Bianista

同性愛は「病気」なの?と悩んでる人が読むべき本

同性愛 病気もし、あなたが、

なんで、自分は同性愛者なんだろう…?
同性を好きになる私って、オカシイのかな?

そんな風に悩んでいたなら、是非この本を読んでみてください。

こちら、牧村 朝子さんの著書。
ずばりタイトルは、

『同性愛は「病気」なの? 僕たちを振り分けた世界の「同性愛診断法」クロニクル』

私は、この本を読んで、目からウロコが落ちました。

私がこの本を読んだ理由

私は、いわゆる同性愛者です。

自分が同性愛者であることを、私は100%受け入れてますが、「なんで、私は同性愛者なんだろ?」って、考えることもあります。

「よし、今日からレズビアンになろ〜」って選択した記憶は、そもそもなくて、「あ、私は女の人が好きなんだ」って、人生のある地点で気がついた、ただそれだけです。

なので、「生まれつき」同性愛者なんだろうなって、考えてました。遺伝子的な、そういうものなのかなって。

で、現実問題、いわゆる同性愛の「原因」ってものは、2018年現在、まだハッキリとは解明されてないみたいですね。

でも、科学の進歩とともに、いずれハッキリとした答えが出るんじゃないかぁ、なんて私は考えてました。

そして、この本を手に取った理由は、とりあえず現段階で、どれくらい解明されてるのか知りたかったから。この本にはそういった内容のことが書かれてるかも、って思ったからです。

でもでも、
この本を読んで知ったんです。

私、そもそも「前提」が間違ってたということに。

「同性愛」という言葉は、もしかしたら存在すらしなかった

「同性愛」「異性愛」というカテゴライズ。

このカテゴライズに対して、私は何も疑問を持ってませんでした。

同性愛者 異性愛者

同性を愛する人は、同性愛者で、
異性を愛する人は、異性愛者。

でも、牧村さんは言うんです。

「この分け方って「絶対」ではないわよね?」と。

例えば、こういう分け方だって、できるわよね、と。
女性愛者 男性愛者
女を愛する人は、女性愛者で、
男を愛する人は、男性愛者

た、た、確かに…!

私は、女性を愛するので、「女性愛者」とも言えるのか。。

つまり、いわゆるストレート男性と、同じグループに入るってことですね。

先ほどの「同性愛者」「異性愛者」という分け方は、本人の「性別」が起点になってますが、こっちの分け方では、本人の性別は関係ありません。

ただ単純に、男性と女性、どちらを好きになるか、というだけです。

同性愛 カテゴリー

これには、かなりハッとさせられました。

だって、これってつまり、見方によっては、自分は少数派ではないってことですよね。

ということは、「自分は何で同性愛者なんだろう?」って考える必要なんて、そもそもなかったってことですよね…!

いやーなんで気がつかなかったんだろうって思いました。。

でも、よくよく考えたら、本当その通りですよね。もともと、人間は、一人一人違う存在なわけで。

カテゴリーなんて、所詮、後から人がつけただけのもの。

結局、「私は、私」、それだけなんです。

「同性愛者」「異性愛者」なんていうカテゴライズをしてしまうから、少数派が生まれて、「同性愛者は病気だ」なんて話になって、苦しんだり悩む人が出てきてしまうんですね。

同性愛という言葉がなぜ生まれたか

 でも、そしたら、なんで「同性愛者」「異性愛者」というカテゴライズが出てきたんでしょう?

別にイジワルで、このカテゴリーが生まれたわけじゃありません。

むしろ逆で、同性愛者に対する差別と闘うために、生み出された言葉です。

1868年5月6日、カーロイ・マリア・ケルトベニという人が、カール・ハインリヒ・ウルリヒスという人に宛てた手紙の中に、初めて「同性愛者」という言葉が出てきます。

どんな背景でその手紙の中に、その単語が出てきたのか、、
ケルベルトやウルリヒスって人は、一体何者なのか、、

続きはぜひ、本書を手にとって読んでみてください。

この本では、これまで述べてきた「同性愛っていうカテゴリーは絶対じゃないよ」って話だけでなく、

  • 同性愛という言葉が生まれた背景
  • どうして同性愛=病気として扱われるようになってしまったのか
  • 同性愛者が、これまでどういった迫害を受けてきたか
  • 同性愛者かどうか診断するための、数々の奇妙な診断法
  • 同性愛への差別や迫害に対して、立ち向かってきた人々の姿

こういったことが書かれています。

むしろ、こういったことがメインかな。内容、濃いです。知らなかったこと多すぎて、めちゃくちゃ面白いです。

『同性愛は病気なの?』まとめ

同性愛 本
この本は、「あー私はなんで、同性しか好きにならないんだ…」「オカシイのかな?」と悩んでる人には特に、大きなインパクトを与えてくれるものでしょう。

そして、私のように、同性愛者であることに対して特に悩んでない人にとっても、たくさんの気づきを与えてくれるはず。

最後に、一つだけ。

「同性愛者」「異性愛者」というカテゴライズは、100%悪いもの、というわけではありません

カテゴライズによって、人々は仲間を見つけ、連帯感を感じ、希望を持ちます。
私は、「同性愛者」というカテゴリーが会ったから、色々な人に出会えたと思っているので、このカテゴリーの存在に感謝すらしています。

ただ、そのカテゴリーに、がんじがらめに縛られる必要なんて全くない、ってことです。

「なんで私は同性愛者なんだろう」って、頭を抱える必要はありません!

いろんなことを考える、きっかけを与えてくれる、本書。
ぜひ読んでみてくださいね。

      2018/10/11

ad

関連記事


人気記事