Bianista

LUSHのLGBTキャンペーンに、実際に行ってみた

lush lgbt ステッカー

既に週刊ニュースで何回か記事にしているように、LUSHは現在、LGBT支援キャンペーンの真っ只中。SNSでも「どこどこの店舗行って来ました!」「ハート書いて来たよ〜」などといった投稿がじゃんじゃん出てきています。そこでレズキャッチ著者も、実際にLUSH店舗に行って体験して来ました!

キャンペーンの詳しい内容まだ知らない人は、コチラの記事を先に読んでみてください。

彼女と2人で自由が丘のLUSH店舗へ

【ミッション①】LGBT宣言ボードを見つける。

lush 自由が丘 外観(photo by 自由が丘.net)

キャンペーン終了まであとちょっと(〜2/14)ということで、休日を利用し自由が丘へ。ちなみに、自由が丘のLUSHは、日本一号店の店舗!

店舗に入って早速、「LGBT宣言ボード」を発見!おぉ!

lush lgbt支援宣言
ドアのすぐ脇に立てかけてありました。コレよコレ!とテンション上がる。

…しかし、なんとなくまずは店の奥へ。

久しぶりにLUSH来たなぁとか考えていると、彼女がそっと耳打ちしてきた。

「ちょっと(ハート描くの)ムリじゃない?」

lush 自由が丘 内観

【ミッション②】LGBT宣言ボードにハートを描く。

確かに、店内には普通にお客さんがちらほらいて、スタッフさんもいて、自然にボードにハートを描ける雰囲気ではない。彼女が躊躇する気持ちは分かる。しかし、わざわざ足を運んで、何もやらずには帰れまい。。

とりあえず場に慣れようと、バスボムの実演を眺めたり、カラーセラピーで占ってもらったりします。

ラッシュ カラーセラピー(photo by LUSHでカラーセラピー)

ちなみに、このカラーセラピーなかなか当たってた気がする。行くと無料でやってくれます。

LUSHのLGBTキャンペーンは、わりと難易度が高い

そんなこんなで店内をグルリ。もう時間を潰すものもない。

さぁ、いざ!ミッションへ!!

と、勢いづくものの、彼女は、まだ乗り気じゃない。。

うーん、、彼女の戸惑いを無視してまで参加するのは、どうなんだろうか。と思い、ミッションは諦め、ボードの写真だけ撮って帰ることに。

lush lgbt ハート

パシャリ。ハートがいっぱい〜!自由が丘店のハート達です。これ本当に全部お客さんが描いたものなのかな、そうだとすると嬉しいよね!

LUSHの店員さんに、LGBTの意味を説明されるレズビアン

「さてさて、帰りますか」となった瞬間、スタッフさんが近づいてきた!あら。

でも確かに、わざわざこの写真撮るってことは、興味あるってことバレバレ。来ますよね、スタッフさんも。

そして優しいスタッフさんは「LGBT」の説明をしてくれ、せっかくだからハート描いていきますか?と。言われちゃったら、しょーがない!ふふ!やったー!というわけで、バッチリ描いてきました、マイレズハート。

恥ずかしそうにしてる彼女も、言われるままにハート描き。

2人して描き終わると、このLGBTステッカーをくれたのでした。

lush lgbt ステッカー可愛いよね。どこに貼ろうかしら。

LUSH LGBTキャンペーンミッションまとめ

  • 宣言ボードにハートを描くのは、わりとハードルが高い。
  • 普通のショップで「LGBT」の文字を見る事ができるのは、素直に嬉しい。
  • ちゃんとLGBTの説明をしてくれるなんて、LUSH、良い会社。

レズミッション、コンプリート。

しかしながら、彼女と2人LUSHを背にし、呟くのでした。

「レズだって言えなかったね。」

      2017/09/18

ad

            

関連記事


人気記事