アイデアのヒントという本が教えてくれた、アイデア出しのコツ8つ

アイデアのヒント

アイデア出しについて、先人に学びたい!

ということで、ジャック・フォスターという方が書いた、「アイデアのヒント」という本を読みました。

前回の記事↓で紹介した「アイデアのつくり方(ジェームス・W・ヤング)」は、

アイデアのつくり方 本 アイデア出しに困ってる?ドツボから抜け出すには、アイデアができるまでの5つの過程を知ろう!
・アイデアの原理
・アイデアが生まれるまでの5つの過程

について教えてくれましたが、

今回の「アイデアのヒント」は、

アイデアを生むための「コツ」(心構えなど)

を教えてくれました。

ということで、特に印象的だったものをピックアップして、ご紹介します!

「アイデアのヒント」が教える、アイデア出しのコツ8つ

アイデアのヒント①アイデア出しを楽しもう

いつも室内で作業してるなら、たまには公園なんかでアイデア出しすると、楽しめる。

アイデアのヒント②アイデアは見つかると信じよう

「私はアイデアの泉」と自分に言い聞かせる。

なぜなら、セルフイメージが、超絶大事だから。

自分で自分を疑ったら、終わり。

アイデアのヒント③子供心を取り戻そう

自分は、6歳!って気持ちで生きてみる。

子供心を取り戻したら、世の中、「なぜ、〇〇なんだろう?」という疑問だらけ。

maLuco

今度、姪っ子にあったら、同じ目線で物事を見てみよ〜!

アイデアのヒント④知りたがりになろう

月一くらいで、興味なかった分野の本を読んでみる。

アイデアのヒント⑤アイデアを出しまくろう

良いアイデアを出すには、アイデアを「いっぱい」出すのが一番。

10個出すって決めたら、1、2個は、余裕で出てくるようになる。

アイデアのヒント⑥締め切りを作ろう

あの有名なエジソンも、ときどき「こういうものをこれくらいの時期までに発明する」って、前もって宣言してたらしい。

締め切りを作れば、アイデアも出やすくなる。

アイデアのヒント⑦船を燃やそう

昔の名将には、他国を侵略するとき「退却はない、勝つか負けるかだ」と言って、船を燃やした人がいる。

つまり、言い訳できない状況に追い込んで、アイデア出しに打ち込めと。

アイデアのヒント⑧「根気」を持て(一番大事)

とにかく、最後までやりきること。

物理学者のロバート・フックという人は、ニュートンより早く、重力の法則を発見したのに、最後まで突き詰めなかった。

だから重力の法則は、ニュートンの発見として世に知られることになってしまったらしい。

つまり、アイデアがあっても、実行しないと意味がない、ということ!

アイデアのヒントを読んで、今日実践したこと

ということで、さっそく今日、⑤の「アイデアを出しまくれ」を実践。

いろいろ考えすぎちゃって手が止まりがちな私ですが、この気持ちで挑んだところ、、

maLuco

今まで思いつかなかったようなアイデアが、何個か出てきた…!

とにかくペンを動かすことの、大事さを知りました。。

さらに情報集めたり、もっと組み合わせを考え続けて、

引き続き、楽しみながらアイデア出しやっていこうと思います!