Bianista

同性パートナーシップ証明書のために署名しよう!

同性パートナーシップ証明書
「自分は同性愛者である。日本が、同性愛者にとって、住みやすい国になって欲しい。」

こんな風に思ってはいるけれど、そのために何をすればいいのか分からない、って人も多いと思います。そんなあなたに伝えたい。あなたにもできることがある!しかも簡単に。今スグに。

そう、それが署名。

ということで、「同性パートナーシップ証明書」のための署名、そして「LGBTの未来を考える、教科書訂正」のための署名、この2つを紹介します。

同性パートナーシップ証明書の実現を目指して

同性パートナーシップ証明書 署名

Change.orgという署名サイトがある。

様々な人達が、様々な署名を求めて、アツい気持ちを訴えている場所。あなたの熱い気持ちも、ここにぶつけてみてみましょう。

まず一つ目は、渋谷区に「同性パートナーシップ証明書を実現してください!」という気持ちを届けるための、署名。

今回の『同性パートナーシップ証明書』に対する審議は、すでに議会でスタート(3/2〜)していて、3月末までに決議となります。この署名は、その審議中に、議員のところへ直接届けられる予定。つまり、あなたの声が直に、審議の中心に届くわけです。

キャンペーン代表者・松中権さんのコメントより↓

今回の渋谷区の条例は、日本で暮らす多くのLGBTがずっとずっと待ち望んできた希望の光なのです。僕たちがみなさんと同じように「誰かのことを好きになり、愛し、ずっと支え合って生きていきたい」と願う気持ちをあたたかく迎えてくれる、大切な制度を築く基本となるもの。そして、渋谷区だけでなく、日本各地の自治体、そして国レベルにとっても大きな第一歩となるものです。

でも署名って本名でするんでしょ?バレそうで怖い…

署名は、本名で書かないと意味がない。でも、本名を書く事に抵抗がある人もいますよね。

だけど本名は公開されないから安心してください。設定をすれば大丈夫です。

署名の仕方1

上の画像のように、デフォルトでは「署名をChange.org上で公開」にチェックが入っていますが、

署名の仕方2

単純に、それを外せばOK。こうすれば本名は公開されません。

署名の目標人数は、10,000人とのこと。あともう少し!まだ署名してない人は是非動きましょう!

コチラ→渋谷区応援!みんなにやさしい日本を目指して、『同性パートナーシップ証明書』を実現してください!

LGBTの子供達を守るために、教育制度を変える署名

LGBT 署名

2つ目は、LGBTへの誤解・差別をなくすために、子供達の手にする「教科書」の中身を変えよう、という署名。

2016年に、教科書の元になる「学習指導要領を改訂する10年に1度の機会」があるとのことで、そこにセクシャルマイノリティの内容も盛り込むべきだ!というアツい想い。

この動き、本当に重要なことだと思います。差別や偏見を取り除くには、教育を変えるのが一番大事。子供の頃に「同性愛も普通なんだよ」とか、そういう教育を受けていたら、当事者は苦しまなくて済むし、当事者以外も偏見を持たずに済みますよね。

もちろん、100%差別や偏見がなくなるとは思いませんが、それが少しでも減らせるなら減らすべき。

キャンペーン代表者・MUROI Maikaさんのコメントより↓

中学2年生。初めて本気で人を好きになった私は、教科書にその恋心が「まちがっている」と言われました。

この署名は、文部科学省、教科書会社各社に届けられる予定。まだまだ署名が必要!

コチラ→クラスに必ず1人いる子のこと、知ってますか?〜セクシュアル・マイノリティの子どもたちを傷つける教科書の訂正を求めます〜

      2017/09/30

ad

            

関連記事