Lez Catch

レズビアンのカミングアウト、ガチな体験談【両親編】

レズ カミングアウト
ずっと、親にカミングアウトがしたかった。

自分がレズビアンだと言わない限り、まるで「仮の姿」を見せているような感覚。これまでの29年間の人生、ずっとそうでした。

だからと言って、カミングアウトすべきかどうか、これは簡単に答えが出せるものではありません。

「同性愛?治さないと」「理解できない」想像するだけで絶望的な、そんな反応が返ってくる可能性もありますよね。

しかし、あるキッカケによって、私は両親にカミングアウトする機会を得ました。なので今回その体験談を書こうと思います。

カミングアウトをするために、実家へ帰省

カミングアウト 親

カミングアウトを親にするに至った経緯

節目を前にした、29歳という年齢。私の人生設計を改めて聞きたいと、突然両親は連絡してきました。人生設計、人生。。

「レズビアン」であるということは、私の人生の一部。なので、少しだけ悩んだ後、これをキッカケに、親にカミングアウトしようと決意しました。

カミングアウト直前に心臓が飛び出しそうに

カミングアウト 実家
運命の日。特急列車に乗って、実家へ。道中は緊張なんて全くしてなかったのに、ついにカミングアウトする瞬間が訪れたとき、心臓のバクバクが鳴り止まない。なぜか涙も溢れそうになってくる。

でもでも、言うしかない。深く深呼吸をしたあと、思い切って、、

「お父さん、お母さん。私は女の人が好きなんだ。」

ついに親にカミングアウト、結果はいかに?

カミングアウト 両親

意外だった、カミングアウトを受けた両親の反応

俗にいう、頭の固い両親。そんな両親が、カミングアウトを受けてどんな反応をするのか、正直全く予想ができませんでした。というか予想するのが怖かったのかもしれません。でも最悪、勘当されたらされたで仕方ない、とさえ腹をくくっていました。

しかしながら、現実はもっと優しいものでした。

両親は、少しビックリしていたけれど、すぐに「そっかそっか」といった感じで頷き、そして「何となく気付いていたよ」と言ってくれたのです。

同性愛に対する、両親の意外だった反応

カミングアウト 反応
そこから、2時間ほど色々な話をしました。何もかも正直に、親と話が出来たのは、人生で初めての経験でした。

男の人とも付き合ってきたけど、どうしても愛せなかったこと。いま長く付き合っている彼女がいる事。姉妹や周りの友達は、みんな私がレズビアンだって知っているということ。セクシャルマイノリティであるがゆえに今までキツかった事もあったけれど、そういった乗り越えるべき壁があったからこそ、今の自分がいるという事。話は尽きませんでした。

驚いた事に、お母さんは、渋谷区の同性カップル証明書のニュースを知っていて。日本でも同性婚ができる日がくる、と言ってくれました。お父さんは、彼女に会いたいとまで言ってくれました。

カミングアウトの感想「まるで海外から帰ってきたみたい」

カミングアウト 感想
東京に帰ってきたとき、まるで海外から帰ってきたような感覚でした。

両親が「同性愛者である自分」つまり「ありのままの自分」を受け入れてくれた、ということ。今まであまり味わった事のないような、何か大きなもので守られている、心強さ。

今後、レズビアンであるということで誰かに傷つけられても、大丈夫だろうとさえ思えました。本当にカミングアウトしてよかった。

「言ってくれてありがとう。」

これは最後に両親が、私にかけてくれた言葉です。

      2016/09/10

ad

            

関連記事