Bianista

ミモザはこんなレズバーだった【レズバー巡り10軒目】

ミモザ お酒

レズバー巡り、記念すべき10軒目は、ミモザ!

今までの中で一番こじんまりしたお店。

なんというか、二丁目ビアンバー界のついに「深いところ」に入り込めた気分!

【レズバー巡りは、以下の条件で実施中】
・原則:週末のみ
・1〜2杯限定
・一店舗につき30分〜1時間

レズビアンバー「ミモザ」体験レポート

ミモザ 看板

仲通りからからちょっと横道に入ったところに「ミモザ」はあります。

8軒目でご紹介した「AVANTI」のすぐ隣。

ミモザ 入り口

入り口、一瞬どこにあるのか分からずパニックになりそうですが、

この階段を上がらずに、

ミモザ ドア

すぐ右手にあるドアが、入り口。

いやぁ、この感じめちゃくちゃ入りづらいです笑

いつもみたいに勇気を出して、ドアオープン!

ミモザ レズバー

…狭っ!

店内にはカウンターがあって、席は5つくらいしかありません。

これは今までで一番狭いぞ、気まずいぞ、、と逃げ腰気味に笑

ミモザ 店内

しかし意外と、ゆっくりくつろいでしまいました。

なぜかって?

その理由は、店員さん。

なんだろう、すごく「ちょうどいい」感じだったんです。

…と、書いていて思い出したこの感じ。3軒目で紹介した「828”2」とちょっと似てる!

お店の雰囲気に少し圧倒されるんだけど、店員さんにより一気にイメージ変わる、この感覚。

「ちょうどいい」って上からな感じで、失礼な言い方かもしれませんが、本当に接客が「ちょうどいい」感じ。冷たいわけでもなく、ぐいぐい来るわけでもなく、話していて心地よく。この店員さん、、、、

お上手…!

やっぱりお店のイメージって、店員さんでかなり変わってきます。

ミモザ お酒

梅酒ロック800円。ちょっと量少なめ。

入店は、金曜の21時台。最初はお客さんが他に一人しかいなかったのですが、帰る時には満席に。

皆さんボーイッシュな感じだったのが印象的。

ちなみに、わりと最近できたばかりの新しいお店みたいです。

入った時はそのディープな感じにドギマギしたものの、気がつくとリラックスしちゃう、そんなレズビアンバーでした。

ミモザ カウンター

コップのフチ子も、悠々と。

ビアンバー「ミモザ」基本情報

住所 新宿二丁目18-10新千鳥街1階
営業時間 open20:00
(土曜日以外はclose24時)
定休日 木曜日
チャージ 500円
公式twitter ミモザ

      2017/09/18

ad

            

関連記事