Bianista

両性具有者・Antony and the Johnsonsから放たれる歌声。

レズビアン 音楽

性別を超越した存在から、創り出される世界

とあるCDショップで、ポップに書かれていた「両性具有者」という単語を見て、試聴機のヘッドホンを取りました。その頃の私は、確かまだ10代。ヘッドホンから流れだしたその歌声に、鳥肌が立つような感覚を覚えました。

まるで全てを包み込んでくれるかのごとく、響く声。まだ揺らいでいたセクシャルマイノリティとしての自分を、大きな“何か”で包み込んでくれるかのように感じたんです。

これが、その一曲目。

Antony and The Johnsons『Hope There’s Someone』

衝撃的でした。この歌声にも、両性具有者のアーティストがいることにも。それから私は数えきれないくらい、Antony and the Johnsonsの音楽を聴いています。アルバムは4枚程出ていますが、2005年に発売された、『I am a bird Now』が一番好き。

このアルバムは、マーキュリー賞(英国もしくはアイルランドで、毎年最も優れたアルバムに対して送られる音楽賞)を受賞している作品。そんな『I am a bird Now』の中の一曲、「Fistful Of Love」の歌詞を紹介しましょう。

Fistful Of Love / Antony and the Johnsons(レズキャッチ超訳)

Antony and the Johnsons『Fistful Of Love 』

私は昨夜、ベッドに横になりながら、
星でいっぱいの天井をじっと見つめてた。
突然思ったの、
私の気持ちを、あなたに伝えなきゃって。

私達は、「時の写真」の中で共に暮らすの。
あなたの目を覗き込むと、海が私に向かって来るように見える。
私はあなたに伝えるわ、
愛してる、いつもいつまでもって。

だけど分かってる、あなたは私にそんなこと言えない。
あなたは私に、愛してるなんて言えない。

私は置き去りにされて、
あなたの愛情の小さなシンボル、ヒントを見つけようとしている。
私は置き去りにされて、
あなたの愛情の小さなシンボル、ヒントを見つけようとしている。

あなたの拳を感じる。
分かってる、愛ゆえによね。
鞭を感じる。
分かってる、愛ゆえによね。
あなたの焼けるように熱い目が、私の心に穴をあけるのを感じるわ。

愛ゆえに。
愛故に。

喜んで受け入れるわよ、
あなたの愛情の思い出を、自分の体の中から見つけるの。

喜んで受け入れるわよ、
あなたの愛情の思い出を、自分の体の中から見つけるの。

あなたの拳を感じる。
分かってる、愛ゆえによね。
むちを感じる。
分かってる、愛ゆえによね。
あなたの焼けるうに熱い目が、私の心に穴をあけるのを感じるわ。

愛ゆえに。
愛故に。

Bird Gerhl /Antony and the Johnsons

最後にもう一曲だけ。この曲はアルバム『I am a bird Now』のラストを飾る曲。幻想的な映像も美しいので、この曲はMVのものを載せておきます。

発売から10年経っても色あせない名盤。特にセクシャルマイノリティである人間は、心揺さぶられるであろう一枚!

      2016/11/09

ad

            

関連記事


人気記事