Lez Catch

【羣青】 胸に突き刺さるレズビアン漫画

レズビアン 漫画
基本的に、世の中で出版されてる多くの本・漫画・音楽・映画は、男女の恋愛ベース。でも、もちろんそうじゃない作品も、少ないけれど、あります。今回紹介する漫画「羣青」は、ド直球でレズビアン漫画。

上中下の3冊からなってて、それぞれがインパクト抜群の美しい表紙。

著者がレズビアンであるからこそ、迫力ある漫画

レズビアン コミック
「羣青」は、もともと漫画雑誌「モーニング2」「月間IKKI」で連載されていたようです。著者である、中村珍さんご本人もレズビアン。

最初名前からして勝手に男性かと想像していましたが、明らかに想像力だけでは描けない内容だよなあと思っていたから、そうだと知った時は納得しました。絵のテイストは違いますが、魚喃キリコさんの作品を好む人は、特に気に入るんじゃないかと思います。

この漫画、一冊一冊が分厚いです。読み応え抜群。ページ数多いのですが、それをめくる手は止まりません。グイグイ惹き込まれていきます。

一言でこの作品を表すと、「鋭い」

これほどまでに、心に迫ってくるレズビアン漫画、他にはないのでは。読んでいくうちに、激しく感情を揺さぶられること、間違いありません。読者がレズビアンであれば尚更。そして、一度でも異性愛者(ノンケ)の女性に恋したことがある女性なら、もうね、痛いくらい共感できる部分いっぱいあるかと思います。

レズビアン云々抜きにしても秀逸な作品

女性同士 漫画
「羣青」は、同性愛者の女性・智代美と、異性愛者の女性・草子の物語。

智代美はお金持ちで、美貌にも恵まれ、愛してくれる彼女もいた。だけど、草子と再会することで、人生は大きく変わっていきます。草子は、「日頃の行いと、人生全体の幸、不幸は、基本的に無関係」と結論を出している、女性。ここまでの結論を出した、彼女のそれまでの人生は壮絶なもの。そんな草子のために、智代美が人を殺してしまうところから、ストーリーは展開していきます。

はっきり言ってなかなか重いです、ヘビーです。リアル感あります。人間の、深い深い部分にまで掘り下げています。といっても、終始重い感じではなく、コミカルな要素も散りばめられてるから、非常にバランス感覚の優れてるんですよね。

読んでて、登場人物の感情の揺れが、ズドンって、ダイレクトに伝わってきます。

愛とは。
人生とは。
そして、“理解”とは。

lesbian manga

心に強烈に響いてくる作品を読みたい人、是非読んでみてください。同性愛とか異性愛とか、そういうレベルを超えても語られるべき作品。普段、漫画を読まない人にも、確信もってプッシュ!

最後に、印象的だったセリフを。智代美が、子だくさんの兄から「レズって…どんな感じ?」と聞かれた時に、返した答え。

「自分の奥さんに、生涯一度も中出しできない人生が、約束されてる旦那さんって感じかな…。兄ちゃんが全うする人生とは、全く似てない人生の話だから。」

そして、悲哀に満ちた物語の中でも、救われるようなこの会話。

智代美「あーしも、好きな女のコ、両手で抱き締めながらセックスしてみたい…。」
草子「両腕じゃなくても、私はあんたが、私のこと大事そうに抱いてくれた時の感じは、とても嫌いじゃないわ…。」

      2016/11/09

ad

            

関連記事