2018/11/30 デザインリニューアル!

【初心者のスケボー練習】上達のための5つのコツ

スケボー練習 初心者

こんにちは、スケボーの練習を始めて2ヶ月目の、maLucoです。

私と同じように、スケボー初心者の中には、

練習しても、なかなか上達しない…
パークに行っても、上手い人ばかりで恥ずかしい…

といったようなコトで、悩んでいる人、いるんじゃないでしょうか?

そこで、初心者なりに練習を続けてきて分かった、練習における5つのコツを共有します。

MEMO
参考までに、私の今のレベルは、
・練習間隔は週1、2回
・もうちょっとでチックタックがマスターできそう
という段階です。

自分を動画で撮影して、研究することが大事

スケボー練習 動画

まず、1つ目。

なかなか上達しないと悩んでいる人、

自分のスケボーしている姿を、動画に撮ってますか?

上達するためには、動画で撮影して自分の姿をチェックする、これ凄い重要です。

自分の滑っている姿を、客観的に見てみる。

そして、ネット上にいくらでも上がっている「上手なスケーターの滑り」と比較してみる。

比較すると、「うわ、、全然違う」って凹みますが、

自分の動きと、この人の動きの、違いは何だろう?
どこを、どう変えれば、同じようにできるんだろう?

って研究するようになります。

そうすることで、すぐに答えが見つからなくても、上達スピードが確実に上がります。

やみくもにやらずに、考えながら滑ること、これが大事です。

自分で撮影するのは難しいって人は、三脚買いましょう。

私も1人で練習する時のために、これ↓買いました。

王道のスケボー練習手順で進めよう

スケボー練習 手順

2つ目は、練習手順!

スケボーには、決まった練習手順はありません。
基本的に自由です。

でも、「この手順で練習していくといいよ」っていう、王道の手順(プッシュ→チックタック→マニュアル→オーリー)があります。

この王道の手順に沿って練習していくことが、上達のカギなんじゃないかなって思います。

真面目にやるなんてダゼー!スケボーの精神を分かってない!

っていう意見も分かりますが、

せっかく先人が残してくれているコツを、利用しない手はありません。

ちゃんと理由があって、その手順でやるべし、って残してくれているはずなので。

パークで練習するのを、恥ずかしがるな

スケボー練習 パーク

3つ目は、精神的な話です。

結論から言うと、「パークで練習するのを、恥ずかしがるな」ってこと。

1人でこっそり練習できる場所がある人は問題ないのですが、そういった場所が近場にない人も多いですよね。

私も、同じで、近所にスケボーできる場所がありません。

こういった場合、スケボーパークに行くしかありませんよね。

でも、

パークに行っても、上手い人ばかりで、練習しづらい…
下手な自分の姿を見られるのが、恥ずかしい

といって躊躇してしまう人、結構いるんじゃないでしょうか?

これね、痛いほど分かります。。

三角コーンとか台とか使って、飛び跳ねまくってる上級者の隣で、初歩的な練習するのは、結構恥ずかしい気持ちになりますよね。

邪魔かな〜申し訳ないな〜って気持ちにもなるし。

でも!それが理由で、スケボーの練習を諦めてしまうのは勿体ない!

もうね、開き直りましょう。

しょうがないんです、そこしか練習場所がないんだから。

なので、

あの人達だって、最初は初心者だったんだ!

って考えて、自分を恥ずかしがるのをやめましょう

でも、邪魔にならないように練習しましょうね。

三角コーンとか台で練習している人たちだって、「そこでしか練習できない」という状況なので。

まあでも、パークに上級者が何人もいるような場合は、私も退散します笑

混んでる中で初心者がやるのは、危ないので。

なので、なるべく、人が少ない時間帯を狙っていきましょう。

それから知っておいて欲しいのは、スケーターには優しい人も多いってこと。

実際に、初対面なのに教えてくる人もいました。

あと、ヘルメットとかプロテクターも恥ずかしがらずにつけましょう。
ダサいのは分かりますがつけましょう。

トリックすらまだやってないのに、そんな防備してどうすんだよって思われてても、つけましょう。

体は大事です。

スケボー練習 プロテクター

それから、まるっきり初心者で、いきなりパークで滑ろうとしている方。

1人の場合は、ちょっとオススメできません。

誰か一緒にやるなら問題ないんですけど、そうじゃない場合は、ちょっと危ない。。

周りに教えてくれる人がいないなら、最初は、スケボースクールの体験レッスンを活用するのがオススメです。

そこで、超基本の部分を習得してから、パークに行くべし!

私も最初は、ムラサキスポーツの教室に行きました↓

毎日練習しなくても良いけど、定期的にやろう

スケボー練習 週1

4つ目は、練習する間隔について。

毎日練習できる環境の人は、もちろん、毎日やりましょう。

でも実際、毎日練習するのって難しいですよね。

練習場所が遠かったり、体もしんどかったり。

なので、必ずしも毎日練習しなくてもいいと思います。
ムリしてまでやらなくても、大丈夫。

その代わり、週1とか決めて、「定期的」に練習するようにはしましょう。

私も実際、最初は週1で、今は週2くらいでやってます。

なので、スケボー始めて2ヶ月くらいですが、練習回数はまだ10回くらい。

毎日やっている人に比べたら、かなり差がついてしまいますが、人と比べるものでもありません。

自分のペースで、練習しましょう。

ただ、あまりにも間隔を開けてしまうと、動きを忘れてしまったり、いつの間にかやらなくなったりしてしまうと思うので、最低でも週1くらい必要かな〜。

週1なら、どんなに忙しい人でも、時間は確保できるはず。

スケボーは地道な練習が必要、ということを肝に銘じるべし

スケボー練習 地味

最後5つ目、これが一番大事かもしれませんね。

スケボーの練習は「地道に続けるしかない」ってことを、肝に銘じておくこと。

いきなり上手くなんて、ならないです。

もちろん、中にはそういう人もいるかもしれないです。

でもほとんどの人には、ムリですよ!

地道に練習していかないと、上達するわけありません。

コツコツやりましょう。

なんか「地道な練習」っていうと、つまんなそーな感じもしますが、その練習こそが実際楽しいんですよね。

練習始めると没頭してしまって、気づいたらもうこんな時間!とか、よくあります。

そして、「あ、できた」ってなった時、めちゃくちゃ嬉しくなります。

スケボー初心者の練習方法、5つのコツまとめ

改めてまとめると、

・自分を、動画で撮影すべし
・王道の練習手順でやるべし
・初心者であることを恥ずかしがるな
・定期的に練習すべし
・地味にやるべし

スケボー初心者の練習のコツは、この5つです!

実際に、自分が練習してきて感じたことを、まとめました。

まだまだ分かってないことばかりですが、ちゃんと上達はしているので、そこまで間違ってないんじゃないかなぁって思ってます。

伸び悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください!