Lez Catch

海外の同性愛に対する権利活動が熱い【週刊LGBT】

LGBT ニュース
今週は、LGBT熱がアツく燃える3カ国、インド・ロシア・イタリアの最新動向をご紹介!内容は、パレード、抗議キッス、同性シビルパートナーシップと様々。

ということで、2015/01/31〜2015/02/06のLGBTニュースまとめ!
世界中で、LGBTが熱く闘っています。

【インド】ムンバイでLGBTパレード

インドという国には、「同性間の性行為を禁止する法律」があります。(2009年に同性愛は無罪になったのですが、残念ながら2013年にまたコレが覆って戻ってしまったとの事。)

トランスジェンダーは「第三の性」として認めている反面、同性愛者には厳しい国。そんな国インドで、大規模なパレードが1月31日に行われました。

ムンバイ パレード1

レインボーが、路上に鮮やかに舞う。

ムンバイ パレード2

パレードは、2008年から毎年行われているそう。

ムンバイ パレード3

あらっ、綺麗な人。どうやらパレードの妨害をする人とかは、いないみたいです。

パレードへの寄付を募集するサイトでは、こんな動画を載せている。

熱い。インドで、LGBTが熱く闘っています。

このニュースをさらに詳しく知りたい方は、コチラへ。
(画像引用:india.com)

【ロシア】反同性愛活動家の前で、レズビアンキッス

コチラ、ちょっとクスッて笑っちゃうニュース。

「同性愛宣伝禁止法」の主唱者だったという、ロシア人政治家ビタリー・ミロノフ議員。そんな彼と、偶然同じ飛行機に居合わせたレズビアンカップルが、彼の前で「思いっきり、ブチュー!」抗議。ワーオ!

その様子を撮影した写真↓が、話題に。

こんなことロシアでしたら、逮捕されたりするんじゃ…って思いましたが、意外と大丈夫なんですね。。

ユニークに熱い。ロシアでも、LGBTが熱く闘っています。

このニュースをさらに詳しく知りたい方は、コチラへ。

【イタリア】ローマ、同性シビルパートナーシップを承認

場所を移して、ヨーロッパ。ヨーロッパでは、同性愛ってどこの国でも寛容なイメージがありますが、実際そうではない国もあります。イタリアは、そんな国のうちの一つ。根本的な要因は、やっぱり宗教みたい。うむむ…。

イタリア パートナーシップ承認1

しかし!この度、イタリアのローマ市で、同性シビルパートナーシップ法が認められるとのこと!

イタリア パートナーシップ承認2

素敵なキッス。今回の前進が、同性婚制定に続いていくとイイですね!

イタリアでも、LGBTが熱く闘っています。

このニュースをさらに詳しく知りたい方は、コチラ(英語)へ。
(画像引用:ADVOCATE.COM)

      2016/11/09

ad

            

関連記事