2018/11/30 デザインリニューアル!

レズビアンバーに、あなたが行くべき3つの理由

レズビアン バー

こんにちは!レズビアンバー大好きな、maLuco(@maLuco)です。

なんで大好きかって?

もちろん、理由があります。

レズビアンバーって、「彼女欲しい〜」って出会いを求めていく人も多いと思うんですけど、出会い以外にもいくつも良い面があるんですよね。

ということで、このページでは、何で私がレズビアンバーが好きか、なぜ、あなたにビアンバーをオススメするか、自分の体験をもとに、ご紹介したいと思います!

特に、

・周りに、レズビアンの友達がいない人
・自分がレズビアンだってことに、ためらいを感じている人
・普段、世の中との壁を感じている人

これらに当てはまる人に、読んでもらえたら嬉しいです。

自分以外にもレズがいることを、肌で感じることができる

レズビアン バー 行くべき理由1

レズビアンバーに行くべき理由の1つ目は、

「自分以外にもレズっているんだ」ということを、肌で感じることができるからです。

レズビアンバーに行けば、生身のレズビアンに会うことができます。

私自身、初めて、新宿二丁目のレズビアンバーに行った時、まさに

レズなのか!この人たちはレズなのか…!

って感動したこと、覚えてます。

日本にもレズビアンがたくさんいるって、分かってはいるけど…

もちろん、頭では分かってたんですよ。

日本にも、実際にレズビアンが存在している、ってことは。

インターネットを開けば、SNSとかアプリでも、レズビアンはたくさんいるって分かりますよね。

でもですね、生身の人間としてのレズビアンに会うってのは、それとは違った次元の体験です。

なんて言えばいいのかなあ、、

とにかく「ウワーーー!」って感じ笑

生身のレズビアンに会う機会は、意外と少ない 

レズビアン バー 出会い

・出会いの場に行ったことがない
・自分がレズビアンだと、カミングアウトしていない

こういった人は、「生身のレズビアンに、会ったことがある」って人、意外と少ないんじゃないでしょうか?

レズビアンバーなら、生身のレズビアンに会える

そこで、レズビアンバーです。

レズビアンバーに行けば、当たり前ですけど、生身のレズビアンに出会えます。

「その人とイイ感じになる」「付き合う」とか、そういった恋愛的な出会いとは関係なく、

単純に、レズビアンの存在を、肌で感じることができる

これがレズビアンバーの素晴らしいところ。

肌で感じるって、本当インパクト大きい!

周りに、レズビアンの友達や知り合いがいない人は、ぜひレズビアンバーで、この体験をしてみてください。

レズが「普通の人たち」だって、知ることができる

レズビアン バー 行くべき理由2

レズビアンバーに初めて行ったら、きっとこう思うでしょう。

レズって、普通の人多いなぁ〜

って。

ということで、ビアンバーに行くべき理由2つ目は、

レズが普通の人達だと、知ることができる」です。

レズビアンの人達って、学校や会社にいる人、道ですれ違う人と、なんら変わんないんですよね。

拍子抜けするくらい、フツー。

レズビアンバーには、「普通の人」がたくさんいる

もちろん、レズビアンバーには、独特な空気がありますよね。

あれは何なんだろうな〜…

日常で出会う女の子達より、ボーイッシュな子が多いから、異質な感じがするのかな?

めっちゃレズっぽい!って人もいますが、

同じくらい、というかそれ以上に、「普通の女の子すぎて、日常の中で出会ってもレズって分かんないわ!」って人も多いです。

この「なんだ、レズって普通の人多いじゃん」ってことを体感すると、

一気に、気が楽になるというか。

特に、自分がレズビアンだってことを受け入れられていない人にとっては、自分を肯定する材料になるはず。

画面越しじゃなくて、直に会って話すからこそ、心も動かされます。

「その場にいる人の全員が、恋愛対象になり得る」という状況を味わえる

レズビアン バー 行くべき理由3

最後、レズビアンバーに行くべき理由3つ目は、

その場にいる人の全員が、恋愛対象になり得る」という状況を味わえる」です。

私は、これが一番大きかった。

レズビアンバーに行って、ふと、

今、ここにいる人は、誰にでも声かけても良いんだ…

と気がついた時の解放感、衝撃的でした。

これって、普段の日常生活の中では、ありえないことですよね?

例えば、電車とかで、

あの人、ステキだなぁ

って思ったとしても、

まあでも、レズじゃないだろうなあ…
勇気振り絞って声かけても、怖がられるだけだよなあ…

みたいに感じてしまって、行動を起こす前に、分厚い壁があるというか。

何ていうか、日常の中で、自然に「自由に恋愛できる」感覚が持てない感じ。

もちろん、相手が同性愛者だろうが異性愛者だろうが何だろうが、関係ない、って人もいるとは思いますが、

なかなかそうも思えず、諦めてしまう人の方が多いはず。

レズビアンバーの中では、心が解き放たれる

でも、レズビアンバーに入ると、この壁を取りはらえるんです。

自由なんだ!って感動します。

「異性愛者が、普段感じてる感覚って、これなんだ!」って、私は結構衝撃受けましたね。。

それと同時に、「私って実は、普段は閉塞感を感じてたんだなぁ」ということも、改めて気がつかされました。

感情を押し殺してたんだなあ、って。

でも、レズビアンバーでは、これが解き放たれます。

狭い世界での話ですが、そういう世界が自分にもあるということは、めちゃくちゃありがたいことだと思うんですよね。

なので、普段自分の感情を押し殺しているような人は、レズビアンバーでの解放感、是非一度感じてみてほしいです。

クラブイベントやオフ会では、ダメなの?

レズビアンバー イベントやオフ会との比較

以上、3つの理由を紹介してきましたが、

それって、クラブイベントとかオフ会とかでも、同じじゃない?

って思った人もいるかもしれません。

ズバリ、その通り。

もちろん、クラブイベントやオフ会でも、

・レズビアンの存在を肌で知ることができる
・レズビアンが普通の人達ばっかりだって分かる
・その場にいる人の全員が、恋愛対象になり得る

これらは、叶います。

ただ、私は、初めて出会いの場に行く人にとっては、ビアンバーの方が、ベターかなと思ってます。

レズビアンバーとオフ会の比較

なぜかというと、まず、オフ会だと、「どのオフ会に行くべきなのか、よく分からない」ってのがありますよね。

しかも、行ってみて、

あ、なんか合わないな、微妙だな…

って思っても、逃げ場がないってのもツラい。

レズビアンバーの場合は、サクッとお店を出ちゃえば良いけれど、オフ会だと、なかなかそうもいかないですよね。。

※もちろん、レズビアンバーもイベントも近場にないって人は、オフ会をどんどん活用すべき。

レズビアンバーとクラブイベントの比較

クラブイベントは、バーと同じレベルでオススメしたいところですが、

普段クラブに行かない人にとっては、バーに行くより、ハードルが高いってのがありますよね。

そして、音がズンチャズンチャしているような、騒がしいところは苦手って人も結構いると思います。

あと一番大きいのは、、クラブイベントは、一人で行くのがなかなか難しいってところ。

その点、レズビアンバーなら、一人でも行きやすいんですよね。

ということで、私はレズビアンバーをよりオススメします!

一人でも行きやすいビアンバーもまとめているので、是非こちらも参考にしてみてください↓
ビアンバー ベスト3 ビアンバー15件巡った結果!初心者が一人でも行きやすいベスト3