2018/11/30 デザインリニューアル!

キャンプ初心者が、忘れがちな8つの持ち物

キャンプ ランタンスタンド

完璧に用意できた!と思っても、人は簡単に何かを見落としていたりします。

先週末行ったキャンプでも、

あーこれ持って来ればよかったな

って持ち物が、8つもありました。

この8つは、きっとキャンプ初心者の人にとっても忘れられがちなアイテムだと思うので、共有したいと思います!

順番に見ていきましょ〜!

ブルーレジャーシート

まず一つ目は、ブルーシート。

これ、持って行かなかったの、結構大きな失敗でした!

なぜかというと、片付けの時。

テントとかタープを畳む時に、下にブルーシートを敷きたかったんです…!

キャンプ 初心者 持ち物

ブルーシートとかがないと、テントやタープを地面に付けて畳むことになるので、葉っぱや土で汚れてしまうんですよね。

これは結構イタかった!

家に帰ってから、改めて広げ直して、掃除しなければならなくなります。。

いかにキャンプ場で綺麗に片付けられるか、これが大事なんですよね。

そのために、ブルーシート、必須です。
私も、早速買いました笑

上に載せた、2.7m×3.6mくらいのブルーシートなら、約1,000円で買えます。

収納棚

2つ目は、収納棚!

これも用意しておけばよかった、と痛烈に感じたモノ。

収納スペースがなかったので、とにかく、細かい物を置く場所に困りました

キャンプ 収納棚

特に、料理する時なんて、大変。。

次回は、二つくらい収納棚持っていくかも。

適切なサイズの耳栓

3つ目は、耳栓。

耳栓、これも必需品です。

なぜかというと、周りに騒がしい人がいると、夜や朝方、うるさくて寝れません。

キャンプ場って、周りのテントとの距離が結構近いので、うるさい人がいると本当しんどいです。

私が今回行ったキャンプ場は、

・赤ちゃんの夜泣き
・犬の鳴き声

このダブルコンボで、とにかく最悪な状態でした笑

耳栓、実際持って行ったんですが、サイズが微妙に合わなかったんです。。

耳栓ってサイズによって、かなりフィット感が違ってきますよね。用意して行った耳栓は、朝になると外れてしまっていたので、朝早くから起こされてしまい、ツラかった。。

なので、適切なサイズの耳栓を用意しましょう!

ミニほうきセット

次、4つ目は、ミニほうきセット!

こういうやつ↑

これは、テントの掃除用です。

テントの中に入ってしまった落ち葉とかって、テントひっくり返しても、なかなか綺麗に取れないんですよね。

ほうきセットがあれば、簡単に掃除できたのに…って後悔しました。

ということで、ミニほうきセットは、必須!

100均一とかのモノでも、もちろんOKです。

ランタンスタンド

次、5つ目は、ランタンスタンド。

これも持っていくべきでした。

今回スタンドを持って行かなかったので、ランタンは、テーブルや薪の上に置いて使ってました。

キャンプ ランタンスタンド

で、感じたのは、もうちょっと高い位置から照らしたかった

タープのポールのところに引っ掛けるってのもアリですが、それだと距離感が微妙なんですよね。。

スタンドがあれば、好きな位置に置けるので、余裕があれば、用意した方が、便利です。

6つ目は、斧。

木材を切る道具としては、ノコギリを持って行ったのですが、それだけでは足りませんでした。。

まず売っている薪って、わりと太いんですよね。

なので、火がつきやすいようにするためにも、縦に切りたかったのですが、これはノコギリでは無理でした。

「ナタ」で行けるかなと思って、わざわざ途中ホームセンター行って、

キャンプ ナタ

これを買ってきたのですが、ナタでも上手く切れなかった。。

結果、買うべきなのは、だったようです。

どうやら、斧の方が、ナタよりもカットしやすいみたい。

次回は、斧を持っていきます!

ナイフ

7つ目は、ナイフ。

これも木材をカットする道具として、持って行けばよかったモノ。

ナイフがあれば、薪からフェザースティックが作れて、着火もラクだったなあって。

他にも色々と用途はあると思うので、買っておいて損なし。

着火剤

最後、8つ目は、着火剤。

これはキャンプ場にも売ってたんですが、

着火剤なんて、邪道じゃない?

というレズカップルの変なプライドにより、買わなかったんですね。。笑

でも、最終日の朝、1時間かけても火を起こせなかった時、

次は、一応着火剤も買っておこう

という話になりました笑

火おこしに自信がある人以外は、念のため、用意しておいた方が良いです、着火剤。

キャンプ初心者が、忘れがちな持ち物まとめ

はい、ということで、8つの忘れがちな持ち物を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

参考にしてもらえたら嬉しいです。

私も、次回は、8つとも、忘れずに持っていきたいと思います!

※ちなみに、焚き火をしない場合は、6〜8つ目の「斧・ナイフ・着火剤」は、不要です。