Bianista

【LGBTニュース今週のまとめ】Vol.22

LGBT ニュース

今週のLGBTニュースまとめ(7NEWS)

国内の芸能ニュース

祝!一ノ瀬文香と杉森茜が、ついに結婚式!

一ノ瀬文香 杉森茜 同性結婚式

タレントの一ノ瀬文香さんと杉森茜さんが、新宿区の式場で挙式、披露宴を行った。新婚旅行は、カナダ。さらには今週中に、婚姻届を出しに行くとのこと。

おめでとうございます!2人ともウェディングドレスが似合う!華やか。

メディアに出ている人間が、こうやって積極的に動いてくれる事って本当大きい。近々婚姻届を出す動きには、要注目!

ただ一点、一ノ瀬さんの家族が欠席だったって事を聞くと、若干胸が痛みます…(マスコミの取材が入る事が、理由だったみたい)まだまだ変わっていかないといけないわよジャパン!

世界で話題のニュース2つ

①レズビアンカップルの「レス」がテーマの、ショートフィルムが話題

Stop Calling Me Honey Bunny from Gabrielle Zilkha on Vimeo.

レズビアンカップルの「レス」をテーマにした、ショートフィルム『Stop Calling Me Honey Bunny』が公開され話題に。多くのショートフィルムアワードを獲得している、必見映像!

ウサギのレズビアンカップルがコミカルで、単純に面白い。英語だから全部は理解できないかもだけど、短いし、暇な時にでも観て和んでください。

②レズビアンカップルのマタニティフォトが話題

Mel Royさん(@therealmelroy)が投稿した写真

instagramに投稿されたレズビアンカップルのマタニティフォトが話題に。写真のカップルは、2人共が1年おきに妊娠し、この写真を撮影したとのこと。

おそらく有名人でもない2人の写真が話題になるってことは、世界のLはこういう「ロールモデル」みたいな存在を求めてる、ってことですよね。素敵です。

海外の芸能ニュース

エレン・デジェネレス、同性婚解消か!?

エレン・デジェネレスとポーシャ・デ・ロッシが、同性婚を解消したとのゴシップが。養子を迎え入れるかどうかで、意見が別れたのが原因のよう。しかもポーシャの新恋人は、男性。

ポーシャはバイセクシャルなのね、バイなのは一ミリも悪い事じゃないけど、エレンの気持ちを考えると。。

国内で話題のニュース

性的マイノリティーは、全体の7.6%【電通調査】

セクシュアリティマップ

電通ダイバーシティ・ラボが実施した「LGBT調査2015」によると、LGBT層に該当する人は、全体の7.6%と算出された。尚、2012年の調査では5.2%であった。

ふ、増えてる!今までは5%説が最有力だったけど、これからは7%説に流れていくのか。

増えた理由は、最近メディアなんかで「LGBTの情報」を得る機会が増えたことで、「自分自身」に気がつく人が増えたから、っていう推測のよう。

内訳は以下の通り↓

レズビアン 0.5%
ゲイ 0.9%
バイセクシュアル 1.7%
トランスジェンダー 0.7%
その他 3.8%

(※その他…Xジェンダー、インターセクシュアル、アセクシュアル、クエスチョン等)

国内の政治ニュース

4/26は渋谷区長選、どうなる同性パートナーシップ条例

渋谷区の同性パートナーシップ条例を成立させた、桑原敏武区長が引退することにより、条例の運用は26日の選挙で当選した区長に委ねられる。区長によっては先行きが怪しまれるため、今回の選挙は非常に重要。

候補者の一人、今城陸人氏は「同性愛は親から子どものときにしっかりとした教育をしないから起きる。動物ではありえない。」っていうヤバい発言しているようです。

同性パートナーシップ条例の提案者・長谷部健氏も立候補者の一人。どうか勝利の女神よ!

海外の政治ニュース

インディアナ州の同性愛者差別法への抗議がアツい

インディアナ州 同性愛者差別法

インディアナ州の同性愛者差別法に対して、多くの国民、著名人さらには企業が抗議し、州法は修正されることに。

アメリカのいくつかの州で「信仰の自由の保障」というのができそうで、それって同性愛者を差別してもOKになっちゃうっていう、あり得ない法律。で、例えばティム・クックとか、ウォルマートとか、スバルとか、アーノルド・シュワルツェネッガーとか、その他にもたくさんの人達が「おいおい、さすがにおかしいだろ!」って抗議して、州は大打撃。ついには、州法を修正せざるを得ない状況になったみたいです。

アメリカさすがです。もうアメリカに関しては、今後も心配する余地なしですね!

      2017/10/07

ad

            

関連記事


人気記事