「教材」と「料金」を比較して選んだと書きましたが、その理由を先に説明しておきましょう。

まず、料金を比較する理由は、言うまでもないですよね。できるだけ安い方がいい。

そして教材を基準に選ぶ理由は何かというと、オンライン英会話のレッスンは、基本的に教材に沿って進むからです。

なので、教材がどれだけのクオリティなのかが、かなり大事なんですね。

オンライン英会話の発音教材について

そして、発音教材には、以下2つのタイプがあります。

  • 子音と母音をメインに学ぶ
  • 英文を使って学ぶ

この2択です。

で、私は、1つ目の「子音と母音をメインに学ぶ」を選びました。

なぜかというと、以前、ワールドトークというオンライン英会話スクールで、発音のレッスンを受けてみたときに、講師に聞いてみたところ、

先生

まずは、母音子音の一つ一つの正しい読み方をマスターすることが、大事。

と教えてくれたからです。

MEMO
実際に、「まずは母音子音の発音方法から」という手順で習うのが、一般的なやり方のようです。

オンライン英会話は、発音矯正のためのベストな方法?

オンライン英会話 発音 矯正

しかし、そうなると気になるのが、、、

その母音子音の読み方を習得していくのに、オンライン英会話って、ベストな選択なの?ということじゃないでしょうか。私はそうでした。

まず、英語の発音を学ぶ手段として、本や、YouTubeの動画などがありますが、

これらは、自分の発音を聞いてもらうことはできません。。

結局のところ、自分の発音が正しくできているかどうかが大事なので、これらの手段は、完璧とは言えないですよね。

じゃあ、アプリは?自分の発音を聞き取ってくれるアプリもあるよね?

そうなんです、その通り。

なので実は私も、最初はアプリで勉強しようかなと考えていました。

maLuco

安上がりだし!笑

そこで実際に、いくつか発音アプリを使ってみたのですが、、

大事なことに気がつきました。

アプリだと、何か疑問が浮かんだときに、「質問」ができない

一方、オンライン英会話なら、すぐに質問できます。

これは大きな違い!

ということで、やはり、オンライン英会話で発音を学ぶのがベストだ!という結論に、私は至りました。

発音矯正ができるオンライン英会話8つの、教材を比較

さて、では比較していきましょう。

発音コースがある、オンライン英会話スクールは、以下8つです。

  • イングリッシュベル
  • QQ English
  • kimini
  • ワールド トーク
  • ネイティブ キャンプ
  • レアジョブ英会話
  • DMM英会話
  • hanaso

そして発音教材において、注目すべきポイントは、以下3つ。

  1. 子音母音の発音をメインに学べるか
  2. 図やイラストはあるか
  3. 日本語解説はあるか

で、これら3つのポイントで上記の8つのスクールを調べてみると、

子音母音で学べるか 図やイラストはあるか 日本語解説はあるか
イングリッシュベル ×
kimini ×
ネイティブキャンプ × ×
レアジョブ英会話
DMM英会話 ×
hanaso
※表は、右にスクロールできます。

こういった結果になりました。

注意
ネット上で教材を閲覧できない、QQ Englishとワールドトークは除きました。

全部に「◯」がついているのは、hanasoとレアジョブのみ。

ということで、すでにギュッと2社にまで絞られます。

MEMO
ちなみに、発音が学べるスクールには、ドクターD、ハミングバードといった発音専門スクールもあります。しかし、残念ながら、これらのスクールはレッスン料金が1回につき5,000円くらいと、高すぎるので候補に入れていません(上記8つのスクールは、30回で6,000円台くらいです…違いすぎる)

ではここで、各スクールの教材を、一つずつ確認していきましょう。

オンライン英会話「イングリッシュベル」の発音コース

オンライン英会話 イングリッシュベル ロゴ

まず、イングリッシュベル

ここは、アルファベットごとに発音を学べる教材が、32レッスン分あります。

母音↓と、

イングリッシュベル 発音

子音↓

イングリッシュベル 発音 レッスン

しかし、教材を開いてみると、

イングリッシュベル 発音 教材

図解があって、分かりやすそうに見えますが、「日本語」の解説がありません。。

MEMO
発音教材は、「日本語」の解説がある教材を選ぶべき。なぜかというと、発音は、かなり細かいニュアンスの解説が必要だからです。解説が英語のものを、100%理解するのは、上級者にしか不可能ですよね。

オンライン英会話「QQ English」の発音コース

オンライン英会話 QQ English ロゴ

次は、QQ English

発音コースはあるのですが、

QQ english 発音

ウェブサイトで、教材を確認することができません…。

さすがに、教材見れないと、比較しようがないです。

オンライン英会話「kimini」の発音コース

オンライン英会話 kimini ロゴ

次は、kimini

このスクールの発音コースには、全部で45個のレッスンがあります。

kimini 発音

アルファベットごとに学べる形になっていて、かつ、テストも定期的に受けることができます。テストが受けられるって、素晴らしいです。

kimini 発音 レッスン

しかし、教材に日本語の解説がないんですよね。

kimini 発音 教材

日本語の解説あったら、かなり良かったのに…残念。

オンライン英会話「ワールドトーク」の発音コース

オンライン英会話 ワールドトーク ロゴ

次、ワールドトーク

このスクールは、日本語講師(バイリンガル)がメインのスクール。

なので、発音を学ぶには最適のスクールなのですが、

QQ english 発音

ウェブサイト上で教材を見ることができません。

そして、ワールドトークでの発音教材は、それぞれの講師の「オリジナル教材」を使います。つまり、全講師に共通している教材がないということ。

そうなると、同じ講師を指名し続けないと、体系だった勉強をするのが面倒なことになりますよね。

でも、オンライン英会話というものは、同じ講師をいつも予約できるとは限らないわけで…なので、定期的に使うには厳しいかな…と。

MEMO
しかも、残念ながら「日本語教師」のレッスンは高いです。

オンライン英会話「ネイティブキャンプ」の発音コース

オンライン英会話 ネイティブんキャンプ ロゴ

次は、ネイティブキャンプ

ここは総合的に見て、かなり良いスクールだと私は考えているのですが、

ネイティブキャンプ 発音

教材を見てると、

ネイティブキャンプ 発音 教材

発音教材が、「アルファベットごとに学べるもの」になってないんですよね。。

レッスンの予約不要、そしてレッスン回数無制限という最強な条件の揃ったスクールなのに、、、発音教材に関しては、ムムムという感じです。

しかし、ネイティブキャンブには、他のスクールと違う点が一点。

それは、「イギリス英語の発音」を学ぶコースもあるというところ。

ネイティブキャンプ 発音 イギリス英語

なので、イギリス英語の発音をマスターしたい場合は、ここ一択になりますね。



オンライン英会話「レアジョブ英会話」の発音コース

オンライン英会話 レアジョブ ロゴ

次は、レアジョブ

ここも、総合的に優れたスクール。

レアジョブ 発音

発音教材には、図解もあるし、

レアジョブ 発音 教材

日本語の解説も豊富!

レアジョブ 発音コース

hanasoがなかったら、レアジョブを選んでました。

オンライン英会話「DMM英会話」の発音コース

オンライン英会話 DMM ロゴ

次は、DMM英会話

ここも有名なスクールですよね。

DMM 発音

発音教材は、アルファベットごとに学べる形になってます。

DMM 発音 レッスン

しかし、口の動きがわかるような、イラストが載ってないんです。。

DMM 発音 教材

教材のレイアウトは、綺麗で見やすいのですが、

hanasoやレアジョブに比べると、解説の丁寧さが欠けてます。

オンライン英会話「hanaso」の発音コース

オンライン英会話 hanaso ロゴ

最後、hanaso

hanaso 発音

アルファベットごとに学べるだけでなく、

hanaso 発音 レッスン

教材が、何と言っても素晴らしいです。

hanaso 発音 教材

他のスクールと比較すると分かりますが、いちばん解説が丁寧

よく見てみてください↓

hanaso 発音 教材 解説

ここまで細かい説明がある教材、他にはなかったですよね?

レアジョブもかなり良い感じなのですが、hanasoはそれを上回っています。

そして、教材に載ってる「関先生という方のワンポイントアドバイス」というのも、かなり濃厚です。



発音教材を比較した結果をまとめると…

以上、先ほどの表を改めて見てみると、

子音母音で学べるか 図やイラストはあるか 日本語解説はあるか
イングリッシュベル ×
kimini ×
ネイティブキャンプ × ×
レアジョブ英会話
DMM英会話 ×
hanaso

こうですね。

結果、あとはレアジョブと、hanasoどちらにするか?ということになります。

ということで次は、この2つのスクールの料金を比較してみましょう。

発音矯正ができる「hanaso」と「レアジョブ」を、料金で比較

hanasoとレアジョブの料金をみてみると、

hanaso レアジョブ
毎日25分プラン 月額6,578円(税込) 月額6,380円(税込)
月8回プラン 月額4,400円(税込) 月額4,620円(税込)

こんな感じで、ほぼ変わりません笑

毎日コースは、レアジョブがやや安くて、月8回プランだと、hanasoがやや安い感じです。

圧倒的に差があれば選びやすかったのですが…難しいものですよね。

私がhanasoで発音矯正しようと決めた、もう一つの理由

でも、最終的に、私はhanasoに決めました。

その理由は、hanasoには復習システムがあったから。

どんなシステムかというと、レッスンで習ったものを、翌日以降ウェブサイト上で復習できるシステム(hanasoメソッッド)です。

hanasoメソッド

こんな感じで、クイズが出題されます↓

hanasoメソッド 問題

正直、ただのクイズというだけなので、ITを駆使したシステム!というほどではないのですが、レアジョブではこういう機会すら提供されていなかったので。

また、hanasoとレアジョブの比較をさらに深掘りした方は、こちらもご覧ください↓
hanaso レアジョブhanasoとレアジョブを比較!料金、教材、講師などをチェック

hanasoの料金体系

はい、ではここで改めて、hanasoの料金体系を、一通り確認しておきましょう。

hanasoのプランは、

  • 週2日プラン
  • 月ごとに回数が決まってるプラン
  • 毎日プラン

と分かれています。

それぞれのプランの一番安い料金は、

週2日×25分 月額4,180円(税込)
月8回×25分 月額4,400円(税込)
毎日25分 月額6,578円(税込)

といった感じです!

オンライン英会話の相場くらいの料金になってます。



hanasoの講師は、ネイティブじゃないけど大丈夫?

以上見てきた通り、hanasoで発音を学ぶメリットは、たくさんあります。

しかし、hanasoの講師は、ほぼ全員がフィリピン人です。

これをネックに感じる人も、いるんじゃないでしょうか?

発音学ぶんだから、ネイティブ講師の方がいいんじゃないの?

そう考える人もいるかもしれません。

私も一瞬そう考えたのですが、冷静に考えてみると、ネイティブ講師の方が絶対良い、とは限らないですよね。

なぜなら、ネイティブの人だからといって、教えるのがうまいとは限らないからです。

例えば、あなたは、日本語の発音を上手に教えることができますか?

「できるよ!」って答えられる人は、あんまりいないんじゃないでしょうか。

maLuco

私は、むしろ日本語を勉強したことある外国人の方が、上手に教えることができそう…とすら思ってしまいます。
注意
もちろんこれは「発音」に限定した話で、例えばフリートークの練習などの場合は、ネイティブ講師の方が良いと思います(中級者以上の場合)

【追記】3ヶ月hanasoを利用しました

実際に、hanasoで発音矯正しました。

たまに違う教材を挟みつつも、発音教材をメインに3ヶ月間、やりきりました!

レッスン、純粋に楽しかった。。

発音は、まだ理想のレベルには至ってないですが、効果は抜群に感じました。

具体的にいうと、発音を磨いたおかげでリスニングスキルがグッと上がり、

TOEICスコアが700点レベルから、900点レベルにまでUP。

toeic 700 から 900TOIEC700点レベルから900点を取るまでの、2つの勉強方法とコツ
MEMO
これは、並行してやっていたスタディサプリENGLISHのディクテーションのおかげも半分あります。

あとは今まで全く聞き取ってくれていなかったSiriが、私の英語を聴きとるようになりました笑

でも、発音を磨けたことで、以前より英語を話すのが楽しくなったのが、いちばん大きいかも。

やっぱ発音磨くと、自信つきますね。



まずは無料体験で試してみよう!

発音が上達すると、伝わりやすくなるだけでなく、リスニングにも効果があります。

さらに、シンプルに英語を話すことが楽しくなるはず。

私と同じように、

オンライン英会話で、英語の発音を上達させたい…!

そう考えている方は、ぜひhanasoの無料体験レッスンを受けてみてださい。

結局のところ、自分自身で試してみることが大事なので。

レッスン2回、無料



hanaso 無料体験【hanasoの無料体験レビュー】実際にレッスンを2回受けてみた!

もし、まだスクールは勇気がでない…と感じる人は、まずはスタディサプリENGLISHといったアプリで練習してからというのもアリ↓

スタディサプリENGLISH【スタディサプリENGLISH】7日間の無料体験を受けてみたレビュー